新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

認定こども園で働く保育士さんの給料は?

認定こども園をご存知でしょうか。
2015年4月からスタートした「子育て支援新制度」で重視されている、幼稚園と保育所の機能を併せ持った「認定こども園」です。

認定こども園で働く、保育士さんの年収は?
認定こども園の仕事内容なども気になりますが、最も気になるのは給料面だと思います。
今回は認定こども園で働く保育士の給料面など、ご紹介します。


◆認定こども園について

◯認定こども園で働く
認定こども園の求人は基本的に正社員が多いです。
正社員として働きたい方にはうれしい傾向ですね。
年々、認定こども園社会的ニーズは上がっていると言われていますので、少しでも興味がある方は早めに保育士資格と幼稚園教諭の2つの免許の取得をされますことをおすすめします。

◯勤務時間は1日8h勤務+シフト制がメイン
認定こども園の場合、早朝保育や延長保育があるため、早番・中番・遅番というようなシフト制をとるところが多くなっています。
勤務時間は7:00~20:00くらいの間で1日あたり8時間のところが多いようです。
また、場合によっては幼稚園機能部分を担当するか、保育所機能部分を担当するかによって勤務時間が異なる場合もありますので、詳しくは勤務を希望される認定こども園に直接問い合わせてみてくださいね。

◯休日は?
週休二日制のところが多くなっているものの、平日のみでなく土曜保育を実施している施設も多くあります。
通常土曜休園の場合も行事等で出勤する場合がほとんどになっているようです。
これは保護者が勤務されているため、お休みの都合がつきやすいところからきています。
また幼稚園と大きく異なる部分として、夏休みや冬休みなどの長期休暇がない施設が多いということです。
施設ごとに異なっていますので、応募の際には募集要項をよく確認しておくことが大切です。


◆認定こども園の給料面

◯保育士全体の平均給与・賞与
就職先の決め手は園の保育方針・理念や人間関係なども大切でしょうが、年収も大切なファクターです。
保育士の資格を有していれば様々な児童福祉施設を選択できますので、認定こども園とその他の児童福祉施設との年収格差が気になるところです。
そこでまず、保育士全体の平均給与・賞与を確認したいと思います。
厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、2013年度の保育士の平均月収は210,000円(基本給と諸手当、残業手当等を含みます)で、年間のボーナス等金額は540,000円とされています。
平均年収は310万円、平均時給は1247円です。
保育士の平均年齢は34.7歳となっています。

■認定こども園とその他施設の給与と賞与
保育士全体の平均は分かったものの、これは認定こども園を含む保育施設全体の平均です。
現実の児童福祉施設の形態は様々です。
公立か私立か、認定か認証か、認可か認可外か、どんな設置主体かによっても異なり、給与等待遇面において差が発生しています。
東京・千葉・神奈川・埼玉の1都3県の求人データを元に調べた結果によれば、認定こども園の平均給与は180,011円となっています。
これは病院内保育園(180,914円)、社会福祉法人の私立認可保育園(180,432円)、株式会社が設置主体の私立認可保育園(180,288円)、認証保育園(182,519円)、企業内保育園(180,302円)を下回り、最低レベルと言えます。
その一方で認定こども園の賞与は高水準(2.9ヶ月分)です。
公立の3.6ヶ月分には届きませんが、その他の保育施設を上回っており、第二位の賞与水準です。
平均給与から算出される賞与の平均年額は526,357円です。

◯給与は基本、保育所などと同じくらい
公立の正規職員雇用の場合は公務員となり、地方公務員と同等の金額となります。
私立の場合は、運営主体によるため施設ごとに金額差があります。
給与水準は他の保育園などと大きく差はないことが多いようです。
また、認定こども園は保育士資格・幼稚園教諭免許の2つの資格を求められますが、この2つの資格を持っているからと言って特別に手当がつくわけではありません。
ですので、毎月約21万円・平均年収約310万円という具合に落ち着きそうです。

◯保育士の平均年収統計とは?
先程認定こども園の年収は約310万円程度と年収のお話をしました。
では、保育士全体としてはどのくらいなのでしょうか?本当に保育士と同じくらいなのかどうか、平成27年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考にお話しますね。

・平均年齢:35歳
・勤続年数:7.6年
・労働時間:171時間/月
・超過労働:4時間/月
・月額給与:219,200円
・年間賞与:603,000円
・平均年収:3,233,400円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、固定して支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与(=ボーナス)その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

保育士の平均年収は35歳で323万円くらいとなっています。
おおよそ320万円であまり変わりはないと言えそうですね。

◯具体的には認定こども園で働くとどのくらい貰えるの?
では、次に認定こども園で実際に働いておられる方の給料明細のご紹介をします。
働かれる自治体によっても金額が前後するかと思いますが、参考にして頂けますと喜びます。

(1) 正社員
年齢:33歳
保育歴:13年
勤務形態:正社員
勤務地:愛知県
基本給:20万円+残業手当34000円(30時間)+その他手当17000円=月収251000円
賞与:80万円
年収:3812000円
担任、シフト作りなどもされていて主任の補佐のようなお仕事をされているようです。

(2) 非常勤・パート
勤務形態:非常勤・パート
勤務地:愛知県
時給:1000~1400円
賞与:年2回
勤務時間:週3~5日勤務・2時間以上
昇給:あり(50~100円)

となっています。


◆年収だけにこだわらないようにしよう

月収が低く、賞与が多いというのが特徴の認定こども園の年収は、特別高くも低くもありません。
就職先を選ぶときには年収も大切となりますが、年収だけにこだわるのではなく、職場の勤務形態、労働条件をしっかり見極めることが大切になります。
結婚・出産を機にキャリアが中断することが多い女性にとっては、中断後に仕事の復帰ができるか否か、育児期には時短で働ける認定こども園かどうかもチェックすると良いでしょう。
ここでは年収など、給料面をご紹介しましたが、就職活動のヒントとなれば幸いです。