新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育士のジャージはどこで買うのか。仕事の服装としての選び方や通勤に対する考え方

保育士さんがジャージを選ぶ際の疑問についてまとめてみました。保育士として仕事で着用するジャージはどこで買うのか、色を選ぶ際の配慮、通勤もジャージを着用して大丈夫なのかなど、さまざまな疑問にお答えしていきます。通販やスポーツ用品店で気軽に購入できるジャージですが、保育業務に適切なもの、保護者の印象も良いものを選び、保育士を目指してくださいね。


保育士のジャージはどこで買うのか。仕事の服装としての選び方や通勤に対する考え方 marokejpg/shutterstock.com

保育士がジャージを選ぶときに気を付けたいポイント

保育士の業務に適したジャージを選ぶ際には、気を付けたいポイントをおさえて購入するようにしましょう。


生地について

保育士は子どもたちと走り回ったりして遊ぶ場面が多いです。そのため、ジャージを選ぶ際は動きやすい伸縮性のある生地のものにしましょう。また、特に夏場などは身体を動かすことで汗をかきます。通気性と速乾性を重視したジャージを選ぶといいでしょう。


派手すぎない色を選ぶ

保育士のジャージを選ぶには、どんな色がいいのか迷うことがあると思います。基本的には、黒や紺、グレーなどの落ち着いた色にするほうがよさそうです。カラーを取り入れたい場合には、パステル系など園の雰囲気に浮かない、優しい色合いにするよう配慮しましょう。保護者に安心感を与えるためにも、極端に明るい色の服装は避けるようにしましょう。


ジャージ禁止の保育園も存在する

園によってはそもそもジャージを禁止しているところもあるようです。例えば「ジャージはラフすぎるため保護者から印象が良くない」などの理由が挙げられます。 また、キャラクターがデザインされたジャージなども禁止する園もあるようです。その理由として、子どもたちがキャラクターだけに興味が集中してしまうからなど、さまざまな理由が考えられます。
ジャージを仕事着として着用していいかどうか、デザイン、カラー、キャラクターの有無は、入職の際に確認してみましょう。


仕事着という認識

お気に入りのジャージを着て仕事がしたいという気持ちもわかりますが、保育業務で着るジャージは仕事着だという認識をもっておきましょう。 保育のなかで、ジャージのひざ部分に穴があいたり、汚れてしまったりすることが多々あると考えられます。保育に集中するためにも、耐久性や機能性のあるジャージを選ぶようにしましょう。


ジャージの着こなしとシーン

ジャージを着る場合は、場所とシーンを考えるようにしましょう。保育園での研修や会議、保護者会など、多くの人の目に触れる場面やあらたまった場ではジャージを着用することは避けましょう。特に、はじめての行事では服装について自己判断せずに、園長や先輩保育士に確認することを心掛けたほうがいいですね。


保育士に適した清潔感のあるおしゃれなジャージとは

保育士のジャージ選びでは、保護者から見た印象をよくするためにも、清潔感のあるものを選ぶといいでしょう。保護者から見て安心感のあるおしゃれなジャージを選ぶためのポイントのとして、裾や袖の長さのサイズ感に気を付けることが挙げられます。
テーパードがかかったタイプのジャージは、太もも部分から裾部分にかけて細くなっているシルエットをしています。また、裾部分が細く締まっているため、足元がすっきり見え、野暮ったさがなく清潔感があります。
トップスのジャージを選ぶ際も、袖部分はすっきり見え、長すぎず短すぎず、ちょうどいいサイズのものにしましょう。


保育士のジャージはどこで買うか

では、保育士のジャージはどこで買うといいのでしょうか。ここでは、3つの方法を紹介します。


通販

最近は、服の購入を通販で済ませる人が増えています。通販で買うときのメリットとしては、移動をせずに購入ができること、商品の種類が多く閲覧でき、自宅など場所を選ばずにじっくり選べることでしょう。実際に通販サイトを見てみると、保育士のジャージも多く取り扱っており多くの種類やサイズから自分に合ったジャージ選ぶことができそうです。


実店舗

各地域にある大型の衣類量販店やスポーツ用品点などでジャージを購入することができます。足を運び店舗で購入するメリットは、実際の商品を見ることができ、サイズ感や肌ざわりをその場で確認できることです。直接、商品を手でさわり、試着をすることで、納得して購入できるため、商品購入後の失敗は少なくなります。


職場で聞いてみよう

先輩保育士たちにジャージはどこで購入しているのか質問してみるのもいいでしょう。先輩保育士に聞くことで、おすすめのブランドや職場で流行りのものを知ることができます。また、先輩保育士とのコミュニケーションのきっかけにもなるので、いろいろと気になることを質問をしてみましょう。


保育士の通勤時の服装でのジャージ

保育士は通勤時も、ある程度動きやすい服装にしておく必要があります。その理由としては、万が一、出勤してすぐに災害があった場合、通勤時の服装のままで子どもたちを避難させる必要があるからです。
しかし、動きやすいからといってジャージを着用して通勤をすると、一般の人たちから見てだらしなく見えてしまう可能性があります。
通勤時には保護者と顔を合わせることもあるので、保護者に安心感を与える印象がよい服装を選ぶことが大切です。きれいめのシルエットのジーンズに露出度の高くないトップスを組み合わせるなど、清潔感のある適度にカジュアルな服装にしましょう。


保育士のジャージはどこで買うのか。仕事の服装としての選び方や通勤に対する考え方 buritora/shutterstock.com

男性保育士のジャージ選び

基本的に女性のジャージ選びと同じように、生地や色に気をつけましょう。 男性保育士は子どもたちと走り回ったりすることが多くなります。そのため、ジャージのひざの部分に穴があいてしまったりする場合があるので、こまめに補修をしたり買え替えたりする必要も出てくるでしょう。
簡単にできる補修は、あいてしまった穴の上にワッペンを重ねて縫いつける方法です。ワッペンは、子どもたちが好きな動物や乗り物のデザインのものにすると、子どもたちは喜んでくれそうですね。


保育士に適したジャージを着用しよう

保育士のジャージ選びは、生地や色、シルエットに気を付けるようにしましょう。 保育士に適したジャージは通販や店舗を見ると数多くあるので、ジャージを購入する際には、いろいろ見比べて、自分に適したものをしっかり基準を持って選ぶことが大切です。
また、清潔感に配慮して、すっきりとおしゃれにジャージを着こなすことで、保護者からの印象も良くなり、自身の仕事も進めやすくなりますよ。