新卒保育士(幼稚園教論)の就活・就職・求人情報なら保育士就活バンク!

先輩保育士インタビュー!杉本まりな先生

20170530_top.jpg Q.まりな先生は、なぜ保育士になろうと思ったんでしょうか?

A.自分が幼稚園に通っている頃、ずっと同じ先生だったんです。その先生が大好きで、その先生への憧れがあったのがきっかけです。

中学生の頃に「職業調べ」をしたとき、真っ先にその先生のことが思い浮かんだので、「幼稚園教諭・保育士」について調べて、そこからは本格的に保育士を目指すようになりました。


Q.中学生になっても覚えているって、本当に素敵な先生だったんですね。

A.とにかく、一緒に元気いっぱい遊んでくれる先生で。女性の優しい先生でした。
私が三歳児のときから卒園まで、ずっと担任をしてくれました。先生も新卒だったので、一番はじめに持った子だったそうです。

卒園後も、うちの母が楽器をやっていて幼稚園との交流があったので、年賀状のやりとりをしたり、その先生が結婚してお子さん生まれた時も挨拶に行きました。


緊張の連続だった、保育実習

20170530_01.jpg
Q.辛いと言われる「保育実習」ですが、印象に残るエピソードはありますか?

A.初めての実習では、もうパニック状態でした。とにかく緊張して。日々ガッチガチです(笑)。

最初のころは、何をしていいのかわからなかったので、先回りできるように気を付けていました。
絵本の読み聞かせや、保育室の片づけ等、様々です。日々必死に、「保育園とはなにか」を知る場でしたね。

Q.実習先はどのように選んだんですか?

A.学校が選ぶ場合と、自分で選ぶ場合がありました。
自分で選ぶときは、家の近くの保育園に電話で申し込みをしました。


Q.実習で気を付けるポイントはありますか?

A.基本的なことですが、きちんと挨拶をする、などのマナーをしっかり守るように気を付けていました。
あとは、実習にも種類があるので、それぞれの実習の目標をちゃんと理解して、何のために何を学ぶのか、就職して先生になった時のことをイメージしておくのが大切だと思います。


「今日、来てよかった」と思える子ども達の笑顔

20170530_02.jpg
Q.実際に先生になって、良かったことは?

A.保育実習の頃は、やらなければいけないことに追われて、正直、大変だという印象の方が強かったんです。
でも、実際に保育士として働き始めると、子どもが大好きなこともあって、日々楽しいことがすごく沢山あるんだな、と思うようになりました。

日々の保育の中での、子どもからの反応が可愛くて楽しくて、本当にやりがいのある仕事だと思います。


Q.そうなんですね!特に覚えている、楽しいエピソードはありますか?

A.私の苗字は「スギモト」なんですが、子どもたちが、うまく言えなくて。 なぜか、「ギ」の発音が難しいみたいなんですよね。

それで、みんな言えないから「フジモト」とか、「スジモト」とかに変化しちゃって。「スジモト先生~」みたいな(笑)一生懸命呼んでくれるのが可愛かったです。


Q.じゃあ逆に、辛かったことはありますか?

A.それも実習ではわからなかったことなんですけど、シフトが思ったよりも大変だなと思いました。
一週間のうちに、日によって早番の日があったり遅番の日があったりするんですが、朝が苦手なので最初は大変でした。
でも、このシフトがきっかけで朝型になれたのでよかったです(笑)。


就職先を選んだ理由

20170530_03.jpg
Q.新卒で入った保育園を選んだ理由や、大事にしたポイントはどんなところですか?

A.「保育観」を見るようにしていました。ガチガチにカリキュラムがあるところよりは、自由保育に近いような、子どもたちがのびのびと遊べるような方針が好きだったので。

就活バンクや、園のホームページに書いてある保育方針・保育内容を見てある程度選んで、実際に見学に行くようにしていました。


Q.見学は何園くらい行かれましたか?

A.5園くらいです。行ってみないとわからないこともあるので、見学は重要だなと思いました。実際に就職するとなると、フィーリングも大事ですよね。個人的に、見学はたくさん行った方がいいと思います。

Q.確かに、たくさんの園を見て、自分に合ったところを選べば安心ですよね。でも、応募となると、単願が多いんですか?

A.学校からの紹介になると、単願なので、みんな受ける前に悩んでましたね。私は自分で選んだので、見学した5園全部に応募しました。


これから就職活動をするみなさんへ

20170530_04.jpg
Q.就職活動で、大変だと感じたことを教えてください。

A.最初は、学校の紹介で就活をしようと思っていたので、情報が少ないことに不安がありました。
学校にある情報は、学校と繋がりがある園だけなので、本当に自分に合ったところを見つけられるのか心配でした。


Q.今、就活中の学生さんにアドバイスをお願いします。

A.たくさんの園を見ることは、本当に大切だと思います。実際に見学に行くのも良いですが、フェアを活用すると、1日でいろいろな園の現場の方と話せるのでオススメです。
どの園に入っても、一番はじめは絶対大変なので、楽な道を選ばず、自分が良いと思える保育をやってるところに挑戦していってほしいと思います。

Q.どの園に入っても大変なんですよね。それなら確かに、「自分が行きたいところに行く」のが一番いいんですね。

A.大変だと思って入ればそんなに大変じゃないんですよ!辛いこともありますが、それ以上に、日々楽しいことも多く、やりがいのある仕事だと思います。