新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育活動で新聞遊びをしよう。実習や入職後に役立つねらいや製作、ゲームのアイデア

新聞紙は、丸めたり破いたりと扱いやすいため、保育活動の中で製作やゲームに活かせる素材の一つです。新聞遊びを実習などで取り入れたいとき、ねらいや遊び方を知りたい保育学生さんもいるかもしれません。今回は、新聞遊びの特徴やポイント、1歳児・3歳児などクラスごと楽しめるゲームアイデアなどを紹介します。

新聞を読む子ども

KPG_Payless/shutterstock.com




保育での新聞遊びとは

新聞紙は、柔らかく簡単にさまざまな形へと変化させられるため、3歳児・4歳児・5歳児の幼児クラスではもちろん、0歳児・1歳児・2歳児の乳児クラスでも楽しく安全に遊ぶことができる素材です。


保育園や各家庭での収集もしやすく、保育活動にも簡単に取り入れられるので、室内遊びで多く扱われるアイテムの一つでしょう。


雨天時や寒い日など、室内でも身体を動かしたり自由に製作を楽しんだりしたいとき、新聞紙があればさまざまな遊びに発展させられるかもしれません。



新聞遊びのねらい

では、新聞遊びには、どういったねらいがあるのでしょうか。



乳児クラスにおけるねらい


乳児クラスにおける新聞遊びのねらいとして、以下のようなことが挙げられます。


  • 新聞紙をちぎったり、丸めたりすることで手や指先を使って自由に遊ぶ
  • 感触や形の変化の違いを楽しむ
  • さまざまな形に変化させることで、想像力を養う

このようなねらいをもとに、乳児クラスの子どもたちには、新聞紙を破ったりグシャグシャにして音を出したりと、好きなように遊べるよう援助しましょう。まだ自分で扱うのが難しい子どもには、保育士さんが丸めたり破いたりするのを見せることでもその音や変化を楽しむことができるかもしれません。


新聞紙の感触を五感で楽しみながら、手指の運動を促せるとよいですね。



幼児クラスにおけるねらい


幼児クラスにおけるねらいとしては、以下のようなことがいえるでしょう。


  • 新聞紙を使った見立て遊びを通して、想像力を高める
  • イメージするものを手指を使って製作する
  • 新聞紙を使ったゲームを通して、保育者や友だちとのコミュニケーションを楽しむ

このように、1歳児や2歳児の乳児クラスのように手や指先を動かして楽しむだけでなく、新聞紙の形から別のものに見立てる発想力を育むなどのねらいがあります。


また新聞紙を使ってのゲームも楽しむことで、いろいろな使い方ができることを知り、子どもたちの視野や想像力を広げるきっかけとなるような援助ができるとよいでしょう。



新聞遊びをするときのポイント

では、実際に新聞遊びをするときにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。新聞遊びをするときのポイントを見ていきましょう。



子どもが口に入れないよう注意する


乳児クラスにおいては、子どもが手に取った新聞紙を口に入れてしまうことがあるかもしれません。新聞紙は唾液で簡単に溶けてしまうので、保育士さんの目が届かないところで口に入れてしまっても気づかないことも考えられるでしょう。


0歳児の子どもには、保育士さんが見せて遊ぶだけにするなど、直接触れないよう配慮するとよさそうです。1歳児、2歳児の子どもたちについては、何でも口に入れる時期がある程度落ち着いてから新聞遊びを導入するのが望ましいかもしれません。



周囲の安全に配慮する


新聞紙を床に広げると、子どもの歩き方によっては滑りやすくなってしまうことも考えられます。


周囲のものを片づけてマットを敷いておくなど、子どもが転ぶことも想定した配慮をしておくとよいでしょう。またゲームで室内を動き回るときにも新聞で滑ってしまわないよう、床の新聞紙を片づけてから行うとよさそうです。


新聞遊びのねらいや遊ぶときのポイントを押さえたところで、ここからは、年齢別の新聞遊びの導入やゲームのアイデアを紹介していきます。
これから保育実習や入職を控えている保育学生さんは、参考にしてみてくださいね。



【1歳児、2歳児向け】新聞遊びのアイデア

まずは1歳児、2歳児の乳児クラス向けの新聞遊びのアイデアを見ていきましょう。



導入


乳児クラスにおいて新聞紙遊びの導入をするときは、先に新聞紙や紙を題材にした絵本や擬音がたくさん出てくる絵本を読むとよいでしょう。
絵本の中で表現されていたことを実際にやってみる面白さを味わえるかもしれません。


また子どもの目の前で、実際に保育士さんが新聞をビリビリと破いて見せて惹きつけるのもよさそうです。



製作


次に、乳児クラス向けの新聞紙を使った製作のアイデアを紹介します。


にょろにょろへび

新聞紙の上にPEテープの片側を置き、PEテープもいっしょに巻き込んで新聞紙を丸めます。同じ流れで新聞紙を3個から5個ほど丸め、先頭の新聞紙を尾っぽの見立てて細くすればにょろにょろへびのできあがりです。


テープの部分を持って左右に揺らしながら引っ張ると、にょろにょろと動くへびになります。へびといっしょに室内を散歩してみてはいかがでしょうか。


新聞おばけ

最初に大きめの新聞紙を2枚使って、球を半分に割ったような半球を2つ作ります。 平らになっている部分を完全にくっつけないように一部分だけテープでとめて、新聞紙の隙間から平な部分を指で掴めば、新聞紙おばけのできあがりです。


テープを留めるところは保育士さんが行うとよいでしょう。
パペットのように口をパクパク動かしながら、保育士さんが「食べちゃうぞー」などと言って子どもたちとスキンシップをはかるのもよいかもしれませんね。



ゲーム


次に1歳児、2歳児向けの新聞紙を使ったゲームアイデアを紹介します。


これなんだ?クイズ

新聞紙を4つ折りにしてから折り重なっている箇所を切って、15〜20cmくらいの穴を空けてから一度開きます。新聞紙をきちんと広げたあと、穴から絵やぬいぐるみをチラッと見せ、子どもたちに「これなんだ?」と問いかけてみましょう。


最初はわかりにくそうな部分から見せ、徐々に特徴のある部分を見せていくと、いろんな回答が出てきて面白そうですね。


玉入れゲーム

保育士さんがカゴを持ったり、テーブルの上にカゴを置いて、床に散らかった新聞紙を玉入れのようにカゴに入れてもらう遊びです。


カゴを子どもたちよりも少し高い場所に設置すれば、物を投げる練習につながるかもしれません。また子どもたちをチームに分け、「どっちが早く新聞紙をカゴに入れられるかな?」というゲームにしても、盛り上がって新聞紙をたくさん入れてくれそうですね。


新聞紙遊びの最後に導入すると、部屋の片づけも楽しく行うこともできるでしょう。


参考動画:新聞紙遊び「これなんだ?ゲーム」と「にょろにょろへび」の作り方/保育士バンク!



【3歳児、4歳児、5歳児向け】新聞遊びのアイデア

新聞紙で作ったかぶとをかぶる子ども

TAGSTOCK1/shutterstock.com


ここからは、3歳児、4歳児、5歳児の幼児クラスにおいて楽しめる新聞遊びの導入やゲームのアイデアを紹介していきます。



導入


幼児クラスでの新聞遊びの導入として、新聞紙にどのようなことが書かれているのかいっしょに見てみるのもよいでしょう。


「こんなことが書かれているよ」と、天気予報やテレビ欄などの親しみやすいページを見たり、自分の名前と同じひらがなを探してみたりと、みんなで新聞紙の中の探検を楽しみます。


本来の新聞の役割や面白さを理解した上で新聞遊びに入ると、「読んでからリサイクルする」という流れも理解することができそうですね。



製作


次に、新聞紙を使った見立て遊びやごっこ遊びに活用できる製作のアイデアを紹介します。


ファッションショー

見開きの新聞紙の真ん中に穴を空け、そこから頭を通せばあっという間に洋服のできあがりです。


お腹の部分をヒモでしばってワンピース風にしたり、シールや折り紙を貼ったりと、子どもたちそれぞれに洋服のデコレーションをしてもらうのもいいでしょう。


また新聞紙の端に穴を開けてかぶれば、新聞紙が背中に垂れ下がってマントのようになります。憧れのアニメのヒーロー、ヒロインにもなれるかもしれませんね。


思い思いの洋服を作り、ファッションショーを楽しんでみてはいかがでしょうか。


新聞紙でおままごと

新聞紙でおままごとをより楽しむことができるでしょう。


たとえば、細長くちぎった新聞紙をお皿に乗せれば、それだけでスパゲッティのできあがりです。深めの器に入れてラーメンやうどんを作ったり、コップに入れてジュースを作ったりすることもできるでしょう。丸めた新聞紙を3つ、お箸で刺せばお団子も作ることができます。


新聞紙にデコレーションをしたり、色をつけたりすれば子どもたちの想像次第で自由に遊ぶことができます。普段の保育で使っているおもちゃと併せて、新聞紙遊びのおままごとを楽しんでみてもよいかもしれません。



ゲーム


次に幼児クラス向けの新聞紙を使ったゲームアイデアを紹介します。


新聞島

1人ずつ新聞紙を広げて乗り、じゃんけんをします。負けた方は新聞紙を半分に折って乗り、じゃんけんを繰り返して新聞を折っていきます。新聞紙が小さくなって、立てなくなった方が負けです。


とても簡単なルールながら、盛り上がること間違いなしのゲームです。小さくなった新聞に片足で乗るなど、バランス感覚も養えるでしょう。


1対1だけでなく、保育士さん対クラスのみんなでじゃんけんし、最後まで立っていられた人が勝ちというルールにアレンジしても面白いかもしれません。


参考動画:新聞紙あそび5選「新聞島」/保育士バンク!


魚釣りゲーム

新聞紙を縦長になるよう手で破ります。新聞紙をふんわりと半分に折り、先端をねじってさかなの尾びれを作ります。頭の先端部分にクリップを挟んだら魚のできあがりです。


割り箸の先にひもを結びつけ、ひもの先にテープで磁石を留めて釣り竿を作ったら、釣り糸を垂らして魚釣りゲームを楽しみましょう。


魚には、目玉や折り紙をつけてデコレーションしてもよいかもしれません。 ひもを長さを調整すると魚釣りの難易度が変わるので、子どもたちの様子にあわせてアレンジしても楽しめそうですね。



新聞遊びのアイデアを保育に活かそう

今回は、新聞遊びのねらいやポイント、1歳児・2歳児向けと3歳児・4歳児・5歳児向けの新聞遊びの導入やゲームのアイデアを紹介しました。


感触や音を楽しむことができる新聞紙遊びは、アイデアによって全クラスで取り入れることができるでしょう。製作だけでなくゲームに活用するなど、幅広い遊びができるのが新聞遊びのよいところといえそうですね。


保育実習や入職後に、新聞遊びのアイデアを取り入れて、子どもたちとさまざまな遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。