新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

基本給や手取りの意味とは。月給との違いや基本給から見た手取りの計算方法

基本給とは給与の基礎となるもので、手取りは総支給額から控除を差し引いたものを言います。保育士の就活で求人票などを見るとき、どう違うのか気になる学生さんもいるかもしれません。概要を把握することで、入職後にも役立ちそうですね。 今回は、基本給と手取りの違いや算出方法、確認するときの注意点を紹介します。

電卓と給料明細

fullempty/shutterstock.com



基本給とは

基本給とは年齢や学歴、経験の他、能力や地位によって算定される給与のことで、会社から受け取る賃金の根本的な部分です。残業手当や役職手当などのさまざまな手当、通勤交通費などを一切含まない、一定期間に必ずもらえる額だと考えるとよいでしょう。


基本給には、以下の3種類があります。


  • 仕事給型
  • 属人給型
  • 総合給型

企業や園によって取り入れている基本給の種類は異なるでしょう。
これらは主に年齢や学歴、経験、能力、仕事内容などが考慮され金額が決められているようです。



基本給と手取りはどう違う?

基本給とは何か簡単に説明したところで、実際に手元に入るお金となる「手取り」との違いはどのようなものなのでしょうか。くわしく紹介します。



基本給と手取りの違い


「手取り」とは、基本給や残業代など、企業や園から支給されるお金の総額である「総支給額(または額面給与)」から、所得税や住民税といった税金、年金や健康保険料などの社会保険料を「控除」として引いた金額を指します。


つまり、総支給額から控除を差し引いたものが、毎月の給与として振り込まれる「手取り」になります。そのため、「基本給=手取りではないこと」や「総支給額=手取りになるわけではない」ということになります。


では具体的に、基本給=月給ではないことと、総支給額との関係性について見ていきましょう。



「基本給=月給ではない」意味


「基本給と月給は同じもの」と誤解している方もいるかもしれませんが、一般的には同じものではありません。先述したように、基本給は年齢や学歴、経験や能力などによってあらかじめ決められている基本賃金を指します。


一方で月給は、月単位で固定された金額が必ずもらえる賃金を指します。
基本給と変動しない金額の手当(役職手当や住宅手当など)を足したものをいい、毎月確実に支払われる固定金額の給与を指したものです。


ただし、基本給の他に一切の手当がつかない会社の場合は、基本給と月給は同じものを指すことになります。



基本給と総支給額の関係


給与の総支給額は「基準内賃金」と「基準外賃金」で構成されています。


基準内賃金は、時間外労働手当や不就労部分の計算をするときに給与の中に含む項目の賃金で、一般的に基本給や毎月固定的に支払われる諸手当(通勤手当や住宅手当など)を含みます。


一方で「基準外賃金」は、所定労働時間外の休日出勤や残業に対して支払われる賃金です。そのため、毎月の労働時間によって変動があるでしょう。


つまり、計算式で表すと以下のようになります。


基準内給与+基準外給与=総支給額


このように、基準外給与が一切発生しない場合は「月給=総支給額」となることや、時間外労働手当などが発生する企業や園では、総支給額に毎月変動があるということがわかりますね。



基本給から見る平均的な手取りや計算方法

給料を見る女性

Cat Box/shutterstock.com


次に、基本給から見る平均的な手取り額と、おおよその計算方法を紹介します。



平均的な手取り


求人票に基本給のみ記載されている場合、実際の手取り額はどれくらいになるのか気になる学生さんもいるかもしれません。


一般的に、おおよその手取りは総支給額の80%程度となるといわれています。
ここからは、基本給の額面から見たと手取り平均額の例を紹介します。


基本給18万円の手取り額

  • 基本給:180,000円
  • 各種手当支給額:50,000円
  • 総支給額:基本給(180,000円)+各種手当支給額(50,000円)=230,000円

★手取り額:一般的な水準8割

230,000円×0.8=184,000円


基本給が18万円で、各種手当支給額が合計で5万円だったと想定します。
この場合、総支給額は基本給と手当支給額の合計になるので、23万円となります。


手取り額はそこから控除を除いたものとなり、その割合は約8割というのが一般的な水準であることから、以上のような計算になります。


このように、手取り額は18万4千円となることがわかりますね。


基本給20万の手取り額

  • 基本給:200,000円
  • 各種手当支給額:50,000円
  • 総支給額:基本給(200,000円)+各種手当支給額(50,000円)=250,000円

★手取り額:一般的な水準8割

250,000円×0.8=200,000円


基本給が20万円で各種手当支給額が合計で5万円だったと想定します。
この場合、総支給額が基本給と手当支給額の合計になるので、25万円となります。


手取り額はその約8割であることから、以上のような計算になり、手取り額は20万円となることがわかります。


ここで紹介した手当の支給額はあくまで想定です。各企業や園で基本給にプラスされる手当の種類やそれぞれの金額によって、総支給額は異なるでしょう。



控除内容と計算方法


次に、実際に総支給額から引かれる控除の内容や、総支給額から見た手取りの計算方法を紹介します。


控除されるもの

基本的には、以下のような社会保険料や税金が控除として総支給額から差し引かれます。


  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険
  • 所得税
  • 住民税

このほか、企業や円によっては労働組合費や退職金の積立金、社宅の家賃などが含まれる場合があるかもしれません。


手取りの算出方法

上記で紹介した控除の合算が、総支給額から引かれることになります。
計算式で表すと、以下のようになります。


(総支給額)-(控除総額)=手取り


控除額について内訳を知りたい場合は、給与明細を見ればそれぞれの金額がくわしく記載されているので確認するとよいでしょう。



基本給や手取りを確認するときの注意点

最後に、基本給や手取りを確認するときの注意点を紹介します。



基本給は残業代やボーナスなどに影響する


基本給は、働くことで得られる以下のようなお金の算出基準となっていることも知っておきましょう。


  • 残業代
  • ボーナス
  • 退職金

これらは基本給をベースに算出されています。


つまり、基本給が高ければボーナスなど受け取れる金額が高くなるといえます。 そのため、求人票に記載されている基本給の金額は、入職後の収入を考えるうえでも非常に重要な基準となるでしょう。


入職前にしっかり確認しておくとよいですね。



手取り額を計算して生活をイメージする


求人票の基本給の金額を参考に、先ほど紹介した計算式を使って手取り額を算出してみるとよいでしょう。


入職後は手取りのなかから、居住費や光熱費、通信費、食費などを支払うこととなります。生活スタイルを想定しながら、収入と支出のバランスを考えることが大切です。


基本給や手当が多いということは、手取り額も多くなるということにつながるかもしれません。求人票をよく確認しながら、やりくりのイメージをしておきましょう。



基本給と手取りの意味を理解して、就活を進めよう

今回は、基本給と手取りの違いや計算方法、確認するときの注意点を紹介しました。


求人票に記載されている「基本給」の金額から、おおよその手取りを算出することができるかもしれません。それによって入職後の収入の想定や生活のイメージをすることにもつながるので、重要な目安となるといえそうです。


基本給や手取りの概要を把握したうえで求人票を確認するなどして、就活の際の参考にできるとよいですね。