先輩に好かれる「好印象な後輩」を目指そう! | 新卒保育士(幼稚園教論)の就活・就職・求人情報なら保育士就活バンク!

先輩に好かれる「好印象な後輩」を目指そう!

最近は男性保育士も増えてきたようですが、実際、保育士の現場はまだまだ女性社会であることが多いようです。

20170508_25.jpg
女性が多い職場では、特に女性の先輩にいかに好かれるか、気に入られるかによって、職場での居心地の良さは決まると言っても過言ではありません。
ここでは、先輩に好かれる後輩の特徴をまとめたいと思います。


いつも笑顔

仕事をしていると、しんどいことにも直面することと思います。
また、体調があまり優れないときもあるでしょう。
我慢しすぎることは体によくありませんが、なるべく自分の個人的な感情は脇に置いておいて、いつも笑顔でいることを心がけましょう。
ブスっと不機嫌そうな人には誰でも近寄りたくありませんよね。
先輩たちに可愛がってもらうには、いつも笑顔でオープンな雰囲気を演出することが大切です。


さわやかな挨拶

社会人にとって挨拶は基本のキです。
職場にいる人には先輩後輩に関わらず、自分から率先して相手にしっかりと通る声で挨拶することを心がけましょう。
最近は、相手から挨拶されるまで挨拶できない人が多いようです。
自分から「おはようございます」とさわやかに挨拶するだけで、随分と印象が良くなるはずですよ。


いつも一生懸命

社会に出ると初めてのことばかりに直面し、一つの仕事をするのにもたくさんのミスをしたり、想像以上に時間がかかったりして、心が折れそうになることがたくさんあることでしょう。
しかし、どんな仕事でも一生懸命に取り組む姿を先輩たちはよく見ています。
なぜなら、その道は先輩たちも通ってきた道だから。
新しく入社してきた後輩たちが、困難をどういうふうに乗り越えていくのかを観察し、何事にも一生懸命に取り組む後輩のことを可愛く思うのです。
しんどい仕事に対して、文句を言わず、一生懸命に取り組んでみましょう。
きっと先輩たちのあなたを見る目が変わってきます。


先輩を尊敬している気持ちを表現する

先輩たちは、後輩たちよりも長く仕事を頑張ってきたという誇りを持っています。
「先輩、先輩」と慕ってくる後輩たちのことを可愛く思わないわけがありません。
分からないことは、素直に先輩たちに聞いて解決していくことをおすすめします。
よほど意地悪な人格でない限りは、親切に教えてくれることでしょう。
そして、大切なのはその後です。
教えてもらったことに対して、きちんと感謝の気持ちを表しておきましょう。
先輩のことを尊敬しているという気持ちを随所にちりばめた行動を心がけましょう。
よく、先輩と親しくなるにつれ、タメ口で話してしまう人を見かけますが、これはなるべく避けた方が良いでしょう。
タメ口=気のゆるみにつながり、一線を越えた言動をとってしまう危険があるからです。
親しくなっても、先輩に対しては尊敬の気持ちをこめて敬語で話すようにしましょう。


陰口やキレる言動はNG

職場の雰囲気に慣れてくると、つい出てくるのが陰口。
女性が多い職場では、特にこの陰口の扱いが重要なポイントとなります。
自ら、陰口を発することはもちろんNGですし、先輩たちの陰口談議に首をつっこみすぎるのもNGです。
いつも明るいオーラを出して、陰口を言う雰囲気をつくらないようにするなど、どうにか工夫をして乗り切りましょう。
また、上司の理不尽な行動や、保護者たちの理不尽な言動に対して、キレる言動もNGです。
いつでも理性を持って、理知的に物事を解決する姿勢を見せることで先輩たちの信頼度はグッとアップします。


周囲に対する気遣いができる=職場の和を保つ

先輩に好かれる後輩になるためのポイントをまとめてきましたが、全てに共通するのは、周囲に対する気遣いができるという点です。
周囲に対する気遣いができるということは、職場の和を保つことにつながります。
快適な職場で過ごすためにも、自らの行動や言動に気を付けてみましょう。


より上品な女性になれる「美化語」って?

社会人として身に着けておかなければならないものの一つに、尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方が挙げられます。
そして、その尊敬語・謙譲語・丁寧語などと共に用いられ、より美しい言葉遣いに仕上げてくれる役割を果たすものが美化語と呼ばれます。
美化語をしっかりと使うことができれば、より好印象な後輩になれるかも!? ここでは、美化語の定義や、使い方についておさえていきましょう。

美化語の定義
美化語は、尊敬語などと異なり、誰か特定の人への敬意を表す言葉ではありません。
物事を美化し、より上品な言葉遣いにするという目的で使われるものです。
敬語と共にバランス良く使うことによって、より美しいと感じる日本語になるのです。

「お」「ご」を付け足すタイプの美化語
美化語には単語に「お」「ご」などを付け足して、より丁寧な印象にするタイプのものがあります。
例を以下に挙げます。

・「お」を付け足すタイプ......お酒・お盆・お経・お体・お名前・お食事etc.
・「ご」を付け足すタイプ......ご挨拶・ご理解・ご協力・ご参加・ご希望etc.

上記以外にも「お玉・お供え・おにぎり・ご破算」など、「お」「ご」を取ってしまうと別に意味になってしまうものや、「おかず・おやつ・おひたし」など「お」「ご」を取ると意味をなさなくなってしまうものも美化語とされていますが、こちらは日常的に使われるものなので意識することはないでしょう。

言い換え型の美化語
上記のように単純に「お」「ご」を付け足すのではなく、単語を別の言い方に変えてしまう美化語も存在します。
以下に例を挙げます。

・便所orトイレ→お手洗い
・腹→おなか
・水→おひや
・うまい→おいしい
・めし→ごはん  etc.

特に、トイレを言い換えた「お手洗い」は、トイレ=用便を足すところというイメージをその単語から全く無くした単語となります。
「お手洗い」は、上品な女性なら必ず使い分けていますので、覚えておきましょう。

やってはいけない!間違った美化語
言葉を丁寧にするには「お」「ご」を付け足せばいいのね、と全ての単語に「お」「ご」を付け足してはいけません。
NG例を以下に挙げます。
おフランス・お火事・お会社・おコーヒー・おビール・お注射......etc. ただ、「おビール」などは、場所によっては使われる場合もあるようです。

進化していく美化語
日常的に使われる話し言葉は、日々進化を遂げています。
例えば、50年前の日本で使われていた言葉と、現代の言葉では、使われなくなった言葉もありますし、また逆に新しく使われ始めた言葉も出てきているのです。


習慣にして自分のものにしよう

このように、言葉は日々進化しています。
また、その会社によって常識的な言葉遣いなども存在します。
言葉は生き物なのです。
今後、美化語もどんどん進化していくはずです。
美化語を素敵に使うコツは、お手本となる先輩を見つけること。
社内で素敵だなと思う先輩のしゃべり方をチェックして、取り入れられるところがあれば真似してみましょう。
言語活動は習慣によって成り立ちますので、使い慣れれば自然と自分のものになるものです。
美化語について意識し、より先輩に好かれる「好印象な後輩」を目指しましょう。