新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育士を目指すきっかけは?なりたい理由や面接、志望動機での伝え方

就活における面接などで、保育士さんを目指すきっかけやなりたい理由を聞かれたり、志望理由書を書いたりすることがあるでしょう。その際、どのようにかけばいいのか気になる就活生さんもいるかもしれません。今回は、保育士になろうと思ったきっかけについて、現役保育士さんからの実例をもとに、志望動機の考え方や書くときのポイントを紹介します。

面接官と面接を受けている女性

metamorworks/shutterstock.com



保育士になりたい理由にはどんなものがある?

保育士や幼稚園教諭の採用面接では、「なろうと思ったきっかけは?」「なぜこの仕事を選んだんですか?」などの質問されることがあるようです。
そのため、なりたいと思った理由を明確にし、答えられるようすることで、面接や志望理由書を書くときに役立てられるでしょう。


まずは、一般的に保育士や幼稚園教諭になりたい理由として挙げられることを紹介します。



子どもが好きだから


なりたい理由として、「子どもが好きだから」と答える方は多いようです。


保育士や幼稚園教諭は子どもの命を預かる仕事なので、子どもが好きという気持ちは働くうえで重要なことといえるでしょう。



兄弟のお世話が楽しかった


兄弟のお世話したときのことを、保育士さんになりたい理由として挙げる方もいるでしょう。兄弟の面倒をみたり、いっしょに遊んだりしたときの楽しそうな姿に、子どもと関わる仕事がしたいと思った方は少なくないようです。


また、兄弟の成長を間近で体感したことがきっかけで、子どもの成長を見守る保育士さんになりたいと思うようになった方もいるかもしれませんね。



保育園や幼稚園に通っていた頃の思い出


保育園や幼稚園に通っていた頃の思い出から、なりたい理由に挙げる方もいるようです。保育士さんや幼稚園教諭の方に優しくしてもらったことで、「先生みたいになりたい」という憧れがきっかけになることもあるでしょう。



職場体験を行ったときの経験


職場体験を行ったときの経験をなりたい理由にあげる方もいるかもしれません。


高校や中学校では、職場体験として保育園や幼稚園を訪れることがあるようです。そのとき、保育士さんや幼稚園教諭の方の働いている姿を目の当たりにしたことがきっかけで、なりたいと思うようになった方もいるでしょう。


このように、保育士さんになりたいと思った理由は人それぞれかもしれませんが、自分の経験をどのように面接や作文の志望動機としてつなげていけばいいのでしょうか。
志望動機につながる実例として、現役の保育士さんに聞いたエピソードを紹介します。



履歴書や面接の志望動機につながる実例エピソード

自分の経験をもとに文章でまとめておくと、保育士の採用面接で「保育士を目指すきっかけは?」と聞かれたときや履歴書を書くときなど、対応しやすくなるかもしれません。


履歴書や面接の志望動機につながる実例エピソードとして、現役の保育士であるMさんに、「保育士になりたいと思った動機」についてお伺いしました。



保育士になった理由


Mさんに、保育士になった理由を聞くと、「子どもが好きだから!」と真っ先に返ってきました。
やはり、保育士になりたいきっかけとして、”子どもが好き”と答える方は多いようです。



「子どもが好き」につながる大家族で育った経験


次に、Mさんが子どもを好きになった背景について伺いました。
Mさんが子どもを好きになった理由はどこにあったのでしょうか?


Mさんは兄弟が多く、両親が共働きという家庭環境で育ちました。長女だったMさんは、弟たちの面倒をよく見ており、自然と子どもへの接し方も上手くなっていたようです。
加えて、Mさんは幼稚園から仲がいい幼馴染たちがいたため、幼稚園の楽しい思い出をたくさん語り合う機会がありました。


弟たちの面倒を見る機会が多く、幼稚園の友だちと園での思い出を語り合うという経験によって、Mさんの中で「子どもが好き」「幼稚園保育園は楽しいところ」という気持ちが強くなっていったようです。



保育士を目指したきっかけ


Mさんに保育士を目指した理由を伺うと、意外な答えが返ってきました。


高校卒業後は進学を希望したMさんですが、色々な大学の学部を受験をしたところ、合格したのが保育科でした。


もちろん、保育士に興味があったので受験したのですが、この時点では「保育士さんになりたい!」という強い思いよりも、「保育士になれるかはわからないけど、とりあえず学校に行ってから将来について考えよう」という漠然とした考えで、保育の道に進んだのだといいます。



保育士養成学校で得た学び


Mさんは、養成学校から紹介された実習先の園で内定が決まりました。


実習先で保育の実務を体験したことにより、「もっと保育について知りたい」「こんな園で保育がしたい」という気持ちと、「子どもが好き」という思いが一致し、実習先の園への志望動機につながりました。


現役の保育士さんであるMさんのエピソードを紹介しましたが、このようなエピソードを志望動機に書くときのポイントについて見ていきましょう。



保育士を目指すきっかけを志望動機に書くときのポイント

子どもたちと先生

maroke/shutterstock.com

志望理由書をきちんと書くことができれば、採用面接で志望動機について聞かれた際、筋道を立てて答えられるかもしれません。


志望動機を書くときのポイントについてくわしく説明します。



子どもとのかかわり方と絡めて書く


志望動機を書くときは、子どもとのかかわり方と絡めて書くことがポイントといえそうです。
「子どもが好き」という気持ちは、保育士にさんになりたい理由としてよく挙げられることではありますが、それだけ書いても採用担当者の印象には残りにくいでしょう。


志望動機に子どものことを書くときは、入職後の子どもとのかかわり方と絡めることで、より具体的に子どもが好きという気持ちを伝えられそうです。また具体的なエピソードが加わることで、採用担当者の印象に残るような作文や履歴書を書けるかもしれません。



保育実習で得た学びや気づきをもとに書く


保育実習で得た学びや気づきをもとに書くことも、志望動機を書くときのポイントといえそうです。


保育実習では、実際に子どもたちと触れ合うことにより、学校とは違う学びや気づきが得られるかもしれません。その際、園の保育指針や保育活動に触れることで、入職したい理由についても自然に盛り込むことができそうです。



自分が目指す保育士の姿をイメージしながら書く


志望動機を書くときのポイントとして、自分が目指す保育士の姿をイメージしながら書くことが挙げられるでしょう。


たとえば、小さい頃のエピソードや保育士さんを目指すきっかけを交えて、自分が理想とする保育士の姿を書いてもいいかもしれません。ただし、ただ理想のイメージについて書くのではなく、理想に近づくために実行することや成長したいことを書くことが大切です。 園に貢献できることを書くことで、保育士になりたいというやる気をアピールもできるでしょう。


それでは、志望動機を書くときのポイントを踏まえて例文を紹介します。



保育士の志望動機を書くときに活用できる例文

保育士さんになりたいという志望理由書を書くときや、面接官の質問に答えるときにも活用できる、志望動機の例文を見ていきましょう。



自分の経験を通じて感じた例文


両親が共働きだったため、小さい頃から兄弟の面倒を見ており、私にとって子どものお世話をすることは日常的なことでした。また、通っていた幼稚園の先生が大好きで、いつか幼稚園や保育園で子どもたちとかかわるような仕事をしたいと考えるようになり、保育士の養成学校に進学しました。子どもの頃に憧れた先生のようになれるように、子どもたちを毎日笑顔にできるような保育士を目指しています。



保育士を目指すきっかけを伝える例文


保育士を実際に目指そうと思ったきっかけは、高校卒業後の進路を考える際に、現在在籍している大学の保育学部に興味を持ったことでした。子どもと接することが昔から好きで、子どもとかかわることの知識や技術をより深く学んでみたいと思い、保育士という道を考え始めました。保育のことを学ぶことで、子どもたちの命を預かる責任の重さを知り、保護者の方の気持ちも考えるようになりました。貴園に入職した際は、子どもを預ける保護者の方の気持ちにも寄りそえる保育士を目指し、貢献していきたいと考えています。



保育実習での学びを交えた例文


貴園に応募した一番の理由は、実習で実際に園の保育に携わった際、非常に大きな学びを得たからです。担当してくださった保育者の方々の保育に対する熱意や、園長先生を始めとする職員の方々の子どもたちへの接し方、考え方に大変感銘を受けました。そして、ぜひ私もこの中で働いて行きたいと強く感じ、応募させていただきました。


このように、志望動機を考えるときは、自分の経験などをもとに、保育士を目指したきっかけを書くことで具体性が生まれ、採用者側もイメージしやすくなるでしょう。



【現役保育士さんに聞いた】「保育士になって良かった」仕事のやりがい実例集

現役保育士のみなさんに「保育士になって良かった!」と思えた瞬間について伺ってみましたので、紹介したいと思います。


保育士のお仕事は大変ですが、日々感動のある、とても素敵な仕事といえるでしょう。
「保育士として、どんなやりがいを感じたいか」が明確になると、志望動機として書きたい、こんな保育士になりたいという、目指すべき方向性が見えてくるかもしれません。



子どもたちが可愛い


現役
保育士Aさん

朝、登園してきた子どもが笑顔で駆け寄ってきて、『せんせいおはよう』と言ってくれる。それだけで一日ががんばれる!座っている所に子どもが抱きついてきてくれると、ホントに可愛くてたまりません。




子どもたちの成長を見守る


現役
保育士Bさん

子どもたちが苦手なことをできるようになったときは本当にうれしいです。保育士は子どもの成長をずっと見守れる仕事だと思います。



現役
保育士Cさん

0歳児から2歳児の乳児期は成長が著しく、ミルクだけだった子どもが離乳食を食べられるようになったり、ハイハイできるようになったらあんよ、そこから走れるようになるまですごいスピードです。本当に、日々目が離せないくらいどんどん成長していくので、保護者と共に成長を喜べるのが何よりうれしいです。



現役
保育士Dさん

入園式に泣きじゃくってママから離れなかった子が、卒園式には凛とした表情をする。とてつもない感動をもらっています。




子どもたちとの信頼関係


現役
保育士Eさん

担任を持つと、子どもたちは甘えてわがままを言うこともあり、ときには叱らないといけないこともあります。でも全力で子どもとぶつかったときに生まれる信頼関係は、何物にも代え難いものだと思います。そうやって信頼関係を築いた子どもたちに、『先生と離れたくない』」と言われたとき本当にうれしくなります。




クラスの団結力


現役
保育士Fさん

保育園・幼稚園の運動会・お遊戯会・音楽会などの行事で、クラスが一つになれた!と思ったとき。行事の後はクラスで壁を乗り越えた感覚があって、保育士も子どもたちもまとまりが出てくる。成長を感じてぼろぼろ泣いてしまうこともあります。




保護者からの言葉


現役
保育士Gさん

保護者から、ありがとうと言われるのは本当にうれしい。仕事だけど、仕事以上の感謝と絆が芽生えますね。



現役
保育士Hさん

3月の年度末に保護者から 『先生と会えて本当に良かったです。』と言われたら、もう何でもできる気がしてしまいます。



現役
保育士Jさん

『先生にまた任せたい』と、上のお子さんだけでなく下のお子さんも預けてくれる保護者がいた。信頼されていると思うととてもうれしいですね。




卒園者が訪ねてきてくれる


現役
保育士Kさん

成長した子が園を訪ねてくれること。小学校に上がっても、保育園や幼稚園を忘れずにいてくれるとすごくうれしい気持ちになります。




自分の成長


現役
保育士Lさん

毎日の思考錯誤のすえ、子どもたちの成長を見たときに、自分の成長も感じることがあります。学校の座学だけではわからないことは無限にあるので、日々成長していく自分に気づくと嬉しいし、誇らしいです。とても大変ですが、やりがいは大きい仕事だと思います。





保育士を目指すきっかけは志望動機に活かすことができる

今回は、志望動機を伝えるときに役立てられる、保育士を目指すきっかけやなりたい理由について、現役の保育士さん実例エピソードを交えて紹介しました。


保育士の就職活動を行ううえで、志望理由書を書いたり、面接では面接官に保育士になりたい理由や志望動機などを問われたりすることがあるでしょう。志望動機は人によってさまざまですが、保育士さんを目指すきっかけとして「子どもが好き」「保育が好き」という理由が多く挙げられています。


しかし、それだけは他の志望者と同じような回答になるかもしれないため、自分ならではの志望動機として、保育士さんを目指したきっかけや憧れた理由などを履歴書や面接で伝えることが大切です。


今回紹介した、現役保育士さんの「保育士になりたいきっかけ」の実例ややりがいをもとに、自分の人生を一度振り返り、今まで体験したことや考えたことを見直し、作文や履歴書を書くときや面接の志望動機に活かしてみましょう。


現役保育士イラスト:icon Stocker/shutterstock.com
Kongpop/shutterstock.com