秋田県男鹿市の新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト【保育士就活バンク!】

秋田県男鹿市の保育士求人

平成17年に旧男鹿市と若美町が合併して現在の男鹿市が誕生しました。平成26年3月末時点で13,270世帯、30,632人が生活しています。産業面では、県内最大の漁場を有しているほかにヒラメ、アワビの放流、養殖事業を推進するとともに、農業面では稲作を中心にメロン・和なし・大豆等を生産しています。

秋田県の保育士給与情報

秋田県の保育士の平均年収は、298.3万円となっています。秋田県内の全職種と比較すると給与水準が高く専門職として働きやすいことなどから、秋田県の保育士は全国平均と比べても平均年齢が高く、勤続年数が長いのが特徴です。平成27年賃金構造基本統計調査によると保育士全国平均年収は323.3万円、平均月給21.9万円、平均年間賞与60.3万円と公表されています。全産業平均年収が489.2万円のため、保育士との差は165.9万円となります。

秋田県男鹿市の保育園について

男鹿市の幼稚園数は3園で、そのうち公立幼稚園は1園、私立幼稚園は2園で、園児数は86となっています。男鹿市の年齢別の園児数は、3歳児(24人)、4歳児(36人)、5歳児(26人)です。
該当する検索結果がありません

新着求人

秋田県男鹿市の特色

男鹿市は日本海に面した街で、東日本旅客鉄道の男鹿なまはげラインの愛称で知られる男鹿線が通ります。男鹿線は1,2時間に1本程度の本数がある路線で、市内には起終点である男鹿駅を含め4つの駅があります。駅から離れた郊外住民のために男鹿駅や羽立駅からは男鹿市コミュニティバスと秋田中央交通の路線バスが運行しています。また、男鹿駅から1キロ弱の場所には船川港があります。かつて石油産業が主要だった男鹿市では脇本駅から製油工場への専用路線が運行されていて、ここに船川港駅がありましたが石油産業が低迷すると輸送は道路へと変わり廃線となった歴史があります。

PICK UP