新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育実習の通勤時の服装について。スーツや私服を着ていく際のポイントと注意点

保育学生は保育実習に臨むとき、どのような服装で通勤をすればいいのでしょうか。園によって服装の規定が異なるため、スーツや私服といった大まかな指定があったとしても、何を着ていけばいいか迷いますよね。今回は、保育実習の通勤するときの服装ついてくわしく紹介します。


保育実習の通勤時の服装について。スーツや私服を着ていく際のポイントや注意点

metamorworks/shutterstock.com



保育実習の通勤時はどんな服装をすればいいの?

保育実習や教育実習に臨む保育学生の中には、通勤するときにどのような服装をすればいいか悩む方も多いのではないでしょうか。


園によっては私服通勤でも問題ないところや、スーツでの通勤が望ましいというところもあるため、園の規定を確認した上で通勤にふさわしい服装にすることが大切といえるでしょう。


しかし、園から「スーツできてください」や「私服できてください」といわれても、具体的にどのような服を着ればいいのか迷いますよね。 今回は、保育実習で通勤するときの服装について、スーツと私服を着ていく場合のポイントなどをくわしく紹介します。



保育実習の通勤時の服装:スーツ

保育実習において、通勤時はスーツを着ていく場合もあるかもしれません。


スーツといっても、リクルートスーツやビジネススーツなどさまざま種類があります。 さらに、スーツのスタイルも女性の場合はスカートとパンツがあり、パンプスにもヒールの高さなどがあるため、通勤時はどのようなタイプの服装をするべきか迷う方もいるでしょう。


ここでは、保育実習をスーツで通勤する場合の服装のポイントについて説明します。



リクルートスーツ


リクルートスーツは、保育施設の面接を受けるときなど着る機会が多いスーツかもしれません。就職してからはビジネススーツのほうがふさわしいようですが、一般的に学生のうちはリクルートスーツで通勤しても問題ないようです。


ただし、スーツを着ていても汚れていたり、皺が多かったりすると、清潔感のあるきれいな印象とはいいにくいでしょう。できれば保育実習に行く前に、汚れや皺がない綺麗な状態のスーツにして臨むと、園の職員や保護者の方に会ったときも清潔感のある印象を与えられそうですね。


また、スーツはピンクや紫といった明るい色やチェックのような柄があると、園の職員や保護者などに派手な印象を与えてしまう可能性があるため、避けたほうがいいでしょう。面接でも着ていけるような黒やグレー、紺色といった落ち着いた色や無地のものを選ぶといいかもしれません。



ビジネススーツ


ビジネススーツは、リクルートスーツと明確な違いはないものの、ビジネススーツのほうが生地や縫製の質が良く、より長く着ることができるのが特徴です。


そのため、保育実習の通勤時にビジネススーツを着て通勤することは問題ないようです。リクルートスーツを持っていない場合や、保育士として就職した後もスーツで通勤する必要があるのであれば、長く着用し続けられるビジネススーツを購入しておくのもいいかもしれませんね。


スーツの色はリクルートスーツと同様に、保育実習で通勤するときは派手な色ではなく落ち着いた色のものを選ぶといいでしょう。



スーツのスタイル(スカート・パンツ)


女性のスーツには、スカートとパンツのスタイルがあるため、どちらがふさわしいか迷いますよね。


スカートかパンツどちらがいいかは、園の規定があるため一概にはいえません。しかし、スカートで通勤する場合は、短いスカートを履いてしまうと露出が多く見えてしまうので、膝が隠れるくらいの適度な丈の長さのスカートを履くといいでしょう。


また、スカートの場合は肌の色に近いストッキングを履くのが一般的なマナーのようです。タイツでも問題ないかもしれませんが、黒いスカートに黒いタイツを履いてしまうと、冠婚葬祭のように見えてしまう可能性があるため、履く色には気をつけるといいかもしれません。


一方、パンツスタイルで通勤する場合は裾の長さに注意しましょう。 靴のかかとに触れそうなほど裾が長かったり、靴下が見えるくらい裾が短かったりすると、どちらもルーズな印象を与えてしまうかもしれません。


スーツにおいてスカートとパンツどちらも履くにしても、丈や裾の長さを意識した服装を心がけることが大切といえそうです。



スーツに合う靴


スーツのときに履く靴として、男性であればビジネスシューズ、女性であればパンプスが挙げられるでしょう。


女性の場合は、ヒールの高さに注意するといいかもしれません。男性の場合も、スニーカーなどスーツを着たときに違和感がない靴にするようにしましょう。


靴の色は黒やダークブラウンにすると、スーツが黒やグレー、ネイビーのときに合わせやすいようです。これらは目安ですので、実際に着るスーツの色と併せて違和感がないものを選んでみてくださいね。


また、保育実習では外で子どもたちと遊び回ることもあるようです。そのため通勤時に履く靴とは別に、運動靴のように動きやすい靴を用意して履き替えるといいかもしれません。


このように、スーツにはリクルートスーツやビジネススーツなどの種類があり、女性の場合は、スカートやパンツなどのスーツのスタイルにおいても丈や裾などに注意しながら選ぶとよさそうです。さらに、スーツで通勤する際に履いていく靴にもさまざまな種類があるため、スーツを着たときの全体のバランスや色に違和感がないかなどを確認するといいでしょう。


次は、私服で通勤するとなった場合、どのような格好をしたらいいのか見てみましょう。



保育実習の通勤時の服装:私服

保育実習の通勤時の服装はスーツだけでなく、園によっては私服通勤というところもあるようです。スーツは男女ともにある程度型が決まっていますが、私服は自由度が高くなるためどのような服装をしていいのかスーツ以上に悩みますよね。


ここでは、保育実習のとき私服で通勤する場合の服装のポイントをくわしく紹介します。



ジャケット


ジャケットを羽織るだけでフォーマルな雰囲気になるため、保育実習で私服通勤というときはノーカラージャケットやテーラードジャケットなどを着用するといいかもしれません。


スカートやパンツにも合わせやすく、夏の時期には無地のTシャツにテーラードジャケットなどを合わせることで、園の職員や保護者などにきれいな印象を与えることにつながりそうですね。反対に冬の時期には、タートルニットやVネックニットにワイシャツを併せてジャケットを羽織ると、男女ともに清潔感のある仕上がりにまとまりそうです。


ジャケットの色はスーツと同様に、黒やグレー、ネイビー系など全体の服装のバランスを見ながら落ち着いた色を選ぶといいでしょう。



ブラウス・ポロシャツ


保育実習で通勤するときの私服はカジュアルすぎない格好が望ましいため、ジャケットを脱いでもフォーマルな雰囲気が出るように、襟がついているブラウスやポロシャツを着ていく方もいるかもしれません。


しかし、ブラウスのようにボタンが多くついている服は、何かの拍子にボタンが外れてしまうことも考えられるため、子どもが誤飲してしまわないように避けたほうがいいでしょう。同様の理由から、ビーズなどの装飾ついている服も控えたほうがよさそうです。


子どもたちの安全に配慮して、保育実習で私服通勤するにポロシャツを着るときも、ボタンがついていないものを選ぶといいかもしれませんね。



チノパン


保育実習で私服通勤するときの服装として、チノパンが挙げられるでしょう。 一般的な企業でもオフィスカジュアルで着られるパンツとして、男女ともにチノパンを着用する方は多いようです。


また、チノパンは、ジャケットやポロシャツなど組み合わせ次第でフォーマルな雰囲気にすることができ、ストレッチな素材を使用することで通勤時も快適に歩けるかもしれません。


ただし、チノパンにも種類があり、裾の広いチノパンはカジュアル寄りに見えてしまうことがあるため、ストレートで裾が細めのものを選ぶといいでしょう。ベージュのチノパンは比較的どんな色の服にも合わせやすいため、保育実習の私服通勤に活用できそうですね。



私服に合う靴


保育実習に私服で通勤するときは、基本的に全体のバランスが不自然でならなければスニーカーでもいいですし、スーツのようにビジネスシューズやパンプスを履くとのもいいかもしれません。ただし、外で子どもたちいっしょに遊ぶと靴が汚れてしまうことが考えられるため、通勤用とは別に履き替える用の運動靴を持っていくといいでしょう。


その際、赤や黄色といった目立つ色の靴や個性的なデザインの靴などは、派手な印象を与えてしまう可能性があるため、黒や紺などの落ち着いている色の靴にするとよさそうです。ヒールは低くても走っているときに転倒する恐れがあるので、ヒールのついていない靴にするといいかもしれません。


このように、保育実習や教育実習の通勤時の服装が私服であっても、色やデザイン、底の高さに注意することが大切といえるでしょう。


自分で判断がつかなかったときは、通勤時の服装について園に相談してみるのもいいかもしれませんね。



保育実習の通勤時の服装における注意点

保育実習で通勤するときの服装について説明しましたが、園の規定に反している服装をしてしまうと、園の職員や保護者などの印象にかかわってくるかもしれません。


保育実習の通勤時は、


  • 清潔感がない服装
  • 着替えに時間がかかる服装
  • 派手な色や露出が多い服装

などは避け、清潔感があって着替えやすく、周りからの印象を意識した服装にすることが大切といえそうです。
具体的に見ていきましょう。



清潔感のある服装を心がける


保育実習に臨む際は、清潔感を保つ、きれいめな印象を与える服装を心がけることが大切です。


たとえば、ジャケットやスーツの裾が長すぎる、白いワイシャツが汚れている、ズボンを腰で履いているなど清潔感がない服装やだらしない服装をしていると、初めて会う職員や保護者からの第一印象に影響を及ぼすかもしれません。


そのため、きちんと洗濯されていて、皺がない綺麗に整った服装で通勤することがポイントといえるでしょう。保育学生の服装は子どもたちにとっての見本にもなります。子どもたちとのかかわりの中でも清潔感のある服装を意識することが大切といえるでしょう。



着替えやすい服装を選ぶ


保育実習ではスーツや私服で通勤した後、園でジャージなどに着替えることがあるため、着替えの時間のかからない服装にするとよいでしょう。


好印象を与えるような服装だったとしても、着替えにくい服を着ていると時間がかかってしまいます。そのため、スカートやパンツでもフックを外せばすぐに脱げるもの、ボタンが少なくて脱ぎやすい服にしたほうがいいかもしれません。


着替えやすい服装のほうが通勤したあと簡単に着替えることができ、帰るときも素早く通勤時の服装に着替えることができそうですね。



園の職員や保護者からの印象を考える


保育実習の通勤時の服装は、派手な色やデザイン、肌の露出に注意することが大切といえるでしょう。


通勤時は、園に着くまでの間に他の職員や保護者などに会うことも考えられます。そのため、派手な色の服装や露出が多い服装を着ていると、園の職員や保護者など印象に影響が出るかもしれません。


また、季節問わず露出の少ない服装にすることも基本といえるでしょう。首回りがゆったりしている服や丈の短いスカートにしてしまうとは、しゃがみ込んだときやお辞儀をしたときなどに下着が見えてしまうかもしれないので、首元が広く開いていない服や適度な丈の長さの服装にするとよさそうです。


このように、保育実習で通勤するときは、派手な色味の服装や露出が多い服装は避け、清潔感があるか、着替えに時間がかからないか、色合いやデザイン、肌の露出が適切かどうかを確認して選ぶと、保育実習の通勤時にふさわしい服装になるかもしれませんね。



保育実習の通勤時の服装は園の規定を守り、清潔感のある服装を心がけよう

今回は、保育実習で通勤時に着る服装について、スーツと私服の場合をそれぞれ説明しました。


保育実習における通勤時の服装は、私服通勤というところもあれば、スーツで出勤することが望ましいなど、園によって規定はさまざまでしょう。


特に指定がなかったという場合でも、服装の色や全体のバランス、派手な印象にならないかなどをきちんと確認してから決めると、園の職員や保護者などから見ても清潔感のあるいい印象を与えられるかもしれませんね。