新卒保育士(幼稚園教論)の就活・就職・求人情報なら保育士就活バンク!

エプロンを選ぶ時のポイント

保育実習先の園でエプロンの指定が無い場合、どのようなエプロンを選べばよいか迷うことはありませんか?

保育士さんがエプロンを選ぶ時のポイント
そこで今回は、保育士さんがエプロンを選ぶときのポイントをご紹介します。



素材

保育士さんがエプロンをする目的として1番大きいのが「汚れの防止」。 汚れが付きにくい、落ちやすい素材を選ぶのがポイントです。 その為、風合いは良いもののシミになりやすいコットン素材よりも、ポリエステルやフリースで撥水加工がされている素材のエプロンを選ぶ保育士さんが多いようです。


ポケット

ポケットの数、大きさ、位置が、自分にとって使いやすいものを選びましょう。 エプロンのポケットには、ティッシュ・メモとペン・小さなおもちゃなどを入れておくと、必要な時にすぐに取り出せるので便利です。


動きやすい形であることが重要です。 外遊びに行く際や、保育中にエプロンが汚れる・濡れるなどした場合すぐに脱げるように、着脱のしやすさもチェックしてみてくださいね。 大きなリボンで結ぶようなデザインですと、子ども達がイタズラをして怪我の原因になることもありますので気を付けましょう。 冬場には、防寒の観点から「スモック型」のエプロンが重宝するようです。園の決まりで問題なければ、選択肢の一つにしてみてくださいね。


キャラクター

園の規定で問題が無ければ、人気のキャラクターものエプロンは子ども達が喜びます。しかし、子ども達はキャラクターの流行に敏感ですので、あまり流行り廃りの無いものを選ぶのがよいでしょう。


予算

エプロンは消耗品です。高価なエプロンを1枚買うよりも、安くて機能的なエプロンを複数枚用意するのがオススメです。


最後に

保育士として身に付けるエプロンは、料理の時などに使うエプロンとは目的が違います。エプロンの支給が無い園へ実習に行く場合には、上記のポイント等を参考に、使いやすいエプロンを選んでくださいね。