新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

牛乳パックを使った1歳児向けの手作りおもちゃ。アイデアと製作のポイント

身近な廃材の一つである牛乳パック。保育園では1歳児向けの手作りおもちゃの材料として使うこともあるようです。アイデアや作り方を知って、実習などで1歳児クラスを担当するときに活かせるとよいですね。今回は、牛乳パックの特性や1歳児向けの手作りおもちゃのアイデアを10個まとめました。

牛乳の写真

Ilya Studio/shutterstock.com



手作りおもちゃの製作における牛乳パックの特性

保育園で製作をするときに、材料として使われることも多い牛乳パック。

まずは、手作りおもちゃを製作牛乳パックの特性をまとめました。



箱の形を活かせる


牛乳パックの形をそのまま活かすことで、箱型の製作などができます。


形を活かすことによって、牛乳パックを開く手間を省けるだけでなく、強度を保てるため子どもが手に持って動かしても形が崩れにくいおもちゃなどを作れるでしょう。


たとえばペン立てや小物入れとして使ったり、積み木のおもちゃとして使ったりすることができそうです。



加工しやすい


牛乳パックはハサミで簡単に切ることができたり、穴あけパンチなどで穴をあけることもできたりと加工がしやすいのも特性の一つでしょう。


穴を空ければ、竹串やタコ糸、リボンなどを通す工程のある製作でも活躍しそうです。


また、油性ペンを使えば、牛乳パックに直接お絵かきをすることもできます。表面に画用紙を貼れば、1歳児が絵の具やクレヨンなどで絵をかくこともできそうです。


切ったり、絵をかいたりとさまざまな加工ができるため、製作のバリエーションが広がるでしょう。



耐水性がある


牛乳パックはもともと液体を入れている容器なので、水に強いのが大きな特徴です。そのため、水に浮かせたり、水中に入れたりして遊ぶおもちゃを製作するのにもぴったりでしょう。


ジョウロ型のおもちゃや水中メガネなどさまざまな手作りおもちゃの材料としても活用できるかもしれません。


学生さんが牛乳パックを集める場合は、内側をきれいに洗って、よく乾かしておくことが大切になります。



【学生さんが作る】牛乳パックを使った1歳児向けの手作りおもちゃ

ここからは、牛乳パックを使った1歳児向けの手作りおもちゃのアイデアを紹介します。まずは学生さんが作る場合のアイデアを6個まとめました。



いないいないばぁ


牛乳パックにかいたイラストが「いないいないばぁ」をする簡単な手作りおもちゃです。



用意するもの

  • 牛乳パック 2パック
  • 画用紙 20cm×28cm 1枚
  • 画用紙(白) 1枚
  • テープ
  • はさみ
  • 色鉛筆
  • のり

作り方

1.牛乳パックの口の部分に切り込みを入れたら、内側に閉じてテープで固定します。

2.牛乳パックを2本並べ、角と角をテープで固定します。裏側も同じように固定します。

3.牛乳パックに画用紙を貼り、閉じた状態と開いた状態の面にそれぞれ絵をかいたらできあがりです。


学生さんが「いないいないばぁ」の声をかけながら1歳児といっしょに遊ぶとよいでしょう。イラストは、子どもが好きな動物などをかくと喜ぶかもしれませんね。



パクパクパペット


牛乳パックのなかに手を入れてパクパクと動かすパペットの作り方です。



用意するもの

  • 牛乳パック
  • はさみ
  • 油性ペン

製作のポイント

油性ペンで直接かきこむやり方のほか、フェルトや色画用紙を貼りつけて仕上げてもかわいいかもしれません。


さまざまな動物のパペットを作れば、簡単な人形劇をすることもできそうですね。



パタパタ変わり絵


開くと瞬時に絵が変わる、ちょっと不思議なパタパタ変わり絵のアイデアです。



用意するもの

  • 開いた牛乳パック 2枚
  • はさみ
  • 油性ペン

作り方

1.開いた牛乳パックの口の部分と底の部分をはさみで切り取ります。

2.1枚の牛乳パックを半分に折ります。

3.折り目側の面を3等分するよう2本の線をかいてから、線に沿って切り込みを入れます。

4.もう1枚の牛乳パックを半分に切ってから、半分に折ります。

5.(3)で切り込みを入れた牛乳パックに、(4)を差し込みます。

6.折りたたんで真ん中を開き、油性ペンでおたまじゃくしの絵をかきます。

7.外側に引っ張って出た面に、かえるの絵をかいてできあがりです。


できあがったら、学生さんが変わり絵のやり方の手本を見せてから子どもと遊ぶとよいでしょう。


動画のイラストアイデアのほか、「卵からひよこ」、「雨から虹」など、さまざまなパターンの変わり絵を用意するのもおもしろいかもしれません。



絵合わせキューブのパズル


牛乳パックの箱の形を活かした、キューブパズルの作り方です。



用意するもの

  • 牛乳パック 3個
  • ゴム 20cm×1本
  • 絵をかいた画用紙 7cm×21cm×4枚
  • はさみ
  • キリ
  • 両面テープ

製作のポイント

イラストは、動画のアイデアのほかにもキリンやラッコ、イルカ、とうもろこし、にんじんなど縦長もしくは細長いモチーフを選ぶと1歳児も絵合わせがしやすいかもしれません。



万華鏡


牛乳パックを使って簡単にできる、万華鏡の作り方です。



用意するもの

  • 牛乳パック 1本
  • 銀紙(アルミホイル)
  • 画用紙 19cm×35cm×1枚
  • ハサミ
  • テープ
  • ペン

作り方

1.牛乳パックの先端部分をハサミでカットしてから、四角錘になるように内側に折ってテープで留めます。

2.四角錘の先端部分に銀紙を貼ります。

3.画用紙にカラフルな模様をかきます。

4.模様を内側にして牛乳パックの外側に巻き、テープで留めたらできあがりです。


画用紙の内側の牛乳パックを動かすと、銀紙の部分に模様が写って万華鏡のようになる手作りおもちゃです。


きれいに模様を写すには、銀紙になるべくシワをつけずに貼るとよさそうです。



電車


つなげて遊べる電車の手作りおもちゃのアイデアです。



用意するもの

  • 牛乳パック
  • 画用紙
  • ビニールタイ
  • セロハンテープ
  • キリ
  • はさみ
  • ペン

製作のポイント

1歳児が遊ぶとき、ビニールタイを噛んだりねじったりすることもあるかもしれません。


そのため、電車の内側に磁石をしっかりとテープで貼りつけて、磁力で車両同士がくっつくように工夫するとよさそうです。



【子どもと作る】牛乳パックを使った1歳児向けの手作りおもちゃ

次に、1歳児といっしょに製作を楽しむことのできる、牛乳パックの手作りおもちゃのアイデアを4個紹介します。



コマ


1歳児も簡単に回すことのできる、コマの作り方です。



用意するもの

  • 牛乳パック 1本
  • ペットボトルのフタ
  • はさみ
  • テープ
  • ボタン 1つ
  • シールやマスキングテープなど装飾するもの

作り方

1.牛乳パックの底を中心に切り開きます。

2.内側にマスキングテープやシールなどで好きな装飾をします。

3.ペットボトルのフタを中心に貼り付けます。

4.裏返して、ボタンを中心に貼り付けてできあがりです。


コマの装飾をしたり、ペットボトルのフタを貼りつけたりする工程は、子どもといっしょに楽しめそうです。


動画では1リットルサイズの牛乳パックを使用していますが、羽が大きいと1歳児が回すのは難しいかもしれません。そのため、500mlサイズの牛乳パックを使ったり、羽の部分を短くカットしたりするとよいでしょう。


また、裏側につけるボタンはより回りやすくするためのものなので、使わなくてもコマとして遊べます。



カスタネット


牛乳パックとペットボトルのフタを使ってカスタネットのおもちゃを作ってみましょう。



用意するもの

  • 牛乳パック 1面
  • ペットボトルのフタ 2個
  • はさみ
  • テープ

作り方

1.細長く牛乳パックの1面を切り取り、口の部分を切り落とします。

2.1面を縦に切って2分割します。

3.(2)で切った2枚の真ん中それぞれに、ペットボトルのフタをテープで貼りつけます。

4.ペットボトルのフタが内側になるようにして2枚を重ね、両端をテープで留めます。

5.マスキングテープなどで装飾をしてできあがりです。


ペットボトルのフタをテープで貼りつけるところや、自由な装飾をするところは1歳児といっしょに楽しめるかもしれません。


牛乳パックの端を引っ張るだけで簡単に音が鳴らせるので、音楽にあわせて遊ぶなどしてみましょう。



バッグ


牛乳パックを使った、簡単なバッグの作り方です。


用意するもの

  • 牛乳パック
  • 折り紙
  • はさみ
  • のり
  • ホッチキス
  • テープ
  • 画用紙や折り紙、シールなど装飾するもの

作り方

1.牛乳パックを半分にするようにはさみで切ります。

2.飲み口側の牛乳パックを切り開いてから、2cm×4面分の長さとなるように切り取り、持ち手となる部分を作ります。

3.牛乳パックの底側の表面に、のりで折り紙を貼るなどして好きな装飾をします。

4.持ち手をホッチキスで留め、針の部分にテープでカバーをしてできあがりです。


装飾をする工程は、1歳児といっしょに楽しめそうです。簡単にできるよう大きめのシールなどを用意してもよいかもしれません。


バッグは、戸外で木の実などを集めるときの入れ物として使ったり、ハロウィンや節分など行事のアイテムとして使ったりといろいろなアレンジができそうです。



牛乳パックの船


水遊びの際にも使える、船型の手作りおもちゃのアイデアです。


用意するもの

  • 牛乳パック
  • ビニールテープ
  • はさみ
  • 油性ペン
  • 装飾用のシールなど

作り方

1.牛乳パックを横にした状態で、飲み口の部分も含めて半分に切ります。

2.外側を覆うようにしてビニールテープを貼ります。

3.(2)で貼ったビニールテープのうえに、小さく切ったビニールテープや耐水性のあるシールなどを貼って装飾したらできあがりです。


船型の手作りおもちゃは、室内での見立て遊びや水遊びの際に活躍するかもしれません。


装飾の工程は、子どもの様子にあわせて油性ペンで絵をかいたり、シールを貼ったりしていっしょに楽しむとよさそうです。



牛乳パックで手作りおもちゃを作って、1歳児と遊ぼう

今回は、1歳児向けの牛乳パックを使った手作りおもちゃのアイデアを10個まとめて紹介しました。


集めるのも簡単な牛乳パックは、保育園での製作で活躍する材料の一つです。

箱の形をそのまま活用したり、開いて一部を切り取ったりと加工がしやすく、さまざまな使い方があるので、製作の幅も広がるでしょう。


今回紹介したアイデアを参考にして、1歳児といっしょに製作を楽しむ方法を考えるなどしながら、手作りおもちゃを作って遊べるとよいですね。