新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育学生さん向け「受かる」履歴書作成のポイント

「受かる」履歴書にはある傾向があった!


就活を行うにあたって、まず悩むのは履歴書をどう書くのかということ。ネットや書籍等には「履歴書の書き方」の模範例が掲載されていたりしますが、それらを丸写ししたのでは、他の受験生の履歴書の束の中に埋没してしまう可能性が高いですよ。


履歴書.jpg


そこでここでは、保育学生さん向けの「受かる」履歴書作成のポイントをお届け。

そもそも履歴書とは何のために作成するのかということから、他の保育学生と差がつく「志望動機」や「本人希望欄」の記入の仕方まで、徹底解説します!



履歴書って何のために書くの?


保育学生に限らず、多くの就活で必ず必要になるのが履歴書です。そもそも履歴書って何のために書くのでしょうか?まず、「履歴書とは?」という概念をおさえておくと、自ずとどういう内容を書けばいいのかが見えてきます。


〇履歴書とは=自分が何者かを園側に知ってもらうツール


採用担当者は、今まで数えきれないくらいの履歴書を見て来たはずです。その中でチェックするのは、「園の雰囲気にあっているか」「内容がわかりやすいか」「どのような人柄か」です。つまり、自分が何者なのかを園側に知ってもらうツールということです。


〇履歴書とは=園側に熱意をアピールするためのツール


履歴書は、志望する園に対して自分をアピールする最初のツールとなります。「どうしてもこの園で働きたい」という熱意のある保育学生なら、第一印象を決めると言っても過言ではない履歴書をおざなりにしないはず、と園側は考えます。



履歴書作成の重要なポイントとは?


履歴書とは何かということが分かったところで、それでは、履歴書を作成するにあたり、一体どういう点に気を付ければ良いのか、ポイントをまとめていきます。「受かる」履歴書と「落ちる」履歴書の違いはココにあります!


〇「受かる」履歴書の重要ポイント(1)志望動機欄


履歴書の志望動機欄は、自分がどういう人物かを園側に知ってもらう&園側に熱意をアピールする上において、最も重要な項目です。

まず、志望動機の中に必ず入れておきたい内容が、以下の項目です。


・園の保育方針で共感を得た点、その理由
・子ども、保育への熱意と理想
・保育園・幼稚園での今までの経験(成功例・失敗例)
・学生時代の経験


幼稚園.jpg


次に、このような内容を、「自分の言葉で書くこと」。これが魅力的な志望動機を作る際のポイントです。
また、志望動機を記入するときは、園の方針等を理解した上で、共感した点を書いたり、子どもに対する気持ちを書くと良いでしょう。

理想の保育や、なぜそのような保育を理想としているのか?保育士としての経験がある場合は、今までの経験を通して感じたことを、簡潔に書きましょう。保育への想いから人柄を感じられるような、そんな書き方が出来たら最高ですね。


〇「受かる」履歴書の重要ポイント(2)本人希望欄


履歴書の本人希望欄には、その園で働くにあたって、絶対に譲れない事項を記入します。絶対に譲れない条件とは、その条件を満たさないのであれば、入社することは難しいというレベルのものです。

客観的に判断して、絶対に譲れないという事象ではなく、本人のわがままだと取られるような内容はNGです。


例えば、「残業は出来ません」「給料は○万円以上で」などが挙げられるでしょうか。この条件を外したら勤務できないというのであれば、その理由とともに書いても構いませんが、園側にしてみたら、この条件を飲んでも採用したいという余程の魅力がある人物でないと、採用が見送られる可能性が高くなります。


園舎2.jpg


また、本人希望欄に隙間なくビッシリと文字を埋めるのは、控えましょう。園側からすれば、履歴書の本人希望欄は、相手からの要求だという認識なのです。要求ばかりが多い人を雇いたくはありませんよね。目安としては本人希望欄の8割以下におさえることです。


本人希望欄に書くことがない場合は、空欄にせず、「貴社の規定に従います」「貴社の規定に準じます」と明記しておきましょう。


〇「受かる」履歴書の重要ポイント(3)コピー厳禁!必ず手書きで!


園に提出する履歴書のコピーは絶対にNGだということを頭に入れておきましょう。

複数の園を受験する場合、何枚も同じような内容の履歴書を手書きで書くのは面倒だとは思いますが、履歴書をコピーして持参してくる保育学生=やる気がない、意欲が低いと、みなされても仕方ないのです。


また、複数園を受験する場合、園によって風土や運営方針は大きく異なる場合があります。よって、AとBの園に提出する履歴書の志望動機欄は、必ず異なったものになるはずなのです。


履歴書をコピーして提出してくる保育学生の志望動機欄は、一枚一枚手書きで履歴書を作成してきた保育学生のものに比べると見劣りするものとなり、園の採用担当者の胸に響かないものとなっているのです。



「受かる」履歴書=熱意が伝わってくる履歴書


以上、保育学生さんのための「受かる」履歴書作成のポイントをお伝えしました。

「受かる」履歴書とは、保育学生さんからの保育に対する情熱が感じられる履歴書であり、その園に就職したいという強い想いを感じられる履歴書なのです。

自分が将来どんな保育士になりたいのかを思い描き、ぜひ、履歴書という一枚の紙に自分の想いの丈をぶつけてみてください。