岩手県 | 新卒保育士の就活・求人なら保育士就活バンク!

岩手県の求人

岩手県は東北地方の中でも保育士の給料が比較的高いことが魅力です。待機児童問題の解消のため盛岡市を中心に保育所の定員増加が進められており、今後も保育士のニーズがあることは間違いありません。県は保育教諭の資格支援事業なども進めており、より保育士の活躍の場が広がっていくでしょう。

岩手県の保育士給与情報

岩手県の保育士の平均年収は、308.8万円となっています。また、岩手県の保育士平均給与額は、全職種平均と比べても88%という高い値であることが特徴です。このことから、他の職種と比べても給与面で待遇が劣らないため、保育士の仕事を継続しやすくなっています。平成27年賃金構造基本統計調査によると保育士全国平均年収は323.3万円、平均月給21.9万円、平均年間賞与60.3万円と公表されています。全産業平均年収が489.2万円のため、保育士との差は165.9万円となります。

岩手県の保育園について

政府の統計を見ると、岩手県内で働く保育士の数は3379人。これは、青森県の4680人に次いで、東北地方で二番目に多い数です。このうち専従と兼務を合わせた保育士が3011人で、全体の約89%にあたる割合を占めています。多くの保育士が長時間働く常勤保育士として、岩手県内で活躍していることがわかります。また、公立と私立の区分で見てみると、公立保育所で働く保育士は1172人、私立保育所で働く保育士は2207人でした。私立保育園で働く保育士が2倍近く多いことが特徴で、盛岡市などを中心に保育所の民営化がすすめられた結果であるとも言えます。
該当する検索結果がありません

新着求人

岩手県の特色

岩手県は東北地方の北東部にある県で、北海道についで広く、四国地方に匹敵する日本最大の県です。東は太平洋に面しており、県の中央部を北上川が南北にながれています。古くは平泉に奥州藤原氏の文化がさかえましたが、明治期以降は開発におくれました。平地の少なさや不利な気象条件を克服し、現在では全国有数の農業県となっており、林業と葉たばこの生産が盛んです。特産物としては、りんご、干し椎茸、二子の里芋、養殖わかめ、鮭、うに、サメ、さんま、するめいか、鶏肉、めかぶとろろ、トシロなどが有名です。

岩手県の中でも、盛岡市内は市役所や病院、デパートなどが集まっており、徒歩でも十分便利に生活することができます。買い物やレジャーに便利なので、一人暮らしの方にもおすすめです。岩手県内は、市街地を離れた場所では医療機関や商業施設が点在しているので、自家用車を使って移動する人が多いようです。一関市や北上市は子育て支援にも力を入れており、ファミリー層から人気があります。