新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育実習後に送るお礼状。封筒の宛名の書き方や便箋の折り方、入れ方など

保育実習後にお世話になった園や先生方へ送る「お礼状」。お礼状の内容だけでなく封筒の表書き(住所や宛名)や肩書の書き方など、封筒や便箋のマナーについて悩む方もいるでしょう。手渡し、郵送ともに心を込めて書いたことがしっかりと伝わるように、お礼状の封筒や便箋の書き方や選び方ついてくわしく紹介します。

封筒の写真

pu_kibun/shutterstock.com



保育実習後に送るお礼状とは

保育実習後、お世話になった園にお礼状を送る方は多いのではないでしょうか。
お礼状は保育実習で自分を受け入れたことへの感謝を伝えるものです。ほかにも園で学んだことやこの園で働きたいという思いを伝えることもあるでしょう。


その際、お礼状を受け取った人が一番最初に目にするは封筒、そして宛名です。お礼状で使用する封筒や便箋には書き方のマナーがあるため、事前にきちんと理解をすることでスムーズに書き始めることができるでしょう。


今回は、お礼状を入れる封筒の書き方や便箋の折り方や入れ方について紹介します。



お礼状で使用する便箋や封筒の準備と選び方

お礼状で使用する便箋や封筒は、園長先生や担当してくださった方に送るものですので、失礼がないようにマナーに則ったものを選ぶことが大切になります。
お礼状を書くために準備するものと選び方を説明します。



お礼状で準備するもの


以下が、お礼状を送るときに準備するリストになります。


  • 封筒(和封筒、白無地)
  • 便箋(縦書き、白無地、罫線入り)
  • 筆記具(ベストは万年筆)

保育実習後にお礼状をすぐ書けるよう、あらかじめ上記で挙げたものを準備しておくといいでしょう。



お礼状で必要になる道具の選び方


お礼状では封筒や便箋、切手などが必要になりますが、それぞれ相応しいものを選ぶようにしましょう。
お礼状で必要になる道具の選び方について具体的に紹介します。


便箋は縦書きの白

一般的に日本の手紙のマナーでは、横書きのものはカジュアルな印象を与え、縦書きは改まった印象を与えるといわれています。そのため、お礼状の場合は縦書きで書くことになるでしょう。


便箋のサイズはB5が標準的な大きさのようです。
イラスト入りやカラーの便箋はラフな印象に受け取られるため、お礼状など改まった手紙の場合は無地の白で送るのがマナーといえそうです。


万年筆を使用する場合はお礼状を書いたときに字が滲んでしまうことがあるため、滲みにくい紙質のものを選ぶと書きやすいかもしれません。


封筒

お礼状の封筒は、白い無地の「和封筒」(縦長の封筒)が一般的です。 同じ無地でも事務用の茶封筒は失礼にあたるので避けましょう。


封筒のサイズは便箋の大きさに合わせて、便箋がB5であれば長形4号(定形)が適しています。郵便番号の枠が書いてあるものを使用してもマナー的には問題ないようです。


郵便番号の数字の位置が上下にずれてしまうと、受取人に雑な印象を与えてしまう可能性があるので、不安な方は枠があるものを使用するといいでしょう。


筆記用具

お礼状では黒いボールペンや万年筆を用意して、手書きで書きます。こすると消えるペンなどは避けましょう。


パソコンで印刷した手紙も現在では一般的になっていますが、手書きには温かみがあるので、感謝の気持ちがより伝わりやすいかもしれません。


また、お礼状を書くときは修正液を使わず、下書きをして文章をまとめてから、改めてペンで清書をしましょう。下書きはインクがしっかり乾いてから、綺麗に消しゴムで消します。お礼状の字はできるだけ丁寧に記載することを心がけましょう。


切手

切手は封筒サイズや重さによって料金が異なるため、金額には注意が必要です。自宅にあったとしても、消費税の改定などで料金が変更している場合もあるので確認しておくと確実でしょう。


また、切手の料金が不足していると、受取人に届く前に差出人に返送されたり、受取人に届いても不足額を支払ってもらうなどのケースもあるようです。


お礼状の配達が遅れるだけでなく、園側に迷惑をかけてしまうかもしれません。切手の料金が心配な方は、郵便局で確認した上で発送しましょう。



お礼状の封筒の書き方

お礼状は便箋に書かれた内容も大切ですが、封筒は受け取った方が最初に目にするものです。宛名などが雑に書かれていると、本文を読む前に印象を左右するかもしれないので、封筒の表や裏の字も丁寧に書くようにしましょう。


お礼状を入れる封筒の書き方を表と裏ごとに説明します。



保育実習のお礼状を出すために必要になる「宛名」


封筒の表に書く宛名は、お世話になった実習先の園の代表であり、実習を受け入れてくれた「園長先生」にすることが多いようです。


実習の間、1番お世話になった担当の先生に感謝の気持ちを伝えたい場合は、お礼状本文の内容で触れるか、実習担当の先生宛にお礼状をもう1通書くようにしましょう。



【封筒の表】受取人の住所・肩書・宛名の書き方


郵便番号の右端にある数字の下あたりから


  • 園の住所
  • 園の名前
  • 肩書(園長) 園長先生の名前

の順に縦書きで記入します。



郵便番号


封筒の郵便番号欄は表面・裏面共に必ず記載しましょう。


園の郵便番号がわからなかった場合は、園の住所から検索して調べることができますので、きちんと書いてから送ることが大切です。



園の住所


お世話になった園の住所ですので、都道府県や丁番地は略さず記入します。縦書きなので、住所の番地は漢数字で書き、住所が長い場合は1行に詰め込むのではなく2列に分けて書くといいでしょう。


※例 「東京都渋谷区恵比寿四丁目九番地一号
         〇〇〇〇〇マンション一階」



園の名前


園の正式名称を隣の住所と同じ高さで書きます。公立の保育園の場合は「〇〇市立」「〇〇区立」から書きましょう。


※例 「渋谷区立〇〇保育園」



受取人の肩書と名前


受取人である園長先生や担当してくださった先生の名前は住所より下の位置で、肩書・フルネームの順で書きます。肩書と名前は住所より、少し大きめで書きましょう。


お礼状きは郵送のことが多いかもしれませんが、場合によっては手渡しで渡すこともあるでしょう。手渡しの場合は園の住所や郵便番号は省略し、園の名前と受取人の名前だけ記載するのが形が一般的なようです。


受取人の名前の敬称は「様」または「先生」のどちらでも大丈夫ですが、園長様や先生様と書いてしまうと二重敬語になってしまうため気を付けましょう。


※例 「園長 〇〇〇〇 様」、もしくは「〇〇〇〇 先生」



【封筒の裏】差出人の住所・在籍学校・名前の書き方


封筒の裏側には、誰からお礼状が送られてきたのか一目でわかるように、自分の情報を記載します。以下が封筒の裏に書く項目です。


  • 郵便番号
  • 自分の住所
  • 自分の在籍学校
  • 自分の名前


差出人(自分)の住所


表書きと同じく、都道府県から丁番地まできちんと略さずに書きましょう。マンション名など1列で収まらない場合は、丁番地まで書いてから左横に書きます。



差出人(自分)の在籍学校名・学科


学校名だけでなく、学科まで記載すると丁寧な印象になるようです。また同じ学校から実習生が複数お世話になった場合でも、覚えやすいかもしれません。



差出人(自分)の名前


自分の名前ですので、様はつけずに氏名と名前を書きます。ただし、差出人の封筒の書き方などは、学校で指導される場合もあるため、確認しながら書くとよいでしょう。


保育実習後に送るお礼状の書き方については、以下の記事で詳しく説明しています。


関連記事:「保育実習後のお礼状 いつまでにどう書く?例文と書き方【保育学生の実習ガイド】/就活バンク」



お礼状を書いた便箋の折り方や入れ方

便箋の写真

Early Spring/shutterstock.com


便箋は和封筒と洋封筒の場合では、便箋の折り方と封筒に入れる向きが違います。今回は和封筒の場合の、正しい便箋の折り方と入れる向きをしっかり確認しましょう。



便箋の折り方


お礼状では便箋を三つ折りするのがマナーのようです。まずはお礼状の書き出しが上にくるように便箋を置き、三等分にしたときの目安をつけます。一番下を三分の一のところで折り上げ、次に一番上を重ねるように折り下げれば完成です。


折った部分が斜めにならないように気を付けましょう。上手く折れるか不安の方は鉛筆で印をつけたり、サイズが同じ紙を使って練習したりするといいかもしれません。



便箋の入れ方


便箋を封筒に入れる向きは、封筒の裏から見てお礼状の書き出しが右上にくるように入れます。右上にするのは書き出しがすぐに見えるようにするための配慮です。



お礼状を入れた封筒の閉じ方

お礼状と封筒の宛名が書き終わったら、三つ折りにした便箋を入れて閉じることになります。お礼状の場合はただ封筒を閉じればいいというわけではなく、閉じ方にも決まりがあります。


最後に失敗しないように、封筒の閉じ方について具体的に説明します。



のりで閉じる


お礼状の中身を再度確認してから、封筒を閉じると安心して送れそうです。水のりは封筒がふやけることもあるので、スティックのりか両面テープで閉じるといいかもしれません。セロテープは横着な印象を与える可能性があるので、使用しないようにしましょう。



封字の「〆」を書く


封筒をのりづけしたら、真ん中あたりに「〆」「封」などの封字(封をした印)を書きましょう。〆や封を書くことで、しっかりと封をしたという証にもなるようです。


※「〆」は「×」ではありませんので書き方に気をつけてくださいね。



お礼状を送る際の注意点

お礼状を書き終わったら、あとはポストに投函したり、郵便局に持って行ったりするだけですが、お礼状を送る際に注意すべきことがあります。


お礼状が問題なく受取人に届くように送るときの注意点を紹介します。



お礼状を送るタイミングは早いほどいい


お礼状を送るタイミングは、早ければ早いほど感謝の気持ちや思いがつたわるものとされています。そのため、保育実習の最終日か、最終日から1~3日以内に発送する位のタイミングが理想ですが、一般的なマナーとしては保育実習の最終日から1週間以内に届くよう出すのが目安といえるでしょう。


お礼状の作成と送付は、保育実習が終わったあと、園への思いや記憶が鮮明なうちに書くと、書きやすくなるかもしれません。



保育実習後すぐにお礼状を送れるように準備する


あらかじめ実習中や実習前に下書きを準備をしておき、実習での感想や具体的なエピソードを添えればすぐに投函できるようにしておくとスムーズにできそうです。


また下書きを用意することで、実習中の経験の中からお礼状に記載するためのエピソードを意識して、拾いやすくなるというメリットもあります。実習記録には、実習中の学びが詰まっているので、実習記録を見返しながら園に対する感謝の気持ちを込めて書くといいかもしれませんね。


お礼状の内容は形式的なものではなく、園での具体的な出来事を入れながら書くと好印象につながるでしょう。



お礼状を送るのが遅れてしまった場合


万が一、お礼状を送るのが遅くなってしまった場合でも、感謝の気持ちを伝えるものですので出したほうがいいとされています。その際、お礼状で遅延に対するお詫びの文章を書き、しっかり謝罪するといいでしょう。



お礼状に菓子折りは必要?


保育実習で受け入れた園に就職される方が多いこともあり、お礼状に「菓子折り」など添えたほうがよいのではないか、と考える保育学生さんもいるようです。しかし、学生のうちはあまりお金をかけて御礼をせずとも、失礼には当たらないでしょう。



保育実習のお礼状は封筒や便箋までしっかり気を配ろう

今回は保育実習後に送るお礼状について、封筒や便箋の選び方や書き方、お礼状を出すときの注意点などについて説明しました。


保育実習後のお礼状は、実践的に保育を学ぶ場を用意してくれたことに関して、保育園や幼稚園の方々に感謝の気持ちを伝えるだけでなく、社会人としてのマナーや礼儀を身につけるための予行演習でもあります。


お礼状のマナーを知っておくことは、保育士として、そして一人の社会人として大切なことといえるでしょう。お礼状の封筒や便箋の使い方をしっかり身に着けて、お世話になった園に感謝の気持ちが伝わるといいですね。