新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育士を目指すきっかけは?面接や志望動機でなりたい理由を伝える例文

就職活動をするなかで、保育士を目指すきっかけを聞かれたり、志望理由書を書いたりすることがあるかもしれません。なりたい理由を伝えるためのポイントを押さえておけば、スムーズに答えられるでしょう。今回は、保育士を目指すきっかけについて、現役保育士さんからの実例を元に、例文や書くときのポイントを紹介します。

面接中の様子

metamorworks/shutterstock.com



なぜ「保育士を目指すきっかけ」を聞かれるの?

保育士や幼稚園教諭の採用面接では、「目指そうと思ったきっかけは?」「なぜこの職業を選んだのですか?」などと質問されたり、作文を書いたりすることがあるようです。


学生さんがどういった経緯を経て保育士を目指すことになったのか、また、保育にかける思いや人となりを聞き出すための質問と言われています。 そのため、なりたいと思った理由を明確にして答えられるようにしておけば、面接や志望理由書で伝える際に役立てられるでしょう。


しかし、学生さんのなかには、「漠然とした理由はあるけれど、上手くまとめられない」と悩む方もいるかもしれません。
まずは、保育士を目指そうと思った理由として挙げられる例を確認しましょう。



保育士になりたい理由として挙げられる例



子どもが好きだから


保育士になりたい理由として、「子どもが好きだから」と答える方は多いようです。 その気持ちがなければ、保育士養成校に進学することもなかったかもしれません。


なかには、下の兄弟の面倒をみたり、いっしょに遊んだりしたときの経験から、子どもの成長を見守る保育士になりたいと思った方もいるでしょう。


なぜ「子どもが好き」なのか、その理由を考えることで、目指すきっかけを探ることにつながりそうですね。



保育士や幼稚園教諭に憧れているから


保育士になりたい理由として、保育園や幼稚園に通っていた頃の思い出を挙げる方もいるようです。


幼少期に保育士さんや幼稚園教諭に優しくしてもらったことで、「先生みたいになりたい」という憧れを抱いたことがきっかけになったというケースもあるでしょう。



職場体験で感銘を受けたから


職場体験を行ったときの経験をなりたい理由に挙げる方もいるかもしれません。


中学校や高校では、職場体験として保育園や幼稚園を訪れることもあるようです。そのとき、先生方が子どもたちと懸命に向き合っている姿に感銘を受けたことがきっかけで、なりたいと思うようになった方もいるかもしれませんね。



特技が保育の現場で活かせそうだから


自身の特技を現場で活かせそうだからという理由を挙げる方もいるようです。


たとえば「幼少期からピアノが得意だから、子どもたちの歌の伴奏がスムーズにできそう」「物作りが趣味で製作のアイデアをたくさん提供できそう」といった、保育に活かせるスキルがあることから、保育士に向いているかもしれないと考えることもあるでしょう。

このように、保育士になりたいと思う理由はさまざまですが、自分の経験をどのように面接や作文の志望動機としてつなげていけばよいのでしょうか。

志望動機につながる実例として、現役の保育士さんに聞いた実例エピソードを紹介します。



履歴書や面接の志望動機につながる実例エピソード

自分の経験をもとに志望動機をまとめておくと、保育士の採用面接で「保育士を目指すきっかけは?」と聞かれたときや履歴書、作文を書くときなどに対応しやすくなるかもしれません。


そこで、志望動機につながる実例エピソードとして、現役の保育士であるMさんに「保育士になりたいと思った動機」についてお伺いしました。



保育士になった理由


Mさんに保育士になった理由を聞くと、「子どもが好きだから!」と真っ先に返ってきました。

やはり、保育士を目指すきっかけとして、実際にそう答える方は多いのかもしれません。



理由につながった「大家族で育った経験」


では、Mさんが子どもを好きになった理由はどこにあったのでしょうか。


Mさんは兄弟が多く、両親が共働きという家庭環境で育ったそうです。長女だったMさんは、弟たちの面倒をよく見ており、自然と子どもへの接し方も上手くなっていたようです。また、Mさんは幼稚園から仲がいい幼馴染がいたため、幼稚園の楽しい思い出をたくさん語り合う機会があったと言います。


以上のように、兄弟の面倒を見る機会が多かったことや、幼稚園の友だちと園での思い出を語り合う経験によって、Mさんのなかで「子どもが好き」「幼稚園や保育園は楽しいところ」という気持ちが強くなっていったようです。



保育士を目指したきっかけ


Mさんに保育士を目指した理由を伺うと、意外な答えが返ってきました。


高校卒業後は進学を希望したMさんですが、いろいろな大学の学部を受験したところ、合格したのが保育科でした。


もちろん、保育士に興味があったので受験したのですが、この時点では「保育士になりたい!」という強い思いよりも、「保育士になれるかはわからないけど、とりあえず学校に行ってから将来について考えよう」という漠然とした考えで、保育の道に進んだのだと言います。



保育士養成学校で得た学び


Mさんは、保育士養成学校へ進学し、実習先の園での就職内定が決まりました。


実習先で保育の実務を体験したことにより、「もっと保育について知りたい」「この園で保育がしたい」という気持ちと、「子どもが好き」という思いが一致し、実習先の園への志望動機につながったそうです。


現役の保育士さんであるMさんのエピソードを紹介しましたが、このようなエピソードを志望動機に盛り込むときのポイントについて見ていきましょう。



保育士を目指すきっかけを志望動機に書くときのポイント

子どもが遊んでいる様子

maroke/shutterstock.com

志望理由書をきちんと書くことができれば、採用面接で志望動機について聞かれた際も、説得力のある回答ができるかもしれません。

ここでは、志望動機のなかで保育士を目指すきっかけについて書くときのポイントを説明します。



子どもとのかかわり方と絡めて書く


志望動機を書くときは、子どもとのかかわり方と絡めることがポイントとなるでしょう。


保育士になりたい理由として、「子どもが好き」ということは多く挙げられますが、それのみを伝えるだけでは採用担当者の印象に残りにくいかもしれません。

志望動機では、なぜ保育士を目指そうと思ったのかがわかる具体的なエピソードを加えつつ、入職後の展望についても伝えることで、採用担当者の印象に残るような履歴書を作成できるかもしれません。



経験から得た学びや気づきをもとに書く


保育実習で得た学びや気づきをもとにすることも、保育士を目指すきっかけについて書くときのポイントといえそうです。


保育実習では、実際に子どもたちとかかわることにより、学校では学べない保育の仕事の大変さや素晴らしさなどさまざまな気づきが得られるかもしれません。そのなかで「あの先生みたいな保育士になりたい」「保育士になったらこんなことがしてみたい」といった思いが芽生えたエピソードをもとにすれば、志望動機につながりやすくなるでしょう。



目指す保育士の姿をイメージしながら書く


学生さんが目指す保育士の姿をイメージしながら書くことも、ポイントの一つとして挙げられるでしょう。


たとえば、小さい頃のエピソードや保育士を目指すきっかけを交えて、自分が理想とする保育士の姿を書くのもよいかもしれません。


しかし、単なるイメージを書くのではなく、理想に近づくために入職後実行したいことや伸ばしていきたいことを書くことが大切です。園に貢献できることを記せば、「この園の保育士になりたい」という熱意もアピールできるでしょう。



保育士を目指すきっかけを書くときの具体的な例文

志望理由書を書くときや面接官の質問に答えるときに役立つ、保育士を目指すきっかけを伝える例文を紹介します。



幼少期の経験をもとにした例文


私は幼少の頃、近所の小さな子どもたちの面倒を見る機会が多くありました。その際、私が通っていた保育園の先生の真似をしながら世話をするのがとても楽しく、いつしか保育士になりたいと思うようになりました。保育実習では、幼少期に小さな子どもたちと過ごした楽しい時間のことを思い出し、あらためて「私は子どもが好きなんだな」と実感しました。入職後は、当時真似していた保育士さんのように子どもの成長に寄り添い、共によろこびあえる存在になりたいと考えています。


幼少期の経験が保育士を目指すきっかけとなったことがわかる例文です。具体的なエピソードを盛り込むことで、なぜなりたいと思うようになったのか伝わりやすくなるかもしれません。



憧れの保育士像を取り入れた例文


私は、保育園に通っていた頃担任の先生が大好きでした。一人で園庭の石を集めるのが好きだった私にいつもあたたかく声をかけてくれ、「きれいな石だね」と褒めてくれた経験から、「先生のような優しい保育士になりたい」と目指すようになりました。今思えば、先生はいつも子どもの「いいところ」を発見し、褒めることで自信を育めるように関わってくれていたのではないかと思います。私もその先生のように、子ども一人ひとりの繊細な心情にあたたかく寄り添える保育士になりたいと思っています。


憧れの保育士像が、自身の目指すきっかけにつながったことがわかる例文です。学生さんの具体的なエピソードや、入職後どのような保育士になっていきたいかも絡めると、面接官の印象に残りやすいかもしれません。



保育実習での経験を交えた例文


私は保育実習を通して、より一層「保育士になりたい」という気持ちが強くなりました。なぜなら、現場で働く保育士さんが、言葉を話せない子どもの表情と仕草を読み取って対応をする姿や、自分で挑戦しようとする子どもを励ましながら見守る姿などを見て感銘を受けたからです。私も実習先で出会った先生のように、子どもの成長を見守りながら臨機応変に対応できる保育士になりたいと考えています。


保育実習での経験から目指す気持ちが強くなったことがわかる例文です。手本となるような先輩保育士さんの姿を混ぜ込めばより内容が具体的になるでしょう。



園の魅力を盛り込んだ例文


私は里山にほど近い保育園に通っていました。当時の担任の先生が、保育のなかで四季の植物の美しさや生き物の不思議さ、尊さを教えてくれたのをよく覚えています。その経験から、私自身も自然のなかでさまざまなことを子どもたちに教えられる保育士になりたいと思うようになりました。貴園のホームページから、たくさんの植物がある広い庭園や里山への遠足行事があることを知り、「ここなら私の理想とする保育が実践できるのではないか」と感じて就職を志望しました。幼少期の経験を活かし、子どもたちに自然の魅力を伝えられる保育士になりたいと思っています。


学生さんが大切にしている保育観と、園の特色が合致していることがわかる例文です。園独自の方針やカリキュラムと絡めて、どのような保育を実践していきたいかを書くとよいかもしれません。



【現役保育士さんに聞いた】仕事のやりがい実例集

現役保育士のみなさんに「保育士になってよかった!」と思えた瞬間について伺ってみました。 保育士として、どんなやりがいを感じたいかが明確になると、「こんな保育士になりたい」という目指すべき方向性が見えてくるかもしれません。



子どもたちをかわいく感じる


現役
保育士Aさん

朝、登園してきた子どもが笑顔で駆け寄ってきて、「せんせいおはよう!」と言ってくれるだけで一日がんばれる!座っていると子どもが抱きついてきてくれると、本当にかわいくてたまりません。




子どもの成長を見守れる


現役
保育士Bさん

子どもたちが苦手なことをできるようになったときは本当にうれしいです。保育士は子どもの成長をずっと見守れる素敵な仕事だと思います。



現役
保育士Cさん

0歳児から2歳児の乳児期は成長が著しく、ミルクだけだった子どもが離乳食を食べられるようになったり、ハイハイから歩けるようになったりと、すごいスピードです。日々目が離せないくらいどんどん成長していくので、保護者と共によろこび合いながら見守れるのが何よりうれしいです。



現役
保育士Dさん

入園式に泣きじゃくってママから離れなかった子が、卒園式には凛とした表情をする……そんな姿に計り知れない感動をもらっています。




子どもたちと信頼関係を築ける


現役
保育士Eさん

担任を持つと、子どもたちは甘えてわがままを言うこともあり、ときには叱らないといけないこともあります。でも全力で子どもとぶつかったときに生まれる信頼関係は、何物にも代え難いものだと思います。そうやって信頼関係を築いた子どもたちに、「先生と離れたくない」と言われたときは、本当にうれしくなります。




クラスの団結力を感じる


現役
保育士Fさん

保育園の運動会や生活発表会などの行事で、「クラスが一つになれた!」と思ったときによろこびを感じます。行事のあとはクラスで壁を乗り越えた感覚があって、保育士も子どもたちもまとまりが出てきます。成長を感じてぼろぼろ泣いてしまうこともあります。




保護者からうれしい言葉をもらえる


現役
保育士Gさん

保護者から、「ありがとう」と言われるのは本当にうれしいです。仕事以上の感謝と絆が芽生えますね。



現役
保育士Hさん

3月の年度末に保護者から「先生が担任で本当によかったです」と言われたとき、一年間の努力が報われたと感じました。



現役
保育士Iさん

「先生にまた任せたい」と、上のお子さんだけでなく下のお子さんも預けてくれる保護者がいました。信頼されていると感じてうれしかったです。




卒園者が訪ねてきてくれる


現役
保育士Jさん

卒園した子が園を訪ねてくれることがあります。小学校に上がっても、保育園や幼稚園を忘れずにいてくれると思うと、すごくうれしい気持ちになります。




自身も成長できる


現役
保育士Kさん

子どもたちの成長を見たときに、自分の成長も感じることがあります。現場には、学校の座学だけではわからなかったことが多くあるので、日々体感しながら成長していく自分に気づくと嬉しいし、誇らしいです。大変ではありますが、やりがいは大きい仕事だと思います。





保育士を目指すきっかけを整理して志望理由書を書こう

今回は、志望動機を伝えるときに役立つ、保育士を目指すきっかけやなりたい理由について、現役の保育士さんの実例エピソードを交えて紹介しました。


保育士の就職活動を行ううえで、志望理由書を書いたり、面接で保育士になりたい理由や志望動機などを問われたりすることがあるでしょう。
学生さんの熱意が伝わる履歴書や作文を作成するためには、目指すきっかけとなった具体的なエピソードを取り入れることが大切です。


現役保育士さんから伺ったきっかけややりがいの実例を参考に、自身の経験を振り返り、履歴書や面接での志望動機に活かしてみましょう。