新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育学生が行う部分実習。指導案の書き方のポイントや、製作遊びの例と見本

保育実習で行う部分実習について気になっている保育学生さんもいるのではないでしょうか。指導案を作成するときに、3歳児や4歳児、5歳児など年齢ごとのねらいの例や書き方の見本などがあると助かりますよね。今回は、製作遊びやゲームなどの部分実習に取り入れやすい活動や、指導案作成のポイントを紹介します。


保育園の先生と子ども

polkadot_photo/shutterstock.com



部分実習とは

保育学生さんが行う保育実習には責任実習や部分実習があり、それぞれにおいて活動内容を考えたり指導案を書いたりすることになるでしょう。


部分実習は1日の保育のなかの朝の会や帰りの会といった一部分だけを、保育学生さんの指導の元で保育を行うものです。一方、責任実習は一日の保育全てを保育学生さんが行うもので、担当するクラスの担任として責任のある実習となります。


責任実習に対する自信をつけるためにも、部分実習を数多く経験しておくとよいかもしれませんね。



部分実習に取り入れやすい活動

保育学生さんが部分実習に取り入れやすい活動として、どのようなことが考えられるのでしょう。主活動のなかから3つ紹介します。



製作遊び


お絵かきや工作などの製作遊びは、どの年齢の子どもたちにも人気の活動のようです。 製作遊びの例としては、以下のようなものが挙げられます。


  • スタンプ遊び
  • はじき絵
  • 貼り絵遊び
  • 楽器作り
  • 新聞紙の洋服作り
  • 折り紙

製作遊びに使う材料の収集では子どもの家庭に協力してもらうこともあるため、早めにねらいや活動内容を考えて指導案を作成し、担当保育士の方に相談するとよいかもしれません。その際、保育学生さんが実際に見本を製作してみることも大切です。


3歳児や4歳児、5歳児などクラスによってできることに違いがあるので、部分保育に製作遊びを取り入れるときは、子どもたちの年齢にあう内容を選びましょう。



ゲーム


友だちといっしょに行うゲームを部分実習に取り入れると、ルールを理解して楽しむことや協調性を養うことなどをねらいに設定しやすくなるかもしれません。
保育学生さんが指導するゲームの例としては、以下などが考えられそうです。


  • フルーツバスケット
  • しっぽ取りゲーム
  • イス取りゲーム
  • だるまさんがころんだ
  • 転がしドッジ

フルーツバスケットのようなゲームは、子どもの年齢にあわせてルールをアレンジすることも必要になるので、活動に取り入れる場合は子どもたちの様子をしっかり観察したり担当保育士さんに相談したりしましょう。


子どもたちがゲームに夢中になったときにトラブルが起きることも想定し、対応の仕方を考えておくことも大切です。



絵本の読み聞かせ


保育活動でよく行われる絵本の読み聞かせも、保育学生さんが行う主活動の部分実習として取り入れやすそうです。絵本の読み聞かせをする場合は、どのようなねらいで行うかを考えて絵本を選び、子どもたちの顔を見ながら読み聞かせられるように練習をしておくとよいでしょう。


子どもに絵本に対する興味をもってもらうために、導入の仕方を工夫することも大切です。例えば遠足のお話の読み聞かせをするときには、お弁当箱や水筒などの遠足のアイテムを活用するといった導入にすると、子どもたちが集中して聞いてくれるかもしれませんね。



部分実習における指導案のポイント

紙に何かを書いている様子

Mangostar/shutterstock.com

部分実習を行うときにも指導案を作成することになります。部分実習における指導案のポイントをまとめました。



ねらいを明確にする


朝の会や帰りの会といった短時間の活動の指導を行う場合も、製作やゲームなどの主活動の指導を行う場合も、ねらいを明確にすることが大切です。ねらいを設定するときには、以下のようなことを考えて決めましょう。


  • 子どもの生活に即した体験ができるか
  • 子どもの発達や興味に即しているか
  • 活動を通して何を育てたいか
  • どのような力が身につきそうか

ねらいが明確になっていると目指す子どもの姿がはっきりするため、自信を持って子どもへの対応ができるかもしれません。



環境構成を詳しく書く


部分実習の指導案には、保育活動を行う場所やイスの並べ方、必要な材料や道具などの環境構成を詳しく記載することを心がけましょう。わかっていることまで書いておくことで、部分実習で緊張したときにも落ち着いて行動できるようです。


環境構成では安全面に関する配慮を記載することも大切です。子どもたちの動きを想定して、部屋の環境や道具の使い方などの環境、発達に応じた環境などを考え、担当保育士の方にも相談してみましょう。



予想される子どもの姿を考えて書く


部分実習の指導案には、それぞれの活動の中で予想される子どもの姿を書いておくことも大切です。保育学生さんの言葉や行動に子どもたちがどのように反応するかを考え、さらにその子どもの動きに対する保育学生さんの言動までを考えて書くと、部分実習でのさまざまなできごとに落ち着いて対応できるかもしれません。指導案の枠内に書き切れない場合は、ノートなどに覚書として記載するとよいでしょう。



実習園の方針に沿って書く


部分実習の指導案を書くときには、実習園の指導方針に沿って書くことが大切です。普段の保育活動も園の目標や願いを元に設定されているので、子どもたちに対して一貫した指導を行うためにも、園の方針に沿った指導案を作成するようにしましょう。



部分実習の指導案の見本

部分実習の指導案は実習園によって書き方に違いがあるようです。ここでは指導案の一例としての見本を紹介します。


部分実習の指導案の見本

部分実習の指導案作成では、見本のように子どもの姿と保育者の配慮を詳しく書く場合や、環境構成を詳細に記載する場合などがあるようです。子どもの姿と配慮の仕方が対応するように書き方を工夫すると、担当保育士の方も保育学生さん自身も見やすい指導案になるかもしれません。



部分実習を行うときに意識すること

保育学生さんが部分実習を行うときには、どのようなことを意識するとよいのでしょう。大切なことを2つ紹介します。



担当保育士の方に相談する


朝の会のような短時間の部分実習を行うときにも、担当保育士の方に活動内容やねらいについて相談するようにしましょう。部分実習の日程が決まったら、できるだけ早く内容を考えて指導案の原案を提示して相談すると、的確なアドバイスをもらえるかもしれません。また、子どもたちの名前の呼び方や友だち関係、配慮すること、普段行なっている活動でのルールなどの細かいことまでしっかり確認しておくと安心です。



実習後の振り返りを丁寧に行う


部分実習が終わったら、子どもの様子や保育学生さんの対応の仕方などを振り返り、反省点を記録しておきましょう。計画したことや予想したことと実際の活動との違いを分析し、次の部分実習に活かすという繰り返しが、保育学生さんの自信や力になるようです。部分実習の振り返りを丁寧に行なって、責任実習の成功につなげられるとよいですね。



ねらいや活動内容をしっかり考えて部分実習を行おう

今回は、保育実習で行う部分実習について紹介しました。


部分実習は一日の活動の一部を保育学生さんが責任をもって指導する実習です。部分実習に取り入れる活動としては、子どもたちが喜んで取り組める製作遊びやゲームなどがよいかもしれません。部分実習を行う際も責任実習と同様に指導案を作成することになるので、書き方の見本や例を参考にするとよいでしょう。


3歳児クラスや4歳児クラス、5歳児クラスなど、担当する子どもにあわせてねらいを設定し、活動内容もしっかり考えて部分実習を行なってみてくださいね。