新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

園見学ではどんな質問をすればいい?事前準備や内容、注意するポイント

園見学は就職活動を進めるうえで大切なものですよね。その中で当日「質問」をすることは、事前に調べた見学先の情報をより深く、具体的に知ることのできる手段の一つでもあります。しかし、質問をする際に気をつけるポイントもあるようです。今回は、園見学における質問について、事前準備や質問内容、注意点を紹介します。


園見学ではどんな質問をすればいい?事前準備や質問内容、注意するポイント

milatas/shutterstock.com



園見学での質問は、就職活動がうまくいくポイント?

就職活動において、園見学は事前に保育施設のことを知ることのできる大切な機会ですよね。


そのなかで、事前に見学先の施設情報を調べたときに「ここの具体的な内容を知りたい」「調べた情報はこうだったけど、実際はどのようにしているのだろう」と疑問がわいてくることもあるかもしれません。


そのようなとき、「より具体的に知りたい・聞きたい内容」をリストアップし、園見学当日に「質問」をすることで、見学先の施設を深く理解することができるでしょう。また、就職活動をスムーズに進められる判断材料にもなります。


さらに、積極的に質問することで施設側から見ても「この保育学生さんは、うちの園に興味を持ってくれている」という印象にもつながりそうですね。


今回は、園見学における質問に着目して紹介します。
質問する前に準備しておくことや質問内容、注意点するポイントも説明するので園見学に臨む際の参考にしてみてくださいね。



園見学で質問をする前に準備しておくこと

園見学でスムーズに質問するためには、事前に準備しておくことが大切といえるでしょう。


そのため質問をする前にはあらかじめ、


  • 園見学先の施設情報を調べる
  • 質問したい内容をリストアップする

以上を準備しておくと、スムーズに質問をすることができそうです。
ここでは、園見学で質問をする前に準備しておくことについて紹介します。



園見学先の施設情報を確認する


園見学先の施設情報を事前に調べることは、質問をする上でとても大切になります。


園の施設情報を何も確認しないまま、「保育理念はどのようなものですか」「園目標はなんですか」と質問をしてしまうと施設側から「事前に何も調べていない保育学生さん」という印象を持たれてしまうかもしれません。


園によって施設に関する情報の量は異なるものの、園独自のホームページなどを開設している場合は、基本情報として保育理念や子どもの定員数、園の目標、園の特色などを掲載している場合もあります。そのため、質問をする前に必ず、見学先の施設情報を調べることを徹底しましょう。


もしも、見学先の情報が少ない場合やホームページを開設していない場合は、自身の通う学校の先生に確認すると最低限の情報を収集してくれるかもしれません。



質問リストを作成する


園見学先の施設情報を確認し、どのような保育理念、目標を持っている園なのかわかったあとは、情報をもとに質問内容をリストアップしてみましょう。


簡単にできる質問リストの例を紹介します。


質問リストの例①

以下の質問リストの例は、箇条書きで並べていく方法です。


<質問リスト>

  • ○○○
  • ○○○
  • ○○○
  • ○○○
  • ○○○

この場合は、質問したい内容が限られている、もしくはホームページなどでほとんどの質問したいことは解決しているが補足して聞きたいときなど、質問の数が「少ない」ときに活用するとわかりやすいでしょう。


質問の数が少ない場合であっても優先順位をきちんと決めて並べておくと、限られた時間のなかで質問することができそうです。


質問リストの例②

以下の質問リストの例も、箇条書きで質問を並べていく方法です。
しかし、例①と違うのは「質問したいカテゴリ」ごとに質問リストを作成しています。


<質問リスト>

(1)園の設備について

  • ○○○
  • ○○○
  • ○○○

(2)保育活動・子どもたちの様子について

  • ○○○
  • ○○○
  • ○○○

この方法は、いくつかのカテゴリで複数の疑問を持った際、つまり質問の量が「多いとき」に活用するといいかもしれません。園見学の所要時間によっては、すべての質問に回答してもらえるわけではないようですが、カテゴリごとに質問内容を分類してリスト化することで、「どの内容の」「どんな質問」なのかをきちんと明確にすることができるでしょう。


その際も必ず、優先順位をつけてリストアップすると、限られた時間のなかで効率よく質問することができそうです。


このように、園見学前に見学先の施設情報を確認し、聞きたい質問を整理することでスムーズに質問することができるでしょう。



園見学においての具体的な質問内容・項目

園見学に行く前に準備することについてわかったところで、具体的にどのような質問内容にするといいのでしょうか。くわしく見ていきましょう。



子どもの過ごし方・活動の様子


園見学で実際に見て感じた、子どもの過ごし方や活動の様子に関する質問内容を作成してみるといいでしょう。


たとえば、0歳児から6歳児までの子どもたちを預かっている園には、「異年齢同士の子どもたちが関わる機会などは定期的に作られているのですか?」と、異年齢の子どもたちとの関わりについて気づいたことや過ごし方での質問をするといいかもしれません。


また、子どもたちが遊んでいるなかでお片付けの時間がきてしまった場合に、「子どもたちが遊び途中のもの(作り途中のもの)を次の日にすぐ始められるようにするために工夫していることはありますか?」と、子どもたちの遊び場を先生たちがどのように配慮していることなどを聞くと、工夫しているポイントを聞き出すことができそうです。


このように子ども同士がどのように関わり合い、どのような遊びをしているのか、保育士が子どもにどのように対応しているのかに注目すると質問したい内容が見えてくるかもしれません。


あらかじめ収集した施設情報の保育理念、園目標などと照らしあわせるとより具体的な質問内容を作成するのに役立つでしょう。


さらに、園の壁面製作や装飾はどのようなものが行われているかなどにも視点をおくと、保育や教育の内容に踏み込んだ具体的な質問内容を考えることができるかもしれません。



職場の雰囲気・人間関係


保育士として働く際、職場の雰囲気や人間関係などの職場環境はとても重要になりますよね。
そのため園見学の質問では、職場の雰囲気や人間関係に関する内容を考えてみるのもいいかもしれません。


園によっては、正規職員だけでなくパート職員や時短勤務の職員がいる場合もあるため、職員間のコミュニケーションが取りにくい場合もあるでしょう。そういった場合に、「コミュニケーションを充実させるために工夫していることはありますか?」などを聞いてみると、事前に調べた情報からでは知り得ない有益な情報を収集することができるかもしれません。


さらに、保育現場では情報の共有や連携がとても大切になります。職員間のチームワークや連携等で意識していることや工夫していることはあるかなどを聞いてみると、職場の雰囲気や人間関係をより知ることができそうですね。



設備、事故予防の工夫


子どもたちが怪我をしないように工夫したり、設備環境を整えたりすることは子どもたちを預かるうえで園にとって大切なことですよね。


そのなかで、新規オープンしたばかりの園など設備はきれいでも、事故予防対策におけるマニュアルが作成されていないこともあるかもしれません。一方、設立からしばらく経っている園の場合、遊具などの設備が古くなって傷んでいたり、壊れてしまったまま放置されていたりすることも考えられます。


そういったときには「今後、事故防止対策として取り入れようとしている工夫はありますか?」「使い続けている遊具が古くなったり、壊れてしまったりしたとき、どのように子どもたちに声掛けをしていますか?」などと質問してみると、子どもたちの安全を守るためにどのような点に配慮している園なのか、イメージすることができるでしょう。


このような質問をすることで、事故や怪我防止に対する自分自身の意識も高まり、子どもたちの安全を考えた声掛けや工夫ができるようになるでしょう。


園見学における質問内容は、事前に下調べした情報やリスト化した質問に加えて、園見学に行ったからこその気づきや感じたことをもとに作成すると、見学先の園のことをより深く知ることができそうです。



園見学で質問をするときの注意点

園見学では、自分が知りたいと思ったことをなんでも質問するのではなく、いくつかの点に注意して質問することが大切になるようです。


ここでは、園見学で質問するときの注意点について紹介します。



園見学の時間に考慮した質問の数にする


園見学の所要時間は、園によるもののだいたい一時間くらいのようですが、その限られた時間のなかで質問ができるのは貴重ですよね。


同じ見学先に複数の保育学生さんがいる場合、全員の質問を受け答えすることが難しかったり、仮に自分のみであっても所要時間によっては質問したい項目をすべて聞くことができなかったりすることもあるかもしれません。


そのため、事前に用意した質問リストの中から2~3つピックアップしたり、優先順位の高いものを質問したりするなど、臨機応変に対応することが重要といえるでしょう。


園見学中に、園長先生などからくわしい説明があれば事前に用意した質問も少しずつクリアになるかもしれません。所要時間に合わせて最終的にこれだけは聞きたい、という質問内容を聞くとよさそうですね。



給料・待遇面の質問は控える


給料面や待遇面の質問は控えるようにしましょう。


園見学で保育学生が見るべきポイントは、園の様子や雰囲気、保育活動、子どもや職員などの職場環境です。どのような保育を行っているのか、自分がこの園で働いたときのことをイメージしながら見学をすることで、自分にあった就職先を見つけることができるでしょう。


また、給料や待遇のことを質問すると給料の高さや待遇面で就職先を判断している、という印象につながってしまうかもしれません。


そのため、園見学の質問では、給料面や待遇面の内容は控え、園で魅力に感じたことや力を入れて取り組んでいることなど、この園で自分が働いたときのことを想像した質問にするといいでしょう。



他園と比較するような質問はしない


園見学の質問では、他園と比較するような質問はしないように気をつけましょう。


就職活動のなかで、園見学を複数行う場合もありますよね。その際、「○○園はこのような保育活動を行なっていたのですが、○○(見学先)園では行わないのですか」などと比較するような質問をしてしまうと、園見学先に対して失礼な印象を与えてしまうでしょう。


園には、それぞれの園の方針や特色があります。他の園とは比較できないほどの魅力が詰まっているため、他園と比較するような質問はしないよう注意することが大切です。


このように、園見学では質問したい内容を整理するだけでなく、控えなければならない質問内容もあるので、注意点を抑えて質問を考えると就職活動を上手に進めることができるでしょう。



質問をきちんと整理して、園見学での学びを就職活動に活かそう

今回は、園見学における質問について、事前準備や具体的な質問内容、注意点を紹介しました。


保育活動や子どもの様子、職員同士の雰囲気など、実際に自分の目で見ないとわからないことはたくさんあります。そのため園見学での質問は、下調べした施設情報だけでは知り得ないより具体的な情報を収集できるチャンスといえるでしょう。


さらに、就職活動をスムーズに進めるためにも園見学は重要になります。事前に見学先の情報をきちんと調べ、質問したい内容に優先順位をつけながらリスト化することで当日も効率よく質問を行えるかもしれません。質問をする際は失礼のないように注意点も理解しながら、園見学での学びを就職活動に活かせるといいですね。