保育実習の手作り名札。大きさやデザインの注意点や簡単な作り方 | 新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト【保育士就活バンク!】

保育実習の手作り名札。大きさやデザインの注意点や簡単な作り方

保育士になるための保育実習で必要な名札は、子どもたちに早く顔と名前を覚えてもらって仲良くなるための大事なコミュニケーションツールです。フェルトなど身近な材料を使ってすぐに作れる簡単な作り方や、大きさやデザインで注意する点、実習先の保育園に確認をとっておくポイントなどをまとめました。

保育実習の手作り名札大きさやデザインの注意点や簡単な作り方 Andreja Donko/shutterstock.com

保育実習で名札をつけるねらい

保育実習では、名札を手作りすることが多いようです。どうして保育園で名札が必要なのか、保育士は手作り名札を作る際にどのような部分を重視しているのか、理由やねらいを知っておきましょう。


子どもたちに名前と顔を覚えてもらう

保育園や幼稚園での名札は、初めて会う子どもたちとの会話のきっかけづくりに役立つ名刺のようなコミュニケーションツールです。
先生の顔・名前を覚えてもらうと、子どもから話しかけてもらいやすくなります。 そのため、名札は子どもの興味をひくように、子どもたちに人気がある、かわいい動物や、自分の特徴を表したモチーフなどでデザインしましょう。
例えばももこ先生だったら桃の形にしたり、カエルモチーフの名札で「かえるが大好き」と自己紹介するなど、アイデアはさまざまです。
また、名札があることで保護者にとっても実習生の名前を覚えやすく話しかけやすいので、スムーズなコミュニケーションを後押ししてくれます。


子どもたちの安全に配慮した名札作り

子どもと接する機会が常にある保育の仕事では、子どもの安全面に配慮した身だしなみが求められます。そのため、名札も子どもの安全面を配慮したものが求められます。子どもが触ったりし、万が一舐めたり口に入ってしまっても安全なものであるかどうかや、ひっぱっても身体を傷つけないものである必要があるでしょう。


保育実習用名札を手作りする前に確認するポイント

実習先の園の保育方針によって、子どもの安全面などを配慮して、名札の付け方やデザインに決まりや指定がある場合があります。そのため、製作に入る前にいくつかのポイントを、事前説明会などの時に、園側に確認を取りましょう。
保育実習の場合は「どのような考え方で名札を作るか」が課題になることもあるので、その際には「子どものことを考えて作った」のか根拠や配慮がわかるよう、担当保育士に理由を説明できるように、事前に備えておきましょう。


名札のデザイン

名前

名前はフルネームで表記するのか、姓と名前のどちらかだけで表記するのか確認を取りましょう。一般的にはひらがなで名前を表記しますが、漢字教育を取り入れている園では漢字で名札の名前を表記することもありますので、ひらがな、漢字表記についても併せて確認するとよいかもしれません。


受け持つ子どもの年齢

実習で受け持つ子どもの年齢によって、興味をひく絵柄やキャラクターは変わります。子どもの年齢に合わせ、興味を持ってもらったり話題になりそうなデザインを考えましょう。まだ誤飲の危険性のある年齢の子どもを受け持つ際には、ビーズやボタンなど危険が考えられるものでの装飾は避けましょう。


キャラクターデザインは使用可能か

子どもがすぐに興味を持ってくれるアニメや絵本のキャラクター。しかし園の保育方針で、キャラクターの図案などは使用を禁じていることもあります。デザインを考える前に使用可能か確認を取りましょう。OKであれば、子どもの年齢で興味のあるキャラクターは異なるので、配属クラスの年齢に合わせて反映させて工夫するのもいいですね。


名札の参考例や画像

名札のデザインやアイデアを考える際に、参考になるのがWEB上のさまざまなサイトです。またSNSのハッシュタグ検索などを活用している実習生も多いようです。オリジナリティのある名札を作るためのアイデアを見つけましょう。


名札の大きさや材料

名札の大きさ

子どもも保護者もすぐに名前が分かるよう、握りこぶし大から手のひらサイズの、大き目で作ることが多いようです。


名札の材料

名札の材料となるものは、子どもたちの体を傷つけない配慮があるもの、子どもが触れたり舐めてしまっても安全なもの、汚れても洗濯できるもの、動いた時に邪魔にならない柔らかいものなどの配慮が必要です。


名札の付け方

安全ピン

安全ピンはとめる金具の先がとがっているため、子どもへの安全面の配慮から使用を避ける園もあるようです。事前に名札をどのようにとめるのかの確認も、園側にとったほうがいいでしょう。
安全ピン使用OKの園もありますが、安全ピンの金具の上からフェルトで覆って縫い付けたりするひと手間を加えている保育士も多いです。安全ピンを使用していい園でも、付け方の確認が必要です。


安全ピン以外の付け方

安全ピンを使わないで名札をエプロンに着ける方法はさまざまな方法があります。 例えば
・エプロンに名札を直接縫い付ける。
・接着型ワッペンで直接エプロンにつける。
・スナップボタンをエプロンと名札にそれぞれつけてとめる。
・マジックテープを名札とエプロンにつけて着脱できるようにする。
・名札にリボンを縫い付けて、リボンでエプロンの肩ひもに結わえつける。
などの方法があります。


エプロンに付ける位置

一般的に名札は、分かりやすい左胸につけます。しかし園によっては、子どもの目線の位置に合わせて左ポケットに着けたり、首から名札を下げる場合もあり、方針はさまざまです。園の方針に従いましょう。


保育実習用の名札を手作りするための材料や道具

名札の型紙

名札の型紙は自分で絵をかいて起こすこともできます。ですが、自分でかわいいデザインが思い浮かばずに悩んでいる人には、現在では型紙のテンプレートをダウンロードできるサービスや、簡単に手作りできる名札のキッド(通販や100均で購入可能)などもありますので、探してみましょう。


名札に必要な材料

保育実習や保育士の名札の材料で、フェルトはとてもよく選ばれます。
ウールを薄く板状に圧縮しているために、布の中でも強度があり洗濯もちがよく、しわになりにくい素材です。万が一保育中に子どもが触れても、健康安全面に心配が少ない素材と言えるでしょう。
また、フェルト生地はさまざまな種類があり、羊毛フェルトなどはもこもこした立体感を出し、名札に可愛らしさなどの個性を出すこともできます。


名札の主な材料

・フェルト
・刺繍糸
・エプロンに付けるための金具やひも
・手芸用接着剤


名札を作るための道具

・裁縫道具(はさみ・針など)
・チャコペン
・アイロン


デザインであるといいもの

・ボタン
・リボン
・接着テープ
・補強用のシート など


フェルトを使った名札の簡単な作り方 OnlyZoia/shutterstock.com

フェルトを使った名札の簡単な作り方

保育実習だけでなく、保育士になってからも必要になる、フェルトを使った名札の簡単な作り方を2種類ご紹介します。針と糸を使った手芸が苦手な方でも作れる、針と糸を一切使わない名札の作り方もありますよ。


針や糸を使わない手作り名札の作り方

アイロンの熱で接着できる「アイロン接着フェルト」を使います。針で縫う作業がないため、短時間で簡単に名札が作れます。


材料

・アイロン接着フェルト ・切り文字フェルト
・チャコペン
・ハサミ
・アイロン
・アイロン接着マジックテープ


作り方

(1)型紙をパーツごとにカットします。
(2)型紙を、部位で使うそれぞれの色のフェルトに乗せ、チャコペンでなぞって型を移します。
(3)なぞったところをハサミでカットしてパーツを作ります。土台になるパーツは同じものを2枚作って重ね、名札がペラペラしないようにします。
(4)アイロンでフェルトを接着していきます。一気に上からアイロンをかけるより、パーツごとに1枚1枚つっくけていく方ができあがりが綺麗です。
(5)はみ出た部分をハサミで整えます。
(6)名札の裏側とエプロンの名札をつける位置に、それぞれマジックテープをアイロンで接着します。


名札製作のポイント

・凝ったデザインは使っているうちにパーツが剥がれてしまうことも。シンプルなデザインで作りましょう。
・土台は2枚重ねず、直接エプロンに接着してしまう方法もあります。


針と糸を使う手作り名札の作り方

針と糸でしっかり縫うことで、子どもに触られても洗濯しても問題ないしっかりした名札を作ることができます。ボタンやリボンをつけたり、ステッチを工夫して、手作りのかわいらしさを楽しむこともできますよ。


材料

・型紙
・フェルト
・刺繍糸
・補強用のシート(クリアファイルや厚紙など)
・アイロン接着テープ


作り方

(1)絵柄のデザインに沿って、それぞれのパーツの型紙を起こします。
(2)型紙を切り抜き、それぞれ使うフェルトにおいて、チャコペンで型を写します。
(3)チャコペンに沿って、フェルトを裁断しましょう。
(4)土台となるフェルトにアイロンの熱で布を接着できる市販の接着テープで貼って、その上に中身のパーツを配置してアイロンで固定します。強度をあげるためにあらためて周囲を刺繍糸でステッチして縫い合わせましょう。
(5)名札の裏面に、フェルトがペラペラしないよう芯になるものを充てます。
(6)芯の部分が見えないように、裏地となるフェルトで覆い、接着テープで本体・芯・裏地を貼り合わせます。強度が足りないと感じる場合は、刺しゅう糸を使って縫い合わせましょう。縫い方はブランケットステッチがおすすめです。


ポイント

・安全ピンなどを使用していい場合は、名札の裏面と表面を合わせたときに、間にリボンを二つ折りにしたものを挟んで一度接着した上から縫い合わせ、安全ピンを入れる部分を作ります。
・芯の素材は洗濯しても問題ないクリアファイルなどがおすすめです。


保育実習の名札を手作りすることで学べるさまざまなこと

保育実習期間にはさまざまなことを実践的に学ぶことができますが、フェルトの名札を手作りすることからも、保育についての考え方や子どもとの接し方が、よりリアルに感じて学ぶことができるでしょう。子どもと楽しいふれ合いができるよう、名札を楽しんで手作りしてくださいね。