保育学生のアルバイト 保育補助のお仕事内容とメリット | 新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト【保育士就活バンク!】

保育学生のアルバイト 保育補助のお仕事内容とメリット

保育士資格を持っていない学生でも、保育補助としてなら保育園で働くことができます。学生時代に一足早く保育補助として働き、社会人を経験しておけば、実習時のハードルも下がりますよ!今回は、学生でもアルバイトとして経験できる、保育補助の仕事内容について紹介します。

保育学生のアルバイト 保育補助のススメ

保育補助とは?

保育士資格を取得していなくとも、保育園で働くことのできる仕事を保育補助と言います。保育士の人員不足により、保育補助求人を出している園は少なくありません。では、具体的にはどのような仕事を行うのでしょうか。

仕事内容

主に、正社員保育士のサポートをメインとして行います。一日の仕事内容の例として、 ・子どもたちのお出迎え ・子どもが遊ぶための準備をし、トラブルが起きないよう見守る ・食事の準備(配膳、片付け) ・お昼寝の準備(布団を敷く、着替えを手伝う) ・おむつ替え ・帰宅の手伝い などがあります。 園によって仕事内容は異なりますが、直接子どもたちと関わる仕事も少なくありません。子どもたちの過ごしやすい環境作りの手助けをしましょう。

お給料

学生アルバイトの平均時給は、1,000円前後です。地方や経験でも金額の増減があるため、確認をしておきましょう。

メリット

学生のうちに保育補助のアルバイトを経験することのメリットをご紹介します。

無資格でも可能

資格を持っていなくても、保育園で働けることが一番のメリットと言えるでしょう。保育実習の期間では足りず、もっと現場を経験したいという方、実習の前に現場を経験しておきたいという方にもおすすめです。その後に保育園に入った時の動き方が、全く違ったものになりますよ。

就職前に現場を経験できる

就職前に一度社会人として、保育士の仕事を経験できるよい機会です。もちろん仕事内容に制限はありますが、現場での経験は大きな強みとなるでしょう。

園全体を見ることができる

保育補助はクラスごとに振り分けられる場合と、園全体の補助を行う場合があります。毎日担当するクラスが変わるのは、少し大変なことのように思いますが、園全体の雰囲気や、さまざまな子どもと触れ合える貴重な経験になることでしょう。幅広い仕事を行い、視野を広く持ち保育士の動きや仕事内容を学びましょう。

夏休み期間のみでも可能

学生は実習や勉強でなかなか時間を取ることが難しいかもしれません。希望シフトを提出できたり、夏休みなどの短期からでも始められるのは嬉しいですよね。

実習よりも当事者としての意識を持てる

保育士資格を取るにあたって、保育実習でも現場を経験することはできます。 しかし、学生としてではなく、給与を頂いて保育にかかわるという一社会人としての意識を持つことで、保育実習とはまた違った視野を持ち働くことができるでしょう。

保育補助として働く上での注意点

責任感を持つ(アルバイトとはいえ、子どもの安全にも関わる仕事としての責任)

アルバイトとはいえ、子どもを預かることへの責任感を軽くみてはいけません。保育士の手の行き届かないところだけではなく、子どもたちの様子も観察し、責任も忘れずに働きましょう。

保育士や子どもの様子をよく観察する(どういうタイミングで声をかけているか)

想像と、現実とでは大きな差があります。想像もしていなかったことが起きてしまうかもしれません。そのようなトラブルに、保育士がどのように対応をしているのか、動きに注目し勉強をしましょう。また、保護者との付き合い方や、子どもとの接し方もよく見ておくとよいですね。

まとめ

学生でもできる保育補助の仕事について紹介しましたが、いかがでしたか? 保育補助は資格を取得していない学生でも、子どもや保育の仕事に関われるよい機会になります。子どもたちと直接触れ合う仕事は、成長を実感できとてもやりがいを感じられるでしょう。保育の現場へ実際に足を運ぶことによって、見えてこなかった新たな目標、課題も見つかり、あなた自身が成長できるはずです。社会人になった時、スムーズに対応できるよう、第一段階として保育補助のアルバイトを行ってみてはいかがでしょうか?