新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育士の靴、靴下の選び方。通勤や雪遊びなど用途に合わせて選ぶときのポイント

新卒保育士や保育実習に臨む保育学生の中には、保育士の靴や靴下事情が気になる方も多いのではないでしょうか。保育士が履く靴や靴下は、毎日の通勤や外遊び用の外靴、室内用の上履きや靴下など、用途ごとにさまざまあるようです。保育士が履く靴や靴下の選び方について、ポイントとあわせてくわしく紹介します。

保育士の靴や靴下の選び方。通勤や雪遊びなど用途に合わせて選ぶときのポイント ARTFULLY PHOTOGRAPHER/shutterstock.com



保育士の靴や靴下はどんなものを選べばいいの?

保育実習に臨む保育学生や新卒保育士の中には、「保育士がどのような靴や靴下を履いているのか知りたい」という方も多いのではないでしょうか。


保育園や幼稚園では、外遊びや室内遊びなどさまざまな活動があります。そのため保育士の履く靴や靴下は、機能性に優れているものや伸縮性のあるもの、防水性のあるものなど、用途に適しているものを選びたいですよね。


今回は、保育士の靴や靴下の選び方について、それぞれポイントとあわせてくわしく紹介します。



保育士の靴や靴下を選ぶときのポイント

保育士は、子どもたちと外遊びをしたり、室内で製作したりと、さまざまな業務を行うことでしょう。


たとえば、保育士が外で子どもたちと遊ぶときは、一般的に伸縮性があって動きやすい外靴を選び、室内で子どもたちと踊ったりするときは滑りにくい上靴(上履き)や靴下を選ぶなど、用途に応じた素材、伸縮性などを重視して靴や靴下を選ぶことが大切になります。


保育士が履く靴や靴下を選ぶときのポイントについて説明します。



用途


保育士の靴や靴下は、用途を考えて選ぶといいかもしれません。


保育士の靴には、外で履く靴と室内で履く靴の2種類があります。
外で履く靴といえば、毎日の通勤で履く靴や子どもたちといっしょに外で運動するための外靴が挙げられるでしょう。また、地方によっては雪が降る場合もあるので、雪遊び用の靴が必要になることもあるかもしれません。


上靴(上履き)は外で履いた靴から履き替えるために必要となる靴で、室内用になります。履き替えに時間がかかってしまうと、子どもたちへの対応が遅れてしまうことも考えられるため、脱ぎやすく、履きやすい上靴がいいかもしれませんね。


さらに、靴下は、靴下を履かずに室内で動き回ることがあった場合に、指先の部分が破れたり、汚れたりするため、丈夫さを考慮したほうがいいでしょう。


保育士の靴や靴下は、通勤用や保育活動においての外遊び用、室内用など、何のために履くのかその用途を考えながら、靴や靴下を選ぶことが重要といえそうです。



伸縮性


保育士の靴や靴下を選ぶときは、伸縮性もポイントになるため、基本的に動きやすいものを選ぶといいでしょう。


保育園や幼稚園では、外でも室内でも動き回ることが多いかもしれません。特に子どもたちと遊んでいるときなどは、走り回ることもあるため、靴選びはとても重要になりますよね。外靴や上靴の場合は、つま先や靴底が自然に曲がるような伸縮性の高いものにすると、足が疲れにくくていいかもしれません。


また、足のつま先が締め付けられない、つま先部分に余裕のあるものを選ぶと、つま先を痛めることなく子どもたちといっしょに遊ぶときも楽に動けそうですね。


靴下の場合は、伸縮性とあまり関係がないと思われるかもしれませんが、素材によって伸縮性があるものとあまりないものがあるようです。靴下も靴と同様に、履いていて足の先が窮屈にならないものを選ぶといいでしょう。



素材


靴や靴下にはさまざま素材があります。素材に着目することも、保育士が履く靴や靴下を選ぶ上で重要のポイントになるといえるでしょう。


外靴の場合、保育活動中に外で走り回ることになった場合でも、中敷きがクッション性のある柔らかな素材でできていると、土踏まずなどが痛くなりにくいかもしれません。


さらに、外靴は外で使用するため表面が汚れることも多いため、汚れが目立ちにくい素材の靴を選びたいですよね。完璧に汚れを落とすのは難しいかもしれませんが、自分で洗うことができるラバー素材や布製の靴を選ぶことで、手入れが楽になるかもしれません。


一方、上靴(上履き)はゴム製の靴を選ぶと、室内の床を傷つけにくくなり、滑りにくい素材のため動きやすいでしょう。また、上靴は洗濯できる素材を選ぶことで、汚れを洗い流すことができ、買い替える回数を少なくすることにもつながるようです。


靴下の素材は、保温性に優れているウールや丈夫で乾きやすいポリエステルなどが挙げられます。長い時間働いていると、足が蒸れて匂いの原因となってしまうことがあるため、気になる方は吸湿性に優れているコットン素材の靴下を選ぶとよいでしょう。


また、雪が積もる地域や都心部でも雪遊びをするときは、室内にいても床が冷たいと感じる場合もあるかもしれません。そのようなときは、裏起毛が使用されている靴下や生地が厚めの靴下を選ぶと暖かく過ごせそうです。


靴も同様に雪遊びをする場合は、滑りにくい素材のものや靴の内側に裏起毛が採用されているものにすると足が冷たくならずに済むかもしれませんね。



デザイン


保育士の靴や靴下を選ぶときは、デザイン性に着目することも重要なポイントです。


外靴は、外で動き回るためデザインよりも通気性や動きやすさといった、機能性を優先したほうが安全面でも安心できそうです。上靴(上履き)は履きやすさや脱ぎやすさを重視し、学校で使用されているようなデザインにするなど、他の職員や保護者からの印象に配慮しながら選ぶとよいかもしれませんね。


靴下のデザインは、絵本やテレビに出でくるキャラクターがかかれたものだと子どもたちが喜ぶかもしれませんが、園によってはキャラクターがかかれた靴下を禁止している場合もあるようです。


園の規定に違反しないためにも、靴や靴下のデザインで不安に思った場合は、購入する前に園長や責任者に確認しておくといいかもしれませんね。




保育士が履く靴や靴下を選ぶときは、どのような色のものを選ぶといいのでしょうか。


外で履く外靴は白いだと汚れが目立ってしまうので、黒やグレー、青系などなるべく汚れが目立たない色で、かつ派手な色味ではないものを選ぶといいかもしれません。室内で履く上靴(上履き)は清潔感があり、他の色だと床を擦ってしまったときに色が目立ってしまうことがあるため、保育士は白を選ぶ方が多いようです。


靴下の色は、基本的に白や黒など落ち着いた色合いで、無地の靴下が望ましいとしている園もあるかもしれません。靴や靴下は派手な色の商品もあるため、「この色で大丈夫かな?」と不安なときは先輩保育士や責任者に一度相談してから選ぶといいかもしれませんね。



サイズ


保育士が履く靴や靴下を選ぶときはサイズも重要なポイントです。


靴の場合、同じ足のサイズでも人によって足の幅や指の長さが異なります。 一般的に、足のサイズを測るときは足長(かかとから1番長い指の爪の先までの長さ)、足幅(足の幅が一番広い部分の長さ)、足囲(足幅で測った部分にメジャーなどを1周回した長さ)で割り出すといいようです。


保育士は室内外でも動き回ることがあるため、靴や靴下は履いたときに窮屈でなく、かといってすぐに脱げてしまわないように自分に合うサイズのものをきちんと選ぶことが大切だといえるでしょう。


このように、保育士は靴や靴下を選ぶときは、用途、伸縮性、素材、デザイン、色、サイズなどを考慮することが大切になります。
選ぶポイントを知ることで、保育士として働きやすい靴や靴下が手に入るかもしれませんね。



保育士が履く靴下の選び方

ここでは、保育士の靴下の選び方について紹介します。
保育士は室内で子どもたちとかかわるとき、動き回った際に滑りやすい素材の靴下だとけがをする恐れがありますし、素材によってはつま先などがすぐに破れてしまうことも考えられるでしょう。


保育士が履く靴下はどのようなものを選べばいいのか解説します。



つま先が窮屈でない靴下


保育士は、立ちっぱなしのことや動き回ることが多く、足が痛くなることもあるのではないしょうか。


そのようなときを考慮して選ぶとよいのが、つま先が窮屈でない靴下です。つま先が窮屈にならない靴下では、伸縮性があるものを選ぶと長い間履いていてもつま先が痛みにくくていいかもしれません。



滑りにくい靴下


保育士は室内で遊ぶこともあると思いますが、靴下は素材によっては滑りやすいものもあるようです。滑って転んだ際に自分だけでなく、子どもたちも巻き込んでけがをさせないように気を付けないといけません。


そのため、靴下はできるだけ滑りにくい素材のものや、滑り止めがついているものを選ぶと転びにくくなりそうです。



速乾性の靴下


夏場や室内を動き回っていると、靴下の中は蒸れてしまうことがあるかもしれません。
速乾性のある靴下を履くことで、汗と湿気を吸収して蒸れにくくなりますし、汗によって滑ってしまうことを防ぐことにもつながるでしょう。


速乾性の靴下としてスポーツソックスが挙げられます。スポーツソックスは速乾性の効果があるもののほかに、丈夫な素材で作られている靴下や、かかとや指先部分が補強されていて破れにくい素材の靴下もあるようです。



汚れにくい靴下


靴下は履いていると自然と汚れていくものです。しかし、靴下の汚れが気になるという方は、洗濯したときに汚れが落ちやすい素材のものを選ぶといいかもしれません。


ほかにも、靴下カバー(フットカバー)を活用するという方法があります。靴下カバーとは、指先とかかとだけを覆う靴下のように履けるアイテムのことです。靴下カバーは、一般的に女性がパンプスを履くときに使用されているようですが、靴下を汚したくない場合には靴下カバーをつけてみてもいいかもしれません。


このように、靴下を選ぶときのポイントはさまざまですが、園の規定によっては、キャラクターがえがかれている靴下や派手な色の靴下は履いてはいけない、というところもあるようです。


靴下はデザインや色が豊富なため、子どもたちが喜ぶものを選びたくなるかもしれませんが、園の規定を事前に確認してから用途ごとに自分に合ったものを選んでみてくださいね。



保育士が履く外靴の選び方

保育士の靴としては、外用と室内用があります。ここでは、保育士が履く外靴の選び方について紹介します。


外靴を選ぶときのポイントとしては、動きやすさや履き替えに時間がかからないなどが挙げられるでしょう。保育士の外靴の選び方について具体的に解説します。



伸縮性があって動きやすい靴


保育士は外で動き回ることがあるため、動きやすくて伸縮性のある外を選ぶといいかもしれません。


保育士の外靴としてはスニーカーや運動靴が定番のようですが、スニーカーも運動靴の一種です。伸縮性の高い運動靴を履くと、足になじみやすいといわれていますが、購入する際は一度履いてみてつま先や靴底が曲がるか確認してみるといいでしょう。



ヒールがなく、走っているときに簡単に脱げない靴


保育士の外靴はヒールがある靴を選んでしまうと、転んでしまうけがをしてしまう可能性があるため避けるといいでしょう。


さらに、保育士は子どもたちといっしょに外で走っているときなどに、外靴が脱げてしまわないような足の甲の部分がしっかりと覆われていて、かかとを潰して履くことがないようにサイズに合ったものを選ぶことが大切です。


通気性が良く、軽い素材のサンダルを外靴として履いている保育士もいるかもしれませんが、サンダルは脱げやすく、万が一足元に物が落ちてきた際などに怪我をする恐れもあります。園の規定で履けない場合もあるので事前に確認しておくようにしましょう。



履き替えに時間がかからない靴


保育士の履く外靴として、動きやすさを考慮して運動靴を選ぶ方が多いかもしれませんが、運動靴には紐があるものと紐がないものがあります。


紐があると足幅を調整することができ、靴が脱げないようにしっかりと固定することができます。一方、クロスベルトタイプの外靴やスリッポンタイプの外靴のように、紐がない靴を選ぶと紐を結ぶ手間が省けるだけでなく、紐に足がとられることがなくなるでしょう。


どちらのタイプの靴も、メリットはありますがきちんと機能性等を確認した上で、自分に合うタイプの靴を選ぶといいかもしれません。


このように保育士が履く外靴を選ぶときは、外で子どもたちと動き回ることを考えてヒールがなく、伸縮性に優れていて動きやすいものを選ぶことが大切といえるでしょう。


紐がある運動靴でも問題ないようですが、紐をきつく結びすぎて履き替えに時間がかかってしまうと、子どもたちを待たせてしまうかもしれないので注意が必要です。


さらに、雪遊びのときや雨上がりで水たまりができている地面を歩く際でも、水や雪が靴の中に染み込まないような防水性や防寒性があるものを選ぶと、足が濡れたり、冷たくなったりせずに済みそうですね。



保育士が履く上靴(上履き)の選び方

保育士が履く上靴(履き)を選ぶときは、外靴を選ぶときとやや異なる部分があります。また、上靴にはさまざまな種類があるため選ぶときに迷うかもしれません。


保育士が上靴を選ぶときは、


  • 手を使わずに履ける靴
  • 外靴に履き替える際に脱ぎやすい靴
  • 洗濯できる素材の靴

などがポイントとして挙げられます。
上記のポイントを踏まえて、保育士が履きやすい上靴についてくわしく紹介します。



バレーシューズ


保育園や幼稚園の上履きにはバレーシューズが挙げられるでしょう。
バレーシューズは、保育施設や学校などでよく履かれている上履きの定番ともいえる靴でもあります。


バレーシューズは、足の甲の部分に太いゴムが1本だけあるという構造のため、手を使わなくても履き替えしやすい靴といえるでしょう。また、ゴムがあることで足の甲が押えられるため、運動していても簡単には脱げないようです。


さらに、足の甲の部分はゴムが1本あるだけなので、通気性の良さも期待できるかもしれません。価格も1000円以下のものが多いため、金銭的な負担も少なく、購入しやすい靴といえそうです。



スリッポン


スリッポンはスリップ・オンの略で、靴紐や金属などを使用して足の甲を留めていない、すぐに履ける靴のことを指します。


バレーシューズよりも足の甲がしっかりと覆われているため、脱げにくい構造になっています。そのため、室内で運動することが多い園の場合は、スリッポンを選ぶといいかもしれません。


スリッポンも靴の中に足を入れれば簡単に履けるため、手を使わずに履くことができます。価格もだいたい1000円から2000円程度で購入できるため、購入しやすい上靴といえそうです。



ナースシューズ


ナースシューズはその名の通り、病院で働く看護師の方が履きやすいように作られた上靴となっています。


保育士と同じように動き回ることが多い看護師のために、靴にはクッション性がある柔らかな素材を使用し、足に負担がかかりにくい工夫がされているようです。


また、長時間履いたときに足が蒸れないように、通気性があるものや吸汗、防臭効果のあるもの、汚れに強い素材を使用したものもあります。


ナースシューズはサンダルタイプやスニーカータイプなどの種類がありますが、保育士の場合は履きやすさと脱ぎやすさを考えて、スリッポンタイプのナースシューズがいいかもしれませんね。価格はだいたい1000円から4000円前後で、靴のタイプや素材、機能によって価格に差があるようです。


保育士が履く上靴として、ほかにもスリッパやサンダルを履いている方がいるかもしれません。しかし、スリッパやサンダルはかかとを支える部分がないため、靴が脱げやすくなってしまい、転んでしまうなどけがにつながる可能性があるため、避けたほうがいいでしょう。


保育士が履く靴や靴下の選び方を紹介してきましたが、保育士が履きやすい靴は用途によってさまざまな種類があります。園の規定によっては、靴のメーカーや靴下の色などに指定されているケースもあるかもしれません。


園に規定がある場合でも、保育士として働きやすい靴や靴下のポイントを踏まえて選ぶことが大切といえるでしょう。



園の規定やポイントを押さえて保育士の靴や靴下を選ぼう

今回は、保育士が日々の勤務で必要になる靴や靴下の選び方について紹介しました。


靴や靴下は、勤務の際に必ず身に着けるものですので、汚れたり、色落ちしたりすることがあるかもしれません。靴下であれば汚れをカバーする靴下カバーがありますし、外靴や上靴(上履き)は汚れに強い素材のものを選ぶと、長く履き続けることができそうですね。


また、季節によっては外で雪遊びをすることもあるため、足先が冷えないような内側に裏起毛があるタイプや滑り止めがあるタイプの靴や靴下を選ぶなど、素材や機能に配慮しながら選ぶことも大切と言えそうですね。


園の規定や選ぶときのポイントをしっかり押さえて、保育士の業務の用途に応じた靴や靴下を選ぶようにしましょう。