新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

就活バッグの持ち方。新卒保育士の面接で役立つ、入室時などシーン別のポイント

就活バッグの持ち方が分からず、悩む保育学生さんもいるでしょう。受付時や入室時など場面に合わせた方法を知り、採用担当者の前できれいな立ち振る舞いができたらよいですね。今回は、就活バッグの持ち方をシーン別にくわしく紹介します。あわせて、面接中の置き場所についても具体的にまとめました。

就活バッグを持つ女性

milatas/shutterstock.com



保育士就活バンク!に就職相談してみる



就活バッグの持ち方を知ろう!

就活を始めたばかりの保育学生さんは、日ごろビジネスバッグを使わないため持ち方に悩んでしまう場合もあるでしょう。

基本的に、男性は就活バッグを手に持ち、女性は肩にかけて歩くときれいに見えると言われています。


男性の場合はショルダーベルトがついているものもありますが、バッグを肩にかけたままでいると、だらしない印象になってしまうかもしれません。

そのため、園に到着する前にはショルダーベルトを肩から外し、バッグの中にしまってから入るとよさそうです。


このコラムでは、就活の場面別にバッグ持ち方をくわしく紹介します。きれいな所作を身につけ、採用担当者にポジティブなイメージを与えましょう。



就活バッグの持ち方:受付~面接まで

まずは、受付から面接までの就活バッグの持ち方を紹介します。



受付


受付に園のスタッフがいるときは、男女ともにバッグを片手で持ったまま挨拶や自己紹介をするとよいかもしれません。

一方、受付に人がおらず、両手を使って電話をかけたり受付表を書いたりする必要があるときは、バッグを床に置くように心がけましょう。


基本的にバッグの底は汚れていることが多いため、近くの棚の上などに置いてしまうとマナー違反になるため注意が必要です。



待機中


会場や廊下の椅子などで待機するときは、バッグを抱えて座ると不格好になってしまうでしょう。


椅子の脇など邪魔にならない場所に置き、姿勢を正して待つことが大切です。



入室


入室をするときは利き手と反対の手でバッグを持ち、利き手でノックをしてからドアを開けるようにしましょう。


入室後はバッグを利き手に持ち替え、採用担当者に背中を向けないように、利き手と反対の手でドアを閉めたほうがよさそうです。



お辞儀をするとき


入室後にお辞儀をするときは男性はそのままでよいようですが、女性は肩にかけたまま礼を行うとバッグがずり落ちてしまうかもしれません。


もしファスナーが開いたままであると中身が出てしまうことも考えられるため、女性の場合は両手で持った状態でお辞儀をするのがベストでしょう。



就活バッグの持ち方:面接中

待機中の保育学生

Spica_pic/shutterstock.com


続いて、面接中の就活バッグの持ち方や置き方を具体的にまとめました。



バッグを置く場所がない場合


片手でバッグを持ったままイスの横まで移動して、自己紹介を行います。


採用担当者から着席を促された後に「失礼します」と言ってから、立ったまま椅子の横にバッグを置きましょう。



バッグを置く場所がある場合


園によっては、バッグを置くための椅子や机を用意してくれていることがあるようです。


採用担当者から指示をされた後に、「ありがとうございます、置かせていただきます」とお礼を伝えてから置くようにしましょう。



保育士就活バンク!に就職相談してみる



就活バッグの持ち方:面接後

最後は、面接後の就活バッグの持ち方を紹介します。



退室


採用担当者が「面接は以上です」と言ったら返事を行い、立ち上がると同時にバッグを持ち上げましょう。


「本日はお忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございました」とお礼を伝えた後、男性はバッグを片手で持ったまま、女性は両手で持ったままお辞儀をするとよさそうです。

その後ドアの前まで歩いていき、採用担当者に向かって「失礼いたします」と言ってから、利き手とは反対の手でバッグを持ちましょう。


ドアを利き手で開けてから採用担当者に向き直り、黙礼をしてから静かに閉めるとよいかもしれませんね。



終了


受付にスタッフがいないときは、そのまま園から出てしまって構わないでしょう。保育士さんや園児とすれ違ったときは、明るく挨拶できるとよさそうです。


また、受付にスタッフがいる場合は、男性は手に提げたまま、女性は肩からかけたまましっかりお辞儀をできるとよいかもしれませんね。



就活バッグの持ち方を理解し、保育士の面接で好印象を与えよう

就活バッグを持って携帯をさわる女性

maroke/shutterstock.com


今回は、新卒保育士の面接で役立つ就活バッグの持ち方を紹介しました。


就活バッグを持つ際は、男性の場合は手で持ち、女性の場合は肩にかけることが基本と言われているようです。

男性は園に到着するまではショルダーベルトを使って肩から提げてもよいですが、建物に入る前には中にしまっておきましょう。


また、女性はお辞儀をするときにバッグが肩からずり落ちないように、両手で持ったまま礼を行えるとよさそうです。

就活バッグの持ち方を理解し、採用担当者に好印象を与えられるとよいですね。


保育士就活バンク!は、保育学生さんの就活をサポートする就活支援サービスです。

就活バッグの持ち方や身だしなみなど、就活に関する基本的なことからアドバイザーが親身にアドバイスさせていただきます。


一人で行う就活に不安があったり、自分に合った求人が見つからなかったりする方はぜひ保育士就活バンク!に登録してみてくださいね!


関連記事:【保育学生必見!】就活バッグの選び方。色や形などのマナーやNGポイントを解説/保育士就活バンク!

これから就活をはじめる方はこちら 就活ガイド 保育士就活バンク!に就職相談してみる