北海道北斗市の新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト【保育士就活バンク!】

北海道北斗市の保育士求人

漁港が多い立地を活かして漁業が長年産業の中心となっています。その他にも石灰山を保有しているためセメント産業も行われています。人口は緩やかですが増加しており2015年3月には47,763人を記録しました。全体的に女性の比率が高くなっています。

北海道の保育士給与情報

北海道の保育士の平均年収は、272.8万円となっています。北海道内では保育士不足が依然として課題になっており、離職防止を目的とした研修や資格取得を促進する政策に取り組みが行われています。今後も保育士の負担をできるだけ軽減し、働きやすい環境を整えるための整備が進められる予定です。平成27年賃金構造基本統計調査によると保育士全国平均年収は323.3万円、平均月給21.9万円、平均年間賞与60.3万円と公表されています。全産業平均年収が489.2万円のため、保育士との差は165.9万円となります。

北海道北斗市の保育園について

北斗市の幼稚園数は4園で、そのうち公立幼稚園は0園、私立幼稚園は4園で、園児数は526となっています。北斗市の年齢別の園児数は、3歳児(134人)、4歳児(182人)、5歳児(210人)です。
該当する検索結果がありません

新着求人

北海道北斗市の特色

北斗市内の主要路線はJR江差線で、かつては日本海沿岸の江差駅まで運転していました。しかし2014年5月に途中木古内駅から日本海側の江差駅までが廃止され現存の江差線は木古内駅から五稜郭駅まで(運行では函館本線函館駅まで乗り入れます)の区間となりました。江差線は津軽海峡線として親しまれていて市内には上磯駅や渡島当別駅等があります。いずれも津軽海峡の海岸線を走行します。一方で函館本線の渡島大野駅も北斗市の内陸側に存在し現在は普通列車のみ停車する駅ですが、2016年開業の北海道新幹線が開業すると同時に新函館北斗駅として始動、特急北斗号、スーパー北斗号も停車します。また鉄道から離れている北斗市の郊外には「北斗市南北市街地連絡バス」が運行されています。運行形態は2ルート制で「清川・文月方面」と「一本木・千代田方面」があり地元北斗市の委託を受け、函館バスが運行しています。

PICK UP