新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

落ち葉を使った製作遊び。保育のねらいや、年齢別のアイデア

落ち葉を使った製作遊びについて知りたい保育学生さんもいるのではないでしょうか。どんぐりや木の枝などの自然物にふれて、秋を感じながら保育活動ができるとよいですよね。今回は落ち葉を使った製作のねらいや、スタンプ遊びなどを楽しめるアイデアを紹介します。また、遊ぶ前の準備や落ち葉の保存方法もまとめました。


落ち葉で工作を楽しむ女の子の写真

Maria Evseyeva/shutterstock.com



保育で落ち葉の製作を行なうねらい

保育園や幼稚園で、落ち葉を使った製作遊びをするときのねらいを紹介します。



身近な自然にふれ、秋らしさを感じる


秋になると、戸外では落ち葉が拾えるようになり、子どもたちも興味を持つことがあるでしょう。


身近にある落ち葉を使って遊ぶことには、秋の自然に親しむきっかけを持つというねらいが挙げられるようです。


「落ち葉といっしょにどんぐりも落ちていたね」「夏は緑だったのに、寒くなるとまっかになったね」といった言葉がけを通して、秋の自然への興味や四季への関心を引き出してみましょう。



自然の面白さを味わうとともに、表現に取り入れて楽しむ


落ち葉で製作をすることを通して、その面白さや不思議さをじっくりと味わうことも大切なねらいとなるでしょう。


落ち葉をのりで貼ったりクレヨンでこすりだしをしたりする工程では、多様な葉っぱの形や、葉脈があること、カサカサとした触り心地などを感じることができそうです。



季節の移り変わりに気づく


ナラやイチョウの木は、夏までは緑色の葉っぱがついていますが、寒くなると赤や黄色に変わり、枯れて落ちていきます。


落ち葉を使った遊びをするなかで、季節によって身の回りの風景が変化していくことに気がつき、その美しさや不思議さを味わえるとよいですね。



このように落ち葉を使った製作には、秋の自然物に親しみながら表現を楽しむといったねらいがありそうです。



落ち葉を使った製作遊びをするときの準備

落ち葉で工作を楽しむ子どもの写真

Tomsickova Tatyana/shutterstock.com


戸外にある落ち葉をそのまま保存しようとすると、汚れが目立ったり、ちぎれてしまったりするかもしれません。


きれいな製作物を作るうえで重要となる落ち葉の保存方法を紹介します。



1.落ち葉を水洗いする


まずは、落ち葉の表面についている土などの汚れを水で洗い流します。


きれいな状態で製作に活用するためにも、葉の表面や葉脈を傷つけないようにそっと優しく洗うとよいですね。


石鹸や消毒剤を使うと、葉の種類によっては色落ちしてしまうこともあるようなので注意しましょう。



2.風通しのよいところで乾かし、日光消毒をする


洗い終えたら水気を切り、風通しのよいところで2日から3日程度乾かしましょう。


日光に当てれば、落ち葉が消毒されるうえに、カビが生えにくくなるといった効果もあるようです。



3.紙袋などに入れて保存する


落ち葉は水分を含んでいるため、紙袋に入れて保存するのが適しているでしょう。


ビニール袋は通気性が悪いため、カビの発生などにつながるおそれがあるようです。


子どもが直接ふれるものなので、なるべく清潔な状態で保存できるとよいですね。



落ち葉を使った製作遊び:乳児(0歳児、1歳児、2歳児)

乳児クラス(0歳児、1歳児、2歳児)にぴったりな製作遊びのアイデアを紹介します。



落ち葉のステンシル


落ち葉の形を活かして、絵の具を使ったステンシルをして遊んでみましょう。


用意するもの

  • 落ち葉
  • 画用紙
  • スポンジ
  • 絵の具

作り方

1.絵の具を適量の水で溶かします。

2.画用紙の上に落ち葉を置きます。

3.スポンジに絵の具をつけます。

4.落ち葉の上から、スポンジを使って絵の具を塗ります。

5.絵の具が乾いたら落ち葉を取ってできあがりです。


製作のポイント

スポンジを使うことで、スタンプのように簡単に絵の具を塗れるので1歳児や2歳児の子どもで遊べそうなアイデアです。


落ち葉の裏にマスキングテープを貼って仮止めしておくと、スタンプをしても落ち葉がずれにくくなるかもしれません。


絵の具の溶き方は保育学生さんが調整し、落ち葉の形がきれいに残るような水分量を確かめて準備しておきましょう。


乾いた後は、丸シールで目玉をつける遊びもできそうです。動物や魚などに見立てて仕上げると面白くなりそうですね。



ちぎり絵でもみじの木を作ろう



用意するもの

  • 折り紙
  • 画用紙
  • のり
  • 落ち葉

製作のポイント

ちぎり絵を楽しむとともに、落ち葉をいっしょに貼ることで秋らしさを表現しましょう。


0歳児や1歳児は、保育学生さんがのりを付けた落ち葉を手渡すことでスムーズに製作できるかもしれません。


2歳児は、でんぷんのりなどを使って自分で貼ることを楽しめる子どもも多そうです。


必ずふきんを準備し、こまめに手を拭くことができるよう保育学生さんが声かけをするとよいでしょう。



タンポと落ち葉の紅葉アート



用意するもの

  • 木の描かれた画用紙
  • ガーゼ 
  • 脱脂綿 
  • 絵の具
  • 輪ゴム
  • 落ち葉

作り方

1.脱脂綿を丸めてガーゼで包み、輪ゴムで留めてタンポを作ります。

2.絵の具を水で溶いて、タンポの丸い部分に付けます。

3.画用紙にポンポンとスタンプしてできあがりです。


製作のポイント

タンポでスタンプをしたあとに、落ち葉を貼り付けて遊んでも楽しめるでしょう。


保育学生さんが手を添えながら行なえば、0歳児や1歳児の子どもは画用紙に色がつく面白さを感じられそうです。


2歳児の子どもには、自分で好きな色の組み合わせを考えてもらうのも面白いかもしれませんね。



落ち葉のスタンプマシーン



用意するもの

  • 食品トレー 2枚
  • 落ち葉 適量
  • 絵の具 適量
  • 画用紙 1枚
  • テープ
  • 接着剤

作り方

1.テープで食品トレーを貼り合わせてつなげます。

2.片側のトレーに接着剤で落ち葉を貼り付けます。

3.落ち葉に絵の具を塗ります。

4.反対側のトレーに画用紙を置きます。

5.トレーを重ね合わせてできあがりです。


製作のポイント

2歳児の子どもが楽しめそうなスタンプ遊びです。


保育学生さんはあらかじめスタンプマシーンを作って準備しておきましょう。


絵の具を塗り過ぎると、葉っぱのふちや葉脈の模様が出にくくなるので、試し刷りをして適量を確認しておくとよさそうです。


落ち葉の配置を工夫することで、動物に見立てたスタンプにすることもできるかもしれません。
子どもに顔をかいてもらったり、目玉を貼り付けたりしても楽しめそうですね。



もみじのリース



用意するもの

  • 落ち葉
  • 折り紙
  • 紙皿
  • はさみ
  • のり

製作のポイント

折り紙だけでなく、本物の落ち葉も使ってリースを作ってみましょう。


保育学生さんが紙皿を切って準備しておけば、1歳児や2歳児頃の子どもも楽しめるでしょう。


落ち葉だけでなく、どんぐりやまつぼっくりなど、さまざまな自然物を使うことで秋らしさを感じられる作品になりそうです。



落ち葉を使った製作遊び:幼児(3歳児、4歳児、5歳児)

幼児クラス(3歳児、4歳児、5歳児)にぴったりな製作遊びのアイデアを紹介します。



落ち葉でこすりだし



用意するもの

  • 落ち葉
  • 紙(半紙、わら半紙などの薄い紙がオススメ)
  • クレヨン

作り方

1.落ち葉の上に紙をのせます。

2.紙を押さえながらクレヨンでこすります。

3.落ち葉の形や葉脈が浮き出てくればできあがりです。


製作のポイント

落ち葉のギザギザした形や、葉脈の模様の面白さを味わえるこすり出し遊びを使った製作です。


紙をしっかりと押さえていないとずれてしまったり、強くこすりすぎると模様がうまく出なかったりするので注意しましょう。


力の加減をコントロールできるようになる、4歳児や5歳児に向いている製作と言えそうです。


大きめの厚紙や画用紙などを台紙にして落ち葉を両面テープで貼り、その上から薄い紙をのせてマスキングテープなどで台紙に固定するというやり方だとスムーズかもしれません。


こすり出しをしたあとは、上からクレヨンで絵をかいて動物に見立てたり、切り取ってモビールを作ったりとさまざまなアレンジができそうです。



ぶらぶらミノムシ



用意するもの

  • 紙コップ
  • 落ち葉
  • 折り紙 3枚
  • 短く切ったストロー
  • 画用紙
  • のり

作り方

1.紙コップの底の真ん中にボールペンで穴を開けます。

2.穴に紐を通し、ストローを結びつけます。

3.くしゃくしゃにした折り紙を手でちぎります。

4.落ち葉や折り紙を紙コップの側面に貼り付けます。

5.画用紙で作った目玉をつければできあがりです。


製作のポイント

好きな色の折り紙を使って飾り付けが楽しめる、3歳児、4歳児、5歳児向けの製作です。
保育学生さんは、準備として紙コップの底に穴をあけて紐を通しておくとよいでしょう。


接着剤を使って、どんぐりや木の枝を貼り付ければ、より本物らしいミノムシを作ることができそうですね。



落ち葉のフクロウ



用意するもの

  • 画用紙 1枚
  • 絵の具 数色
  • ストロー
  • 落ち葉 適量
  • のり
  • はさみ
  • ペン

製作のポイント

3歳児、4歳児、5歳児と幅広い年齢で楽しめそうなフクロウの製作です。
落ち葉を貼る位置を工夫することで、ウサギやひよこなど、他の動物を作ることもできそうです。


吹き流しのほかにも、マーブリングやスポンジスタンプといった他の技法で、胴体作りに挑戦してみるのもよいでしょう。


子どもの発達に合わせてアレンジしてみてくださいね。



落ち葉の羽根のトンボモビール


落ち葉で羽根を表現して、秋の空を飛ぶトンボのモビールを作ってみましょう。


用意するもの

  • トイレットペーパーの芯
  • PEテープ
  • 割り箸
  • 毛糸
  • 画用紙
  • のり
  • テープ
  • 落ち葉

作り方

1.トイレットペーパーの芯に画用紙を巻きつけます。

2.(1)にPEテープを2本巻きつけ、落ち葉をのりで貼ります。

3.トンボの目をつけます。

4.割り箸とトンボに毛糸を結んで固定すればできあがりです。


製作のポイント

3歳児や4歳児が楽しめそうなトンボの製作です。


年齢に合わせて、保育学生さんがトイレットペーパーの芯に画用紙を巻きつけておいたり、目玉を準備したりと活動内容を調整するとよいでしょう。


パーツを工夫することで、鳥やトビウオといった他の動物にもアレンジできそうなアイデアです。


以下を参考に準備等してみてくださいね。


参考動画:【工作あそび】トイレットペーパーの芯でトンボモビールをつくろう/保育士バンク!



落ち葉が浮き出るスパッタリング



用意するもの

  • 茶こし
  • 絵の具
  • 画用紙
  • 落ち葉

作り方

1.画用紙の上に落ち葉を置きます。

2.絵の具をつけた歯ブラシを茶こしにこすりつけます。

3.落ち葉をとったらできあがりです。


製作のポイント

4歳児や5歳児で楽しめそうなスパッタリングの製作です。
絵の具をつけすぎると垂れてしまうので、保育学生さんがお手本を見せるとよさそうです。


スパッタリングができたら、落ち葉の形を動物や人に見立てて、お絵かきをして遊んでみるのも楽しいかもしれません。



保育の製作遊びに落ち葉を使って、秋を感じよう

今回は、0歳児から5歳児の年齢ごとの落ち葉製作のアイデアを、ねらいとあわせて紹介しました。


製作遊びで落ち葉の準備をするときは、水洗いをして乾かし、紙袋で保存しておくとよいでしょう。


落ち葉はのりで貼るだけでなく、スタンプやスパッタリングなどさまざまな技法を用いて遊ぶことができそうです。
どんぐりや木の枝もいっしょに使うことで、より秋らしい製作遊びになるかもしれません。


落ち葉を使った製作遊びのアイデアを知って、実習や入職の準備に役立ててみてくださいね。