新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

5領域の人間関係とは。ねらいや保育に活用できる遊びの実践例

5領域の人間関係について、くわしく知りたい保育学生さんもいるかもしれません。人間関係は保育園や幼稚園で友だちや保育士と関わるうえで大切な指標となるため、きちんと理解しておく必要があるでしょう。今回は、5領域の「人間関係」のねらいと内容、実践例についてくわしく説明します。

子ども達を見守る保育士

maroke/shutterstock.com



5領域における人間関係とは

保育所保育指針や幼稚園教育要領で示された教育内容である「5領域」。


5領域は子どもたちに身につけてほしい姿を具体化したもので、「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5つで構成されています。


そのなかで今回着目するのが「人間関係」です。


厚生労働省の資料では、5領域の人間関係について「人との関わりの中で、人に対する愛情や信頼感、人権を大切にする心を育むとともに、自立および協調性や道徳性の芽生えを養うこと」と説明しています。


つまり、友だちや保育士と共に過ごすことで、人との関わりを大切にしたり、相手の気持ちに気づいたりして、ルールを守ることや思いやりの心を学ぶこと、といえるでしょう。



5領域の人間関係のねらいと内容

5領域の人間関係には、ねらいと内容について以下のように定められています。



5領域のねらい


文部科学省「学習指導要領「生きる力」」の資料では、5領域における人間関係のねらいとして以下の3つを挙げています。


  • 幼稚園生活を楽しみ、自分の力で行動することの充実感を味わう。
  • 身近な人と親しみ、かかわりを深め、愛情や信頼感をもつ。
  • 社会生活における望ましい習慣や態度を身に付ける。

子どもたちは友だちや保育士といっしょに過ごし、共に喜んだり悲しんだりすることで、自分が受け入れられているという安心感を得ることができるでしょう。
そして、その安心感が友だちや身近な大人への信頼感につながっていくようです。


また、子どもたちは信頼できる友だちや保育士と関わるなかで、自分の思いを伝えることの大切さを気づくでしょう。
そのなかで気持ちに折り合いをつけたり、つまずきを乗り越えたりすることで、思いやりの心や道徳心が育まれていくかもしれません。


そのため、保育士さんは子どもが自ら気持ちに気づけるような声掛けをする、子どもの思いを受け止めながらも相手の気持ちになって考えるよう伝えるなどの対応をすることが大切なようです。



5領域の内容


文部科学省の資料によると、5領域における人間関係の内容は以下のとおりです。


  • 先生や友達と共に過ごすことの喜びを味わう。
  • 自分で考え、自分で行動する。
  • 自分でできることは自分でする。
  • いろいろな遊びを楽しみながら物事をやり遂げようとする気持ちをもつ。
  • 友達と積極的にかかわりながら喜びや悲しみを共感し合う。
  • 自分の思ったことを相手に伝え、相手の思っていることに気付く。
  • 友達のよさに気付き、一緒に活動する楽しさを味わう。
  • 友達と楽しく活動する中で、共通の目的を見いだし、工夫したり、協力したりする。
  • よいことや悪いことがあることに気付き、考えながら行動する。
  • 友達とのかかわりを深め、思いやりをもつ。
  • 友達と楽しく生活する中できまりの大切さに気付き、守ろうとする。
  • 共同の遊具や用具を大切にし、みんなで使う。
  • 高齢者をはじめ地域の人々などの自分の生活に関係の深いいろいろな人に親しみをもつ。

このように5領域の人間関係では、子どもたちが園生活を楽しみながら、自分で考えて行動することで充実感を味わえるようにすることが大切です。


保育学生さんは、子どもが自分の力でできたことに達成感を持てるよう援助するだけでなく、一人でやろうとした意欲や姿勢を褒めるようにすると、自分の行動に自信を持つようになっていくかもしれません。


また、子どもは友だちといっしょに遊ぶなかで楽しさを感じ、互いに思いを主張しながら相手の気持ちに気づき、折り合いをつけることを学んでいくことでしょう。
実習中にケンカしている姿が見たときは、状況によって保育学生さんが仲立ちとなり、互いの意見を受け止めながら納得できるような落としどころを見つける、といった配慮を行えるといいですね。


5領域の人間関係のねらいや内容を踏まえて指導案を考えるときは、子どもたちが友だちと関わりを持ったり協力したりしながら楽しめる遊びや、ルールのある遊びを選ぶとよさそうです。


出典:学習指導要領「生きる力」/文部科学省



5領域の「人間関係」を育む遊びの実践例

5領域の「人間関係」の内容を踏まえて、保育園でできる遊びの実践例を紹介します。



ハンカチ落し


人間関係を育む遊びとして、ハンカチ落しをやってみましょう。



遊び方

1.最初にオニを1人決めます。
2.オニ以外の子どもは円をえがくように内側を向いて座ります。
両手をお尻の後ろに持ってきて、手のひらを上にして開きましょう。
3.オニはハンカチを手に持って円の外側を回り、座っている子どもの手の上にハンカチを落とします。
4.ハンカチを落とされた子はオニを追いかけます。
ハンカチを落とした子どもの場所に座ることができればオニの勝ち、追いつけなかった子どもが次のオニです。追いつかれてタッチされたらもう1回オニをやります。
5.万が一ハンカチを落とされた子が気づかず、1周したオニにタッチされた場合もオニの勝ちとなり、ハンカチを落とされた子がオニになります。
6.(3)~(5)を繰り返して遊びます。


幼児クラスの子どもたちであれば、事前にきちんとルールを説明することで楽しく遊べそうです。
そのとき、ルールを守ることでみんなが楽しく遊べるようになる、ということが伝わるように説明するとよいですね。


また、ルールを伝えるときは、わざとルールを破った場合の見本を見せて、子どもたちにいいか悪いか尋ねるというやり方をしてみてもよいでしょう。
実際に遊びながら説明すると、動きや流れをより早く理解することができるかもしれません。


保育士の援助

このゲームでは、追いかけっこをする楽しさや、自分のところにいつハンカチが落とされるか分からないという緊張感を友だち同士で分かち合えるため、クラスの一体感や友だちとの信頼感が育まれていくかもしれません。


その一方で、自分のところにハンカチが落とされなくて飽きてしまう子どもも出てくることが考えられます。


2歳児や3歳児の子どもには、保育学生さんがハンカチを落とされた子どもと落とされていない子どもを把握しておき、「まだハンカチを落としていない子に落としてみようか」など声をかけながら行なうと、均等にオニになることができたり、オニを追いかけたりして楽しむことができるでしょう。


ハンカチ落としをした経験のある4歳児や5歳児には、◯回オニになったら交代する、もしくは罰ゲームをするなどアレンジを加えてみてもよいですね。
ゲームをすることで子どもたちにはさまざまな感情が生まれることがありますが、子どもの心情の発達を保育学生さんは肯定し、がんばったときは褒めることで子どもの意欲につながっていきそうです。



お店屋さんごっこ


お店屋さんごっこを行うことで、自分の考えを友だちに伝えたり、お店のイメージや目標を共有して遊びに取り組んだりする姿が見られるかもしれません。


まずは、子どもたち自身でやりたいお店を開いてみましょう。
その際、やりたいお店が友だちと同じになったら、いっしょに協力して遊ぶのもよいですね。
店員さん役とお客さん役に役割分担をしたり、他のお店にお客さんとして遊びにいったりしても楽しいかもしれません。


お店をつくるなかで、イメージするお店の作り方がわからない子どもも出てくるかもしれません。
そのときは子どもの意見や提案を聞き、理想に近づくようなヒントを伝えると、子どもたち自身でお店を作ることができるようになるかもしれません。


保育学生さんが画用紙などでお金を作っておけば、子どもたちは本物のお店屋さんで働いているような体験ができそうです。



地域の方との交流会


近年、核家族化が進んでいる影響もあり、子どもたちは身近にいる大人以外との触れ合いが少なくなっているようです。


そこで、近所に住む方や地域の高齢者の方を保育園に招いて、伝承遊びを教えてもらったり、昔の出来事を教えてもらったりする交流会を行うのもいいでしょう。


地域の方や高齢者の方との触れ合いを通して、子どもたちは今まで知らなかった文化に出会えるかもしれません。
それによって昔の遊びに興味や関心を持ったり、手づくりのプレゼントを渡して喜ばれたりすると、高齢者や地域の方など身近な大人以外の人々にも親しみをもつきっかけにもなりそうですね。



5領域の「人間関係」を育むための援助のポイント

子どもに指導している保育士

maroke/shutterstock.com


5領域の人間関係を育むために、実習や入職後に日常保育を行う際のポイントを紹介します。



子どもたちの気持ちを代弁する


1歳児、2歳児の年少クラスの子どもたちは、言葉で自分の気持ちを上手く伝えられないことがあるでしょう。


常に子どもたちをよく観察し、時には子どもの気持ちを代弁して友だちに伝えることが大切です。子ども同士の関係を仲立ちしながら個々の気持ちに寄り添っていくことができれば、人間関係の基盤となる保育士さんとの愛着関係(アタッチメント)の形成にもつながっていくでしょう。



友だちと関われるような遊びを提案する


5領域の人間関係では友だちとの関わりも重要といえそうです。


実習ではクラスの友だちと協力してできるゲームを取り入れると、子ども同士で教え合ったり、相談し合ったりする姿が見られるかもしれません。
また、友だちといっしょに遊ぶことで喜びや楽しさを共有し、関わりを深めることができれば仲間意識を持つことにもつながるでしょう。


また、「◯◯ちゃんはこんなことをしていたよ」「◯◯くん、こんなことできるようになっていたよ」と子どもの様子をクラス全体に共有することで、友だちの個性を知るきっかけになりそうです。



子どもの主体性を育むためにときには見守る


年中クラスや年長クラスになると、日常保育のなかで自分のことは自分でやろうとする姿が見られるかもしれません。


なかにはやり方が分からずに苦戦する子どもも出てくるでしょう。
そのようなとき、すぐに保育士さんがサポートするのではなく、時には一人でやろうとする姿を見守ることも大切になります。


どうしても一人でできないときは代わりにやるのではなく、やり方を教えたり、子どもが自力でできるようなヒントを伝えたりするといいでしょう。
自分の力でやり遂げた達成感を味わってもらうことは、子どもの主体性を育むことにもつながるようです。


このように子どもは遊びや活動を通して、試行錯誤しながら自分なりに達成しようとする姿が見られるかもしれません。
子どもたちが自分ひとりでじっくりと考えて行動することができるような環境を整えることも、保育者として大切な役割といえそうですね。



5領域の人間関係について理解を深めて保育活動に活かそう

今回は、5領域の人間関係についてねらいや内容、保育園でできる遊びの実践例を紹介しました。


園によってそれぞれ保育方針は異なりますが、5領域は保育園や幼稚園に共通する目標です。
そのため、5領域の一つである人間関係についても、保育士として働く際に理解しておく必要があるでしょう。


乳幼児期の子どもたちは、保育士や友だちと愛着関係や信頼関係を作り、自分で考えて行動することで社会性や相手を大切に思う気持ちが育まれていくといわれています。
保育士は子どもにとって最も身近な人的環境でもあるため、5領域の人間関係について理解を深め、入職後の保育活動に活かせるといいですね。