新卒保育士の就職情報探すなら【保育士就活バンク!】

認可保育園勤務の場合は「公務員保育士」になる?

認可保育園ってどんなところ?

保育園は保育園でも、認可保育園や認可外保育園、認証保育園、私立・公立など、様々な種類があるため、「よく分からなくなってきた・・・」という人もいるのではないでしょうか?

認可保育園勤務の場合は「公務員保育士」になる?
今回は認可保育園について、いくつかご紹介していきたいと思います。
ぜひ見直してみてくださいね。


認可保育園勤務の場合は「公務員保育士」になる?

○認可保育園の保育士とその身分
保育士資格を取得しただけでは保育士として働くことは出来ません。
保育園に保育士として採用されて、初めて働き始めることが出来ます。
認可保育園で働く場合、私立の認可保育園で採用されるか、もしくは公立の認可保育園で採用されるかという2つの選択肢があります。
私立の認可保育園で保育士として働きたい場合は、保育士の資格を持っていて、当該認可保育園の採用試験で合格することが出来ればそのまま働くことが出来ます。
私立の認可保育園は立場的には一般のサラリーマンと同様です。
一方、公立の認可保育園の保育士は立場上「公務員」ですので、保育士としての採用試験の前に公務員として各自治体が行う保育士試験(公務員試験)を受ける必要があります。
各自治体によって基準が異なり、ある程度若い年齢の人しか試験を受けられない自治体もあります。
自分が勤務を希望する地域の情報を取得しておきましょう。
なお、国家一種、二種といった公務員試験に合格している必要はありません。
試験は例年6月〜9月に実施されます。
試験内容は一次試験で選択方式の問題、とくに専門知識や一般教養が出題されます。
中には作文が出題される地域もあるようです。
二次試験では集団行動観察や面接、ピアノ、適性試験などを行います。
面接では、「公務員」についての自覚が問われるような質問があるようです。
体力測定を行うところもよくあります。
また、自治体によって三次試験がある場合もあります。

○公務員保育士の特徴
公立の認可保育園の保育士と私立の認可保育園の保育士を比較した場合、公務員保育士には3つの特徴があると言われています。
第一に年収が高い、第二に各種待遇が良い、第三に安定性が高いといった特徴です。
そのため保育士を一生の仕事としたい場合は、公立の認可保育園の保育士を目指す人が多いようです。
正職員ではなく、臨時職員やパート職員としてなら保育士資格さえあれば年齢や経験を問わずに就職することが出来ます。
高収入を目指すのではなく、ただ保育士の仕事が好き、やりがいのある仕事をしたいという人は臨時職員として働くことをあえて選択する人もいるようです。

○公務員保育士の採用
公務員保育士の採用情報は市役所や区役所のホームページ上で募集が行われています。
産休交代要員や、臨時職員の採用については、一年中募集があることが多いです。
正職員としての公務員保育士の採用については、新年度の4月勤務開始の求人がメインです。
その場合、秋口から募集が行われることもありますので、働きたい園が決まっている人は直接電話で問い合わせてみても良いでしょう。
資格取得前でも、補助の仕事であれば無資格で働くことも可能です。


認可保育園だけ?「おむつの持ち帰り」

○公立の認可保育園で求められる「おむつの持ち帰り」
公立の認可保育園の多くでは使用後のおむつの持ち帰りを求められます。
絶対的な理由はありませんが、しばしば主張される理由としては大きく分けて2つあります。
第一に処理費用です。
認可保育園は事業者ですので、ほとんどの自治体でゴミの処分費用が求められます。
ゴミは多くの場合、重量ではなく体積(ゴミ袋の大きさ)単位で徴収されますので、おむつのようにかさばるゴミの場合、その処分費用が高額に上ってしまいます。
第二に衛生上の理由です。
自治体が毎日ゴミを収集してくれるのであれば問題はないのですが、一定間隔ごとにゴミを収集される場合、ゴミの収集日までの間、園内で使用済みのおむつを保管する必要が出てきます。
気温の低い冬場はともかく、夏場になると匂いも心配です。
第三に健康上の理由です。
おむつを持ちければ、保護者は付着している排泄物をチェックし、子どもの健康状態を確認することが出来ます。
また、病院等で排泄物の状況を聞かれた時に正確に答え、的確な治療を受けることにもつながります。

○保護者の立場から見た「おむつの持ち帰り」
公立では当然のごとく求められる「おむつの持ち帰り」も私立の認可保育園や認証保育園になると状況は異なってきます。
私立や認証の多くではおむつを園の方で処分してくれるのです。
公立の認可保育園が上記のような理由を主張したとしても、私立などでは園の「事業所努力」によって処理するのです。
健康上の理由は別としても、上記の「処理費用」「衛生上の理由」は園側の事情です。
保護者の立場からすると、ただでさえ仕事を終えて疲れきった身体でおむつの持ち帰りまでするのは負担でしかありません。
なお、園側の事情で保護者に負担を求めているのは、おむつの持ち帰りだけではありません。
公立の認可保育園の場合、おむつの持ち寄り、場合によっては「おしりふき」「ビニール袋」までも持ち寄りを求める園があるそうです。
これら全てを朝の忙しい時間帯に、毎日準備するのは並大抵なことではありません。
高い保育料を支払っているのですから、園がまとめ買いし、準備してくれたら保護者としては助かるところです。
また個別におむつなどを準備するより、園がまとめ買いした方が安く仕入れられるというメリットも得られるはずです。
個別に持ち寄りを求めるのはアレルギーなどの事情で「このおしりふき/おむつしかだめ」という園児だけに限り、他の園児については園が準備したものを使ってくれれば保護者の負担が減ると言うのに・・・と考えている保護者も多いようです。


全然違う!?「認可保育園」と「幼稚園」の違い

続いて、「認可保育園」と「幼稚園」の違いについてご紹介します。

○目的の違い
認可保育園は、乳幼児を保護者に代わって預かる「児童福祉施設」です。
子どもの保護者が働いていたり、病気などの理由で子どもを十分に保育できない、という時に保護者に変わって子どもを保育する場所です。
児童福祉法に基づき、適切な保育が行われるよう、厳しい基準が定められています。
一方、幼稚園は小学校入学前の子どもの「教育施設」であり、文部科学省が定める学校、という位置づけになっていて、満三歳以上未就学の希望する幼児が、1日に4時間程度教育を受ける場所、という定義です。
保育時間は基本的に1日4時間程度の活動を基準としています。

○費用の違い
認可保育園の入園は住所のある自治体との契約になるため、保育料も自治体の定めにより違ってきます。
多くの自治体は、保育を受ける子どもの年齢と世帯収入に応じて、保育料が決められています。
厚生労働省の統計によれば、月に2〜3万円の保育料を支払っている人が一番多いようです。
幼稚園の場合、公立幼稚園と私立幼稚園では、保育料が大きく違います。
文部科学省の子どもの学習費調査では、公立幼稚園では平均年額22万2264円、私立幼稚園では平均年額49万8008円となっています。
月額にすると、公立幼稚園で平均2万円弱、私立幼稚園では平均4万円を支払っている世帯が多いようです。

○受け入れ時間
子どもの預け方も、幼稚園は日中が中心で、保育園は朝晩の保育時間が長く取られているという違いがあります。
保育園の基本的な預かり時間は、朝7時半頃から夕方5時〜6時くらいまでが多く、11時間以内が基準とされているようですが、8時間の短時間保育や園によっては延長保育があるところもあります。
幼稚園は8時半〜9時頃から昼の2時頃までのところが多いようです。
幼稚園によっては、延長保育や幼稚園で行われる習い事に申し込みをし、夕方まで預かってくれるところもあるようです。

○行事
保育園と幼稚園の大きな差は行事の違いかもしれません。
保育園は働いている保護者が圧倒的に多いので、基本的に平日の昼間に行われる行事は少なめのようです。
保護者会や面談なども、仕事になるべく支障の出ない時間に行われることが多いようです。
また、年間の行事など早い時点で保護者に知らされ、予定が立てやすくなっています。
幼稚園は行事の数がとても多いです。
季節の行事に保護者が参加することも多く、一般的に親子遠足の回数も多く設定されています。
PTA活動も平日の昼間に会合があります。
面談も午後の早い時間に行われることも多く、保護者会なども園児の保育中に行われるので、平日の昼間に幼稚園に出向くことが多いようです。


認可保育園より小規模!小規模認可保育園とは

○小規模保育とはどんな保育?
小規模保育とは0~3歳未満児を対象とした、定員が6人以上19人以下の少人数で行う保育で、以下の様なメリットがあると言われています。

・集団行動に馴染めない子どもにも、保育士が丁寧に関わってあげられる
・決まったプログラムを実施するだけではなく、子どもたちの興味度合に応じて日々の活動を臨機応変に決められる
・0~2歳の乳児保育なので活発な保育活動が少なめ。そのため保育士さんの体力的には比較的ラクなので、その分きめ細やかな対応が出来る

○2015年小規模保育の法制化
2015年度施行の「子ども・子育て支援法」では、基準を満たした小規模保育施設は「小規模認可保育所」として国の認可事業として位置づけられるようになりました。
この制度により市町村による認可事業と位置づけられ、財政支援を受けられるようになります。
利用定員は6人以上19人以下に定められ、定員5人以下の家庭的保育、定員20人以上の認可保育所の中間に位置します。
小規模保育が法制化されたことにより、運営費や改善経費などの補助が受けられるようになるので、保育士さんにとってもお給料等の待遇が良くなり働きやすくなる可能性が高いのです。

○小規模保育に期待されること
待機児童が都市部に集中しその大半が乳児であることから、小規模保育が広がることにより待機児童問題の解消が大きく期待できます。
主に大型園が造りにくい都市部では待機児童解消は劇的に進むことが予想されており、東京都・横浜市・大阪市など各自治体でもすでに独自の取り組みを始めています。


認可保育園にも種類があるのでよく吟味を!

認可保育園についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 認可保育園とは、国の定めた基準を満たし、各都道府県知事に認可された保育園のことを言いますが、認可保育園の中にも私立・公立などがあり、それによって内容は大きく異なるようです。
公務員保育士になりたいなら認可保育園の中でも公立保育園を選ぶ必要がありますし、職場選びの際にはそれぞれの特徴をしっかり把握して、自分に合うかどうかを検討してみましょう!