保育士の就職活動における「ピアノ」の必要性 | 新卒保育士(幼稚園教論)の就活・就職・求人情報なら保育士就活バンク!

保育士の就職活動における「ピアノ」の必要性

採用試験でピアノの実技があるかどうかは、園によって異なります。 その為、就職活動においてはピアノのスキルが試されることがない可能性もあります。
保育士の就職活動における「ピアノ」の必要性 しかし、保育士資格を取得するための保育士試験や保育実習、更に保育士として就職した後には、ピアノが役に立つ場面が多々ありますので、保育士を目指すならピアノが弾けて損をすることはありません。
そこで今回は、特に「ピアノができない」と悩んでいる方に向けて、保育士の採用試験や就職後に役立つピアノ演奏のコツをご紹介いたします。



試験の流れと気を付けたいポイント

採用試験におけるピアノ実技の有無や内容は、基本的に求人票に記載されており、 試験の形式として多いのは、以下の3パターンです。

課題曲

事前に、指定の課題曲が提示されます。 試験当日は、受験生全員が同じ曲を演奏することになりますので、採用側にとってスキルや事前練習量の差がわかりやすい形式です。

自由曲

自分で選んだ曲を演奏します。 園側から、「明るい曲」「弾き歌いのできる童謡」など、ある程度指示がある場合もあります。

初見

試験当日に曲が知らされ、その場で演奏します。 少し前に楽譜が渡されるタイプや、曲名だけを指示されて演奏するタイプなどがあり、指定される曲も、童謡から園歌まで、園によって様々です。


ピアノに自信がない学生さんが、「ピアノ実技がない」という基準で園を選ぶケースもあるようですが、それで希望の園を断念してしまうのは勿体ないですよね。
ピアノのスキルそのものよりも、ピアノに向き合う姿勢や、弾いているときの雰囲気を確認する為に実技試験を行っているという園も多いようですので、試験の本番でうまく演奏できなくても、最後まであきらめず、心を込めて丁寧に弾くことが大切です。



採用試験で指定されることが多い曲

採用試験で指定される曲は、園によって異なります。
傾向が知りたい場合は、自分が希望する園が、過去にどのような曲で試験を行っていたか、求人票をチェックしてみるとよいでしょう。
過去の求人票がなくてわからない場合や、初見が指定されて不安な際には、保育士試験のピアノ実技における課題曲や、試験を受ける園の「園歌」を押さえておくのがオススメです。


※過去5年間の保育士試験で出題された課題曲は次の通りです。
平成29年度:「こいのぼり」「一年生になったら」
平成28年度:「かたつむり」「オバケなんてないさ」
平成27年度:「海」「ちびっか・ぶーん」
平成26年度:「おつかいありさん」「おへそ」
平成25年度:「めだかの学校」「そうだったら いいのにな」



ピアノができない方向け・上達のコツ

ピアノができない、という場合、一度「自分がどの程度楽譜が読めるか」をチェックしてみましょう。
音符が暗号のように見えてしまうなら、実際にピアノを弾く練習をする前に一度立ち止まって、「楽譜を読む力」を高めるようにしてみてください。楽譜に「かなふり」をしてみると、自分の理解力チェックができますよ。
逆に、スラスラと曲がイメージできるようであれば、あとは、とにかくピアノに触れる機会を増やしましょう。採用試験では少なからず緊張しますので、「慣れ」が大切です。無意識に指が動くまで練習しておけば、試験本番でも安心ですね。毎日5分で良いので、継続することが大切です。
また、どうしてもピアノに抵抗がある場合は、他の楽器を身に付けてアピールする、という選択肢もあるかもしれません。 特に、ギター・アコーディオンは、保育士試験の音楽実技でも認められています。 ただ、それらの特技が採用につながるかは園によりますので、事前に確認してみてくださいね。