新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育実習で使える名札の作り方。フェルトや安全ピンなしで作れるアイデア

子どもたちに早く顔と名前を覚えてもらうため、保育実習で使える名札の作り方が知りたい保育学生さんは多いのではないでしょうか。名札はフェルトなど身近な材料を使用して作ったり、安全ピンなしで作ったりすることもできます。今回は、名札を作るときのデザインのアイデアや簡単な作り方などを紹介します。

フェルトで作ったハートの写真

Andreja Donko/shutterstock.com



保育実習で名札をつけるねらい

保育実習では、現役の保育士さんと同じように手作りの名札をつけることが多いようです。
まずは、どうして保育園や幼稚園の保育実習で名札をつけるのか、保育士さんが手作り名札を作るねらいを知っておきましょう。


保育士さんがつける名札は、初めて会う子どもたちとの会話のきっかけになる、コミュニケーションツールの一つといえるでしょう。また、特徴的な名札をつけていることで保育士さんの顔や名前が覚えやすくなり、子どもたちが話しかけやすくなるというねらいもあるようです。


そのため、保育実習でつける名札は子どもたちの興味をひくように、子どもに人気がある動物やキャラクターをデザインするといいかもしれません。
たとえば、桃子という名前であれば名札を桃の形にする、カエルをモチーフにした名札で「カエルが大好きです」と自己紹介するなど、デザインのアイデアはさまざまです。



保育実習用の名札を作る前に確認するポイント

実習先の園によっては、名札の付け方、デザインに規定や指定があるかもしれません。
ここでは、名札の製作に入る前に確認すべきポイントについて説明します。



名札のデザイン


名前の表記

名札の名前はフルネームで表記するのか、姓と名前のどちらか片方だけ表記するのかなど、表記の方法について実習先の園に確認しておきましょう。フルネームで表記する場合は、字の大きさや位置などバランスを意識してデザインを考える必要があります。


ひらがなで名前を表記するのが一般的ですが、漢字教育を取り入れている園では、名札の名前を漢字で表記することもあるようです。ひらがな表記か漢字表記についても、あわせて確認するといいかもしれません。


受け持つ子どもの年齢

実習で受け持つ子どもの年齢によって、興味をひく絵柄やキャラクターが異なります。子どもの年齢に合わせて、興味を持ってもらったり、話のきっかけになったりしそうなデザインを考えましょう。また、誤飲の危険性がある年齢の子どもを受け持つ際は、ビーズやボタンなどの装飾は避けることも大切です。


キャラクターデザインは使用可能か

子どもがすぐに興味を持ってくれるのは、動物や絵本のキャラクターではないでしょうか。
しかし園の保育方針で、キャラクターの図案を名札で使用するのは禁止というところもあるようです。製作する前に、キャラクターものが使用可能か確認を取っておくと確実でしょう。


名札のデザインを考える際、WEB上の情報を参考にする方法のもいいかもしれません。SNSで検索したアイデアを活用している保育学生さんも多いようです。オリジナリティのある名札を作るためにも、さまざまなアイデアの名札を見てみてくださいね。



名札の大きさや材料


名札の大きさ

子どもや保護者の方が見てすぐに名前が分かるよう、名札は握りこぶし大から手のひらサイズの大きさで作ることが多いようです。


名札の材料

名札の材料は、子どもたちの体を傷つけないように配慮し、子どもが触れたり舐めたりしても安全なもの、汚れても洗濯できるもの、日々の保育で邪魔にならない柔らかいものを使用しましょう。


保育実習でつける名札は、「どのような考え方で名札を作るか」が課題になることもあるようです。子どものために作った根拠や配慮が明確しておくことで、担当の保育士さんに名札について聞かれたときも説明がしやすくなりそうですね。



名札の付け方


安全ピンの付け方

安全ピンは、とめる金具の先がとがっているため、子どもの安全面に配慮して使用を避ける園もあるようです。事前に名札で安全ピンを使用していいか、園側に確認をとったほうがいいでしょう。


安全ピンを使用OKという場合でも、安全ピンの上からフェルトで覆って縫い付けるなど、子どもたちにけがをさせないために、ひと手間を加えている保育士さんも多いそうです。


安全ピンなしの付け方

安全ピンなしで名札をエプロンに着ける方法としては、以下のような方法が挙げられます。


  • エプロンに名札を直接縫い付ける。
  • 接着型ワッペンで直接エプロンにつける。
  • スナップボタンをエプロンと名札にそれぞれつけてとめる。
  • マジックテープを名札とエプロンにつけて着脱できるようにする。
  • 名札にリボンを縫い付けて、リボンをエプロンの肩ひもに結びつける。

このように、保育実習でつける名札は安全ピン以外でも取り付けることができます。実習先の園で安全ピンが使えない場合は、上記の方法などを活用して名札を製作するといいかもしれません。



名札をつける位置


エプロンに付ける場合

一般的に保育士さんがつける名札は、見やすいようにエプロンの左胸につけます。
しかし園によっては、子どもの目線の高さに位置に合わせて、エプロンのポケットに着けることもあるようです。


エプロン以外につける場合

実習先の園によっては、首から名札を下げるなどエプロン以外の場所につけることもあるかもしれません。
名札をつける場所は園の規則に従いますが、つける位置に困ったときは、先輩保育士さんがどこに付けているかを参考にしてもいいでしょう。



保育実習用の名札を手作りするための材料や道具

フェルトとはさみの写真

OnlyZoia/shutterstock.com



名札の型紙


名札の型紙は、自分で絵をかいて作ることもできます。しかし、絵が苦手な方や自分でかわいいデザインが思い浮かばなくて悩んでいる保育学生さんは、型紙のテンプレートをダウンロードできるサービスや、簡単に手作りできる名札のキット(通販や100均で購入可能)などもありますので取り入れてみるのもいいでしょう。



必要な材料と道具


保育実習用の名札や保育士さんがつける名札の材料では、フェルトがよく選ばれているようです。


フェルトはウールを薄く板状に圧縮しているため、布の中でも強度があり、洗濯もちがよくてしわになりにくい素材といわれています。万が一、保育中に子どもが名札に触れても、安全面で心配が少ない素材といえるでしょう。


また、フェルト生地はさまざまな種類があり、羊毛フェルトなどはもこもこした立体感を出せるため、工夫次第で可愛らしく仕上げることもできます。


名札の主な材料

  • フェルト
  • 刺繍糸
  • エプロンに付けるための金具やひも
  • 手芸用接着剤

名札を作るための道具

  • 裁縫道具(はさみ・針など)
  • チャコペン
  • アイロン

<デザインであるといいもの>

  • ボタン
  • リボン
  • 接着できるテープ
  • 補強用のシート など


フェルトを使った名札の簡単な作り方

名札は保育実習だけでなく、保育士さんになってからも必要になるかもしれません。
そのため、フェルトを使った簡単な名札の作り方を2つ紹介します。針と糸を一切使わない方法もあるので、縫い方が分からないという方でも作りやすいでしょう。



針や糸を使わない手作り名札の作り方


針や糸を使わない場合は、アイロンの熱で接着できる「アイロン接着フェルト」を使用します。針で縫う作業がないため、短時間で簡単に名札が作ることができるでしょう。


材料

  • 型紙
  • アイロン接着フェルト
  • 切り文字フェルト
  • チャコペン
  • ハサミ
  • アイロン
  • アイロン接着マジックテープ

作り方

1.名札の型紙をパーツごとに用意します。

2.パーツごとにフェルトの上に乗せ、チャコペンでなぞります。

3.(2)をハサミでカットします。名札の土台になるパーツは、同じものを2枚作って重ねて補強しましょう。

4.アイロンでフェルトを接着します。パーツを組み合わせてからアイロンをかけるよりも、パーツごとにアイロンをかけてから、組み合わせていくほうが綺麗に仕上がるでしょう。

5.はみ出た部分をハサミで整えます。

6.名札の裏側とエプロンの名札をつける位置に、それぞれマジックテープをアイロンで接着してできあがりです。


作り方のポイント

凝ったデザインにしたり、フルネームの表記の場合は名札自体が大きくなったりすることが考えられます。使っているうちにパーツが剥がれてしまわないように、デザインはシンプルなものにしたほうがいいかもしれません。


名札の土台となる部分を2つ作るのが大変という方は、重ねずに直接エプロンに接着することで補強するという方法もあります。



針と糸を使う手作り名札の作り方


名札は針と糸でしっかり縫うことで、子どもに触れられたり、洗濯したりしても問題ない丈夫なものを作ることができるでしょう。ボタンやリボンをつけるなど、装飾を工夫することで、手作りのかわいらしさを楽しむこともできそうです。


材料

  • 型紙
  • フェルト
  • 刺繍糸
  • 補強用の芯(クリアファイルや厚紙など)
  • アイロン接着テープ
  • ハサミ

作り方

1.絵柄のデザインに沿って、パーツごとに型紙を用意します。

2.型紙を切り抜き、フェルトの上に置いて、チャコペンで型を写します。

3.(2)をハサミでカットします。

4.名札の土台となるフェルトにアイロン接着テープを貼り、ほかのパーツを配置してアイロンで固定します。強度をあげるために、周囲を刺繍糸で縫い合わせましょう。

5.名札の裏面に、補強のため芯になるものを充てます。

6.芯の部分が見えないように、アイロン接着テープでフェルトを貼り合わせます。
強度が足りないと感じた場合は、刺繍糸を使って縫い合わせましょう。縫い方はブランケットステッチ(縁かがり)がおすすめです。


作り方のポイント

安全ピンを使用する場合は、名札の裏面に小さく切ったフェルトを針と糸で縫い合わせて、安全ピンを入れる部分を作りましょう。


また、補強するために充てる芯の素材は、洗濯しても問題ないクリアファイルなどがおすすめです。


このように、子どもと接する機会が多い保育士さんは、子どもの安全面に配慮した身だしなみが求められるようです。好奇心旺盛な子どもたちは名札に触ったり、飾りを舐めたりすることが考えられるため、口の中に入っても安全なものであるかどうかや、触れたときに体を傷つけないものにする必要があるでしょう。



保育実習の名札は子どもたちの興味をひくようなデザインにしよう

今回は、保育実習で名札をつけるねらいと製作する前に確認すべきこと、簡単な作り方を紹介しました。


保育実習では、保育に関するさまざまなことを実践的に学ぶことができますが、フェルトを使って名札を手作りすることからも、保育についての考え方や子どもへの配慮を学ぶことができるでしょう。


名札は安全ピンを使わないものや縫い方を知らない方でも作れるものなど、アイデア次第で簡単に作れることができます。
子どもたちに名前と顔を早く覚えてもらえるように、動物やキャラクターなど興味をひくようなデザインで作れるといいですね。