保育士の履歴書の書き方。封筒の宛名や添え状の書き方まで解説【保育士の就活ガイド】 | 新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト【保育士就活バンク!】

保育士の履歴書の書き方。封筒の宛名や添え状の書き方まで解説【保育士の就活ガイド】

保育士の就職活動で、採用担当者が履歴書を受け取ったとき、読み取るのは学歴や志望動機だけではありません。封筒の宛名書きや添え状など、 履歴書の書き方と送り方のマナーの全体を見て「この人は社会常識があるか」「丁寧な保育ができそうか」を判断しています。正しい履歴書の書き方と書類送付のマナーを身につけて「ぜひこの人と働きたい」と思ってもらえるような履歴書を書きましょう。

保育士の就活ガイド 履歴書や封筒あて名の書き方 kf4851/iStock.com

履歴書を書く前に準備すること

履歴書や職務経歴書を書き始める前に、最低限準備しておくことを把握しておき、スムーズに書き始められるようにしておきましょう。
動画で履歴書の具体的な書き方ががわかるようになっています。より詳しい書きか肩ポイントは、以下の章を読みながら参考にしてくださいね。



履歴書と封筒

履歴書

履歴書は文具店などで購入することができます。
市販の履歴書はB5サイズが一般的ですが、職務経歴書と合わせてA4サイズにそろえるのもよいでしょう。志望動機や自己PR欄などの記入項目の内容が、メーカーによって異なっているため、大型の文具店やWEB通販などで何種類か比較したうえで購入するとよいでしょう。パソコンとプリンターがあれば、テンプレートをダウンロードして使用することもできます。


封筒

履歴書を送付するための封筒は、市販のものであれば履歴書といっしょにセットになって販売されていることが多いようです。
封筒のみ購入したい場合は、履歴書の大きさに合わせて購入しましょう。2つ折りにして送付できる大きさが好ましいです。


筆記用具

履歴書はパソコンと手書きでの作成があります。業界によってはパソコンで作成することも多いのですがが、保育業界では子どもの教育にかかわる観点から、手書きが一般的です。


黒いボールペン、万年筆で丁寧に書く

「字を書くのが苦手」という方もいるかもしれませんが、履歴書では字の上手さよりも、読みやすく丁寧に書く気遣いが大切です。例え字が上手な人でも、慌てたような雑な書き方は印象が悪くなってしまうでしょう。


字を間違えても修正テープは使わず、初めから書き直す

あらかじめ下書きをしたり、原稿を作っておき、それを写すようにするとミスが減り、書き損じが少なくなるでしょう。


記入漏れや誤字がないか必ず確認する

文字のチェックは全ての仕事の基本です。ここが抜けると、どんなによい内容を書いても注意力が足りないと判断されてしまうこともあるでしょう。


志望動機、自己PRや長所短所をまとめる

履歴書を書き始める前に、志望動機欄や自己PR欄については書く内容を吟味して決めておかないと、いきなり書こうとしても何を書いてよいのか迷ってしまうことも。また、書類選考の段階で採用担当者が重視する項目でもあるため、事前に内容についてしっかり考えておきましょう。


保育士の志望動機の書き方と例文

志望動機の書き方と例文については、次のページにより詳しく書いてあります。考える際の参考にしてください。

志望動機の書き方と例文についての詳しい説明はこちらから


保育士の自己PRや長所短所書き方と例文

自己PRや長所短所の書き方や例文については、次のページにより詳しく書いてあります。考える際の参考にしてください。

自己PR、長所短所の書き方や例文についての詳しい説明はこちらから


履歴書を書き終えた後の注意点

履歴書は提出前に必ずコピーを取っておく

面接官は履歴書を見ながら話を進めることが多いです。話を振られたとき「あれ?私、何を書いていたんだっけ?」とならないよう、コピーを取って事前に読み返すようにしましょう。


履歴書の使い回しはしない

複数の園を受験する場合、何枚も似たような内容の履歴書を手書きで書くのは面倒かもしれません。ですが、園によってそれぞれ、風土や運営方針は異なります。志望動機も、当然異なったものになるはずです。『履歴書をコピーして持ってくる保育学生=やる気がない』とみなされてしまう可能性があるので、使い回しはやめましょう。


写真は最後に貼る

誤字などで書き直しになった場合に備え、履歴書に写真を貼るのは最後にしましょう。


書き上げたらクリアファイルに入れておく

時間をかけて書き上げた大切な履歴書です。曲がったり汚れたりしないよう、先方に届くまではクリアファイルなどに入れておき、キレイに保管しておきましょう。


【履歴書の書き方1】写真、日付、氏名、住所、連絡先欄

写真、日付、氏名、住所欄の記入例見本

履歴書写真日付氏名住所欄の記入例見本

日付

履歴書を書いた日ではなく、履歴書を提出する日を記入しましょう。
郵送するならポストへ投函した日、面接に持参するならばその日付となります。
また、ここの日付が西暦の場合は、以降の経歴欄でも西暦を使用し、和暦(令和、平成、昭和)なら和暦を使用するように統一しましょう。


写真

履歴書の顔写真では、以下の点に気をつけます。
・3カ月以内に撮影した「証明写真」を使う。写真シールやスナップ写真は使わない
・髪の毛のカラーは明るすぎないか、髪で顔が隠れていないか
・大きすぎるアクセサリーや、目立つピアスをしていないか
・化粧が濃すぎないか

また、以下のような写真は常識がないと思われてしまうため、やめておきましょう。
・体や目線が正面を向いていない
・背景が白または無地でない
・1人で写っていない(友だちなどと写っている)
・スナップ写真の切り抜きや写真シールなど


氏名とふりがな

名前は正しく丁寧に記入します。
「ふりがな」と書かれている場合は"ひらがな"で、「フリガナ」と記載されている時は、"カタカナ"で書きましょう。
また、印鑑は一部がかすれないように、しっかり均等に力を込めて押印します。


生年月日

冒頭の日付を西暦で書いた場合は西暦、和暦で書いた場合は和暦でそろえます。「満年齢」とは、今現在の年齢のことを示します。ここでは冒頭で記した日付時点でのご自身の年齢を記入しましょう。


住所

現住所は都道府県やアパート・マンション名を省略することなく書きましょう。番地などは「〇-〇-〇」とは書かず、「〇丁目〇番地〇号」と正しく記載します。一人暮らしの場合は、下に実家の住所を記入しましょう。


電話番号

電話番号は、一般的に携帯電話でも問題ないようので、確実に連絡のつく番号を記入しましょう。


メールアドレス

最近ではメールアドレスの欄がある履歴書も多いようです。すぐにチェックできるよう、学校や職場ではない普段使用している個人のアドレスを書きましょう。


【履歴書の書き方2】学歴、職歴、免許資格

学歴、職歴、免許資格の記入例見本

保育士履歴書学歴職歴免許資格の記入例見本
保育士の免許資格の記入例見本

学歴

一般的には高校以降の入学・卒業年月を記入します。 空欄が多くなって気になるのであれば、中学卒業からの記載でも問題はないでしょう。一行目の中央には「学歴」と記載してください。
現在在学中の学校については、卒業予定の年を「〇〇年〇〇月〇〇大学〇〇学部〇〇学科 卒業見込み」のように記入します。
抜け漏れがないように気をつけながら、学校名、学科・コース名など省略せず正式名称で書きましょう。


<卒業年度早見表>

生まれた年(和暦)
(西暦)
中学校卒業 高校入学高校卒業 大学・短大・
専門学校入学
短大・専門など 2年制学校卒業専門など 3年制学校卒業大学など 4年制学校卒業
平成4年
1992年
平成20年
2008年
平成23年
2011年
平成25年
2013年
平成26年
2014年
平成27年
2015年
平成5年
1993年
平成21年
2009年
平成24年
2012年
平成26年
2014年
平成27年
2015年
平成28年
2016年
平成6年
1994年
平成22年
2010年
平成25年
2013年
平成27年
2015年
平成28年
2016年
平成29年
2017年
平成7年
1995年
平成23年
2011年
平成26年
2014年
平成28年
2016年
平成29年
2017年
平成30年
2018年
平成8年
1996年
平成24年
2012年
平成27年
2015年
平成29年
2017年
平成30年
2018年
令和元年
2019年
平成9年
1997年
平成25年
2013年
平成28年
2016年
平成30年
2018年
令和元年
2019年
令和2年
2020年
平成10年
1998年
平成26年
2014年
平成29年
2017年
令和元年
2019年
令和2年
2020年
令和3年
2021年
平成11年
1999年
平成27年
2015年
平成30年
2018年
令和2年
2020年
令和3年
2021年
令和4年
2022年
平成12年
2000年
平成28年
2016年
令和元年
2019年
令和3年
2021年
令和4年
2022年
令和5年
2023年

職歴

新卒や未経験でも、一度社会人経験をした後に再度学校に入りなおすなどして、社会人経験がある場合もあるでしょう。
その際は、学歴の後に1行開けて、職歴を続けて書きます。
職歴については、入職・退職年月を記載します(「入社/退社」か「入職/退職」で統一するようにします)
職歴は一目見て概要がわかるように工夫します。会社名や業種だけではなく、業務内容を簡潔に添えることで、採用担当者がキャリアをイメージしやすくなるでしょう。


免許・資格

保育士資格、幼稚園教諭免許も忘れず書きます。
また、免許・資格名は必ず正式名で書き、すでに取得済の場合は「取得」と加えます。
学校卒業前の記入の場合は、「取得見込み」と加えます。


【免許・資格の記入注意】

保育士は「保育士資格」。
幼稚園教諭の場合は、卒業した学校により3種類がありますので、正しく記入しましょう。
・幼稚園教諭第一種免許(4年生大学を卒業した人)
・幼稚園教諭第二種免許(専門学校や短大を卒業した人)
・幼稚園教諭専修免許(大学院卒の人)
複数の資格を持っている場合は、取得した順に書いていきます。
基本的には応募の際にアピールになるものや、保育の仕事に関係のあるものを記入していきます。あまりに趣味的な資格の記入は避けるのが無難です。


【履歴書の書き方3】志望動機、自己PR、趣味、通勤時間

志望動機、自己PR、趣味、通勤時間の記入例見本

志望動機自己PR趣味通勤時間の記入例見本

志望動機

志望動機では、現在の勤務先から応募先への転職を志望する理由について、ポイントを絞って簡潔に、志望先で仕事がしたいという熱意が伝わるように記載します。
前向きな気持ちで就職を希望していることを伝えるのが最大のポイントです。
文量としては、最低でも記載スペースの半分から、できたら8割以上埋めるようにしましょう。


自己PRや長所短所

自己PRは自己分析の結果を活かすと、よりスムーズに作成できます。「自分らしさ」を伝えるには、自分自身が経験してきたことを書き加えるということも有効です。自分の価値観を変えた出来事や、感動したことなど、心が動いた自分にとって大きな出来事は、自己PRにより説得力を増します。
また、新卒の保育士の場合は、保育の経験がないために、熱意や体力が重要になります。例えば、スポーツを経験していた人は「学生時代は〇〇部でしたので体力には自信があります」とアピールするとよいでしょう。また、経験がないことを弱点としてとらえるのではなく、今後、先輩方から積極的に吸収していきたいという熱意を伝えましょう。


趣味、特技

趣味・特技についても簡潔に書いておきましょう。面接の際には、趣味から保育につながるようなエピソードがあると、会話の糸口になりますし、好印象を与えるポイントにもなります。
資格欄には書けなくても、誰よりも努力し続けてきた実績と自負がある趣味や特技ならば「大会で優勝した」「コンクールで入選した」「手芸歴10年」などと詳細を書いてアピールするのもよいでしょう。趣味や特技は、できるだけ自分の人柄が伝わる内容のものを選びましょう。


通勤時間

電車などの乗車時間に加え、自宅から最寄り駅などへの移動時間を含めた、ドアtoドアでの通勤時間を記入するようにしましょう。


本人希望欄

配属先の希望や、福利厚生制度の利用有無などを記入する欄です。
もし希望があれば、明確にしておきましょう。借り上げ住宅制度の利用や、社員寮(ある場合)の希望などがある場合もこちらに記載します。
給与や休日などの希望に関しては、よほど絶対条件でない限り、控えたほうがよいでしょう。 特に希望がない場合は「貴園の規定に従います」と記入しておきます。


【履歴書を送る封筒の書き方】

履歴書などの応募書類を郵送で送る場合には、応募先からとくに指定がなければ用紙を折らずに入れられるサイズの封筒を用意しましょう。封筒の色は、白無地のものを使用するのがマナーのようです。


封筒の書き方の見本

履歴書の封筒の書き方の見本

封筒

基本的には、見本のように縦書きで記入していきます。書類を折らずに入れられるA4かB5の大きさを選ぶとよいでしょう。封筒をのりづけしたあとは「〆」「封」などの封字を書きます。


住所と宛名

住所

送り先の住所は都道府県から正確に記入し、宛名が株式会社の場合には(株)などの略字を使わないようにしましょう。会社名や部署名を省略することなく書きます。


宛名

宛名は個人ならば「様」、採用チーム、人事部などの部署であれば「御中」です。併用したり、間違えないよう注意しましょう。
送る担当者が不明な際は、
「〇〇保育園採用ご担当者様」としたり、
「〇〇株式会社〇〇部〇〇課御中」としても大丈夫です。
封筒の端のあたりに、赤字で「履歴書在中」と書くことも忘れずに。


切手

切手は封筒の左上に貼ります。重さによって切手の値段が変わる場合があるため、心配な場合は郵便局で確認してから切手を購入しましょう。


【添え状の書き方】

郵送の場合には、添え状(送付状)を同封しましょう。
添え状は、採用担当への「あいさつ状」で、どういった内容の書類が、何部あるのかといった「送付書類の内容」を示すものでもあります。


添え状の見本

平成〇年〇月〇日

〇〇保育園

採用ご担当者様

拝啓 貴園におかれましては、
ますますご清栄の事とお喜び申し上げます。
のたびは、お忙しい中お時間をいただき
ありがとうございます。
応募書類を下記の通り送付させていただきますので、
ご査収のほどよろしく願いいたします。


添付書類

・履歴書   1通
・職務経歴書  1通

以上

〒〇〇〇‐〇〇〇〇
〇〇県〇〇市〇〇
氏名
連絡先電話番号:〇〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇


添え状の書き方

・要旨は応募書類と同じ大きさが基本。一般的にはA4サイズで作成します。
・横書きでパソコンで作成するのが一般的です。必ず1枚に収めましょう。
・文体は「ですます調」で書きましょう。


添え状の記入内容

添え状には以下の内容を記入します。


送付年月日

書類を投函する日を記入します。応募書類にあわせて西暦か和暦で統一しましょう。


宛先

応募先と採用担当者の部署、担当者名を書きます。部署あての場合には「御中」、個人あての場合には「様」と敬称をつけます。


署名

応募者の郵便番号、住所、氏名、電話番号、メールアドレスを記入します。


挨拶文

「拝啓」からはじまり、時候のあいさつや見本のような定型のあいさつ文、簡単な自己紹介や何に応募するのか、また選考のお願いなどを簡潔に書いたうえで、「敬具」で結びます。


同封する書類の内容と、封入部数を箇条書きで書きます。最後は必ず「以上」でそのほかに同封書類がないことを示すようにしましょう。


履歴書を持参するときのマナー

持参するときは書類は封筒に入れる

履歴書を直接持参する際は、マナーとして封筒に入れていきましょう。送り先の宛名を書く必要はありませんが、面接官がひと目見て分かるよう、以下を記入しましょう。

・表の左下に「履歴書在中」と赤字で記載
・裏には自分の氏名と住所を書く


面接時に直接渡す場合

封筒から書類を出し、上に重ねて面接官から見やすい向きにしたあと、必ず両手で渡しましょう。「こちらが履歴書です。本日はよろしくお願いします」など一言添えられると印象がよくなるでしょう。


手渡しだけの場合は事前のアポイントを

面接時に持参という形ではなく、履歴書の提出のためだけに伺う場合は、事前に連絡を入れてお邪魔してよい時間を確認しましょう。


保育士の履歴書の書き方は丁寧な直筆で

保育士の仕事が始まると、連絡帳など手書きの文で保護者とコミュニケーションを取る機会が増えてきます。 「丁寧に分かりやすい字が書けるかどうか?」は採用基準のひとつになると考えてよいかもしれません。
履歴書は自分の人柄と仕事への熱意、そして志望の思いを伝えるための、志望企業や志望園への手紙です。マナーを守って、一文字一文字しっかりと丁寧に書きましょう。