新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

【保育士の面接対策】面接で聞かれる質問例。長所・短所など受け答えのしかたや対策

新卒保育士としての採用面接において、質問の受け答えに悩む就活生さんもいることでしょう。面接官の質問にどういう意図があるのか知ることができれば、答えやすくなるかもしれません。今回は、保育士の面接について、よく聞かれることや回答例、面接を前に意識しておくとよいことなどをくわしく説明します。

面接を受けている様子

aijiro/shutterstock.com



保育士の面接における質問の意味とは?

就職活動において、書類選考だけでなく面接が行われることがありますよね。
その際、面接官からさまざまな質問をされることでしょう。


長所や短所など多くのことを聞かれることがありますが、面接官が質問する意味としては、以下のようなことが挙げられます。


  • 履歴書やエントリーシートで申告している情報と齟齬がないか確認したい
  • 応募者の人柄を知りたい
  • 園で働きたいという意欲があるか知りたい
  • 自園の保育方針や保育理念と考え方が一致しているか知りたい

このように、面接官が採用試験の面接で確認したい点として、入職したいという意欲や保育に対する考え方などがあります。また保育士さんは子どもやその保護者、職員同士でのコミュニケーションを密接にとる仕事のため、人柄を確認するような質問を行うところも多いかもしれません。


そのため保育士として働くための面接では、面接官の質問の意図を汲み取り、自分なりの回答を事前に用意して面接を臨むことが大切といえそうです。


では実際、どのような質問をされるのか見ていきましょう。



保育士の採用面接でよく聞かれる質問内容

就活生さんの場合、勤務経験がある保育士さんの転職と違って、業務経験やスキルが少ないことがあります。そのため、保育の経歴やキャリアなどについては深く聞かれないものの、人柄や保育士として働くことの熱意、保育士という仕事に向いているか向いていないかを見られていることがあるでしょう。


面接でよく聞かれる質問として、次のような内容が挙げられます。


【面接でよく聞かれる質問項目】
・自己紹介
・志望動機
・自己PR
・長所・短所
・保育士としての意欲
・逆質問


項目ごとにくわしく説明していきます。



【面接でよく聞かれる質問1】自己紹介

保育士の採用面接でよく聞かれる質問として自己紹介が挙げられます。
自己紹介をするときのポイントについて見ていきましょう。



自己紹介の質問意図


面接では、面接官から「簡単に自己紹介をお願いします」と言われることがありますが、そこにはどのような意図があるのでしょうか。


自己紹介を聞く意図として、応募書類に書いた内容について掘り下げる、応募書類には書いていない内容について聞きたい、という思いがあるようです。
そもそも面接官は履歴書や職務経歴書を事前に読んでいるので、学歴や職歴などはおおよそ把握しています。


そのため、採用試験の面接における自己紹介では、履歴書に書いた内容をそのまま答えるのではなく、応募書類では書ききれなかった「具体的な内容」を伝えましょう。
保育士さんの仕事と関連性の高い経験やスキルについてはしっかりとアピールし、逆に関連性があまりない経歴については簡単な説明に留めるといいかもしれません。



自己紹介をするときのポイント


自己紹介は面接の導入部分に行われます。 「感謝の言葉、学校名、氏名、学校で学んだことや保育に関連する活動、挨拶」の順に話すと、面接官も応募者の情報を整理しやすくなるかもしれません。


自己紹介は面接における挨拶のようなものですので、特技や強みなどアピールしたいことは簡単に触れる程度にしましょう。内容はあくまで簡潔にまとめ、ハキハキとした口調と明るい表情で話すのもポイントです。



自己紹介の回答例


「貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。〇〇大学から参りました、〇〇と申します。大学では保育について学んでおりますが、サークルは合唱団に入っており、大人数で歌う楽しさを改めて感じました。5歳から学んできたピアノを生かし、子どもたちに歌う楽しさと笑顔を伝えられる保育士になりたいと思っています。本日はよろしくお願いいたします」


新卒保育士さんの採用面接では、「1分程度で自己紹介お願いします」など話す時間が制限されるケースもあるようです。園によっては2分、もしくは30秒というところもあるため、複数のパターンを考えて練習しておくといいでしょう。



【面接でよく聞かれる質問2】志望動機

保育士さんの面接では、志望動機について聞かれることがあります。
志望動機の質問例と回答例を見ていきましょう。



志望動機の質問意図


面接官が志望動機を聞く意図として、入園したいという意欲と熱意を知りたいからという理由が考えられます。


事前に「志望動機の掘り下げ」を行い、志望理由をきちんと伝えられるよう準備しておきましょう。保育士という仕事への意欲や入園したい熱意が低いと思われてしまうと、面接での評価は低くなってしまう恐れがあります。


自己紹介と同様に、応募書類に書いた内容をそのまま話すのではなく、そこに書き切れなかった具体的なエピソードなどを付け加えて話すといいかもしれません。



志望動機を答えるときのポイント


面接官は自園への理解と熱意、保育士としての強みを見ているため、志望動機では園の方針に共感していることや、どうしてもこの園で働きたいという気持ちを伝えましょう。


園見学や保育実習など、面接の前に園との接点があれば、そのときのエピソードを加えるといいかもしれません。 具体的な話を盛り込むことで、より自分らしい受け答えができそうですね。
志望動機は自己PRと異なるため、入園したいと思った理由や入職後の目標などを中心に伝えることがポイントといえます。



志望動機の質問例と回答例


志望動機に関する質問はさまざまあるため、質問例と受け答えのしかたについて説明します。


志望動機でよく聞かれる質問例

  • 保育士になりたいと思った理由はなんですか?
  • この園を志望した理由はなんですか?
  • どのような保育士を目指していますか?
  • なぜ幼稚園でなく保育園を選んだのですか?(逆もあり)
  • 公立ではなく私立を選んだ理由はなんですか?(逆もあり)
  • 保育士(幼稚園教諭)という仕事の魅力は、どのようなところだと思いますか?

志望動機の回答例

「私は家庭のような温かみのある保育をしたいと思っています。貴園の保育理念である、『明るく、元気に、のびのびと』に共感して、先日園見学をさせていただきました。その際に感じたアットホームな雰囲気と、少人数保育のため子どもたち一人ひとりを大切にしている点に魅力を感じ、貴園を志望致しました。入園後は子どもたちにしっかりと向か合い、豊かな感性を育んでいけるような保育を行いたいと考えています」


面接の志望動機では、応募した園を選んだ理由だけでなく、保育士、もしくは幼稚園教諭という職業を選んだ理由などを聞かれることがあるようです。回答に詰まらないように、よく聞かれる質問例を参考にして受け答え方を考えておきましょう。


【面接対策:参考動画】



【面接でよく聞かれる質問3】自己PRや長所・短所

保育士の面接では、自己PRや長所・短所について聞かれることが多いようです。
自己PRや長所・短所についてくわしく説明します。



自己PRや長所・短所の質問意図


自己PRや長所、短所を面接で質問するのには、自園に合った人物なのか確認するために強みや得意とすることを聞きたいという意図があるようです。


自己PRや長所では、応募者の得意分野や自身の強みを聞くことで自園において活躍できる人材かどうかを判断するだけでなく、自園の保育理念や日常保育と合うかどうかも見ているといわれています。


ほかにも、新卒保育士さんの採用面接では、「あなたの短所を教えてください」のように、ネガティブなことを質問されることがあるようです。短所を聞かれたときは、面接官が困難を克服する力やハプニング時の対応力、対処方法などを見ているかもしれません。



自己PRや長所・短所の答えるときのポイント


自己PRや長所は、保育士さんとして働くうえで強みになるようなことを話します。
一方、短所は自己分析をして素直に自分の弱みを話すだけでなく、対策方法や改善点も伝えることがポイントです。


面接で答えるときは最初に結論から話し、その後でエピソードなどの具体例を話していくと、面接官に自分の言いたいことが伝わりやすくなるでしょう。


法人企業や園が掲げる保育理念や保育方針によって、求める人物像は異なりますが、


  • 子どもが好きな人
  • 明るく、協調性がある人
  • コミュニケーション能力の高い人
  • 保育士として適性がある人

このように、前向きな要素を備えている人は、保育業界に限らずどこの職種でも歓迎されるかもしれません。短所を言うときも前向きな言葉に言い換えることで、ポジティブな印象になりそうですね。



自己PR、長所・短所の質問例と回答例


面接で自己PRや長所・短所について質問されたときは、どのように答えればいいのでしょうか。質問例と受け答えのしかたについて具体的に説明します。


自己PR、長所・短所で聞かれる質問例

  • 自己PRをしてください。
  • 自分の長所と短所は何だと思いますか?
  • 今までに一番嬉しかったことはなんですか?
  • 今までに一番大変だったことはなんですか?
  • 短所を補うためにしていることはありますか?
  • 趣味や特技はありますか?

自己PRの回答例

「私は体を動かすこと好きで、高校3年間は陸上部に所属していました。今でも休みの日になると、友人とテニスやフットサルをして身体を動かしています。 貴園の園見学に参加した際、保育活動で行っていた運動遊びを拝見しましたが、いずれは子どもたちみんなが楽しめる運動遊びのアイデアを提案したいと考えています。 今後保育士として働く中で、運動遊びのアイデアについて先輩方にご指導いただきながら、スキルを高めていけるように努力してまいります」


長所・短所の回答例

「私の長所は1つのことに対してやり続ける継続力や根気強さがあることです。小学校の頃から手芸が好きで、現在も趣味の1つとして続けています。自分の作ったバッグや小物入れを見て、友人や家族から同じものをつくってほしいと頼まれることもあります。
短所は緊張しやすいところだと思います。しかし、手芸で培ったコツコツ続けていく精神により、人前で発表する機会を少しずつ増やしたことで、最近は落ち着いて話せるようになってきました。この根気強さと継続力を生かし、保育士として働く際に厳しい場面に遭遇したとしても、先輩方や他の職員の方たちのご指導を仰いで、長く向き合っていきたいと考えています」



【面接でよく聞かれる質問4】逆質問

面接の様子

metamorworks/shutterstock.com


面接の最後に「何か聞きたいことはありますか?」「当園への質問はありますか?」など、面接官から質問をされたら、積極性をアピールする絶好のチャンスといえるでしょう。


採用試験の面接で逆質問をするときのポイントを紹介します。



逆質問の質問意図


面接で逆質問をする意図として、入園への熱意が知りたい、自園について知ってほしいなどの理由があるようです。


園について積極的に質問することは、自園に興味がある、入園したいというアピールにもつながるでしょう。そのため、逆質問のときに「質問は特にありません」というのではなく、自分が入職した際に考えられることについて質問するといいかもしれません。


園のことをさまざまな質問することで、園への理解度を深めたり、疑問を解消したりすることができそうですね。



逆質問をするときのポイント


面接で面接官から逆質問をされたときは、どのように答えればいいのでしょうか。
逆質問の受け答えをするときのポイントを紹介します。


質問は事前に用意しておく

逆質問をされることも考えて、あらかじめ事前に質問することを考えておくといいでしょう。


面接の最中に疑問が解決してしまうこともあるので、5個以上用意しておくといいかもしれません。普段から保育に関する時事ネタに目を通しておくと、いざというとき言葉が浮かびやすくなりそうです。


また、面接で質問する相手も想定しておきましょう。園長先生であれば園の方針について、人事担当者には就業条件について、実際に保育を担当している方は仕事内容について聞くなど、誰に何を聞けば解決するか想定して考えおくと、本番も慌てることなく質問できるかもしれません。


調べて分かることは質問しない

保育園のホームページや求人票を見て分かることは、質問しないようにしましょう。


そのためには、ホームページや求人票はきちんとチェックしておくことが大切になります。
一方で、公開された情報を掘り下げる質問は意欲的に捉えられるかもしれません。


例えば 「ホームページでは食育を通して地域との交流に力を入れているとありますが、具体的にはどのような取り組みをされているのでしょうか?」 など、興味を持った内容を掘り下げることで質問しやすくなりそうです。


労働条件についての質問は慎重に行う

新卒保育士さんとして働く際に、労働条件について気になる方もいるかもしれませんが、質問する場合は内容をよく考えてから聞きましょう。


給料や賞与、残業時間など、労働条件について質問は1回か2回に収めましょう。労働条件ばかり尋ねてしまうと、「この人は職務内容や保育活動より、働く条件のほうが大切なのかな?」と思われてしまう可能性があります。


メモを見る場合は面接官の了解を得る

突然メモを取り出して見ながら話してしまうと、面接官の印象を左右するかもしれないので、きちんと了解を得てから話すようにしましょう。


質問内容が多いと覚えきれないため、メモを持参する方もいるようです。
メモを見る前に、「申し訳ありませんが、質問のメモを見ながら話してもよろしいでしょうか?」と面接官に尋ね、了承を得てから内容を確認します。逆質問のときだけメモを見ながら話す、ということであれば面接官の心証は悪くならないかもしれません。


【面接対策:参考動画】



【面接でよく聞かれる質問5】その他の質問例

そのほかに、保育士の面接でよく聞かれる質問をまとめました。
どのような意図で質問しているのかを面接官の目線で想像し、把握することで、より意図にあった受け答えができるかもしれません。



保育への意欲


  • 保育の仕事の中で、何が大切だと思いますか?
  • どんな保育士になりたいですか?
  • 保育士として働く魅力はなんですか?


時事問題やニュース


  • 子ども関連のニュースで気になることはなんですか?
  • 待機児童解消のために何が必要ですか?
  • 幼稚園と保育園の違いはなんだと思いますか?
  • 公立園と民間園の違いについて説明してください。


保育への知識


  • 好きな絵本はなんですか?
  • 子どもたちとどんな歌を歌いたいですか?
  • 園庭で遊ぶときに注意すべき点はどこでしょうか?
  • 保育中の事故を防止するために、何をすればいいと思いますか?
  • 保護者が育児と仕事を両立できるようにするために、園にはどんなサービスが必要ですか?
  • 保護者が園に期待していることは何だと思いますか?


保育への理念


  • 保育の仕事の中で、何が大切だと思いますか?
  • ご自身の保育理念について教えてもらえますか?
  • 大学では保育についてどんなことを学びましたか?


採用後の希望


  • 何歳児を担当してみたいですか?
  • 担任をやってみたいと思いますか?
  • 残業は可能ですか?
  • 働くときに希望の時間帯はありますか?
  • 他の園に異動になっても大丈夫ですか?(公立保育園や複数の園を運営している場合)


保育士の採用面接における受け答えのポイント

保育士の面接で質問に答えるときは、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。
面接における受け答えのポイントを紹介します。



結論を先に言う


面接の質問に対して答える場合は、まず結論から伝えることを意識しましょう。


結論を明確に伝え、その結論を補足する具体的なエピソードや実際の経験などについて語ることで説得力が出てくるかもしれません。そして結論として、自園を志望したこととどうつながっているのか、働くうえで役に立つことについて伝えられると、回答としてまとまりが出てきそうです。



質問に即した返答をする


質問に対して答えるときは、内容が脱線しないように注意が必要になるでしょう。


保育士さんの採用面接では、答えることに詰まってしまったり、言いたいことを忘れたりすることがあるかもしれません。そのとき思いついたまま話し始めてしまうと、内容がまとまらないだけでなく、質問に対して的外れなことを言ってしまう可能性があります。


できるだけ面接官の質問から外れないようにするためには、先ほど説明した結論から述べることを意識し、結論の内容に沿ったことを話しましょう。



返答は30秒~1分程度にまとめる


質問に対して答えるときは、30秒~1分程度で終わるように意識して話すといいかもしれません。


一般的に質問に対する受け答えが長くなるほど、質問に対する意図からずれやすくなるといわれています。話す時間は大体1分程度を意識し、時計やスマートフォンなどで時間をはかりながら練習するといいかもしれませんね。



保育士の面接で意識すべき姿勢や挨拶のしかた

保育園にいるスーツを着た女性

milatas/shutterstock.com


保育士の採用試験で面接を受けるときは、姿勢や挨拶のしかたなどさまざまなことを意識しなくてはいけません。
どのようなことに意識すればいいのかくわしく見ていきましょう。



丁寧な言葉遣い


丁寧な言葉で話すことは、面接をするうえで基本的なマナーといえます。


しかし、いつも話している言葉遣いがつい出てしまう恐れもありますし、敬語を使い慣れていない場合は、スムーズに言葉が出てこないことも考えられるでしょう。そのため、面接を受ける前にできるだけ敬語を使って話したり、敬語について勉強したりすることで言葉遣いが乱れにくくなりそうです。



話すときや聞いているときの姿勢


面接では受け答えの内容だけでなく、話すときや聞いているときの姿勢や表情も重要です。


椅子の背もたれに寄りかかったり、話すときに背筋が曲がっていたりすると、面接官の印象が悪くなることも考えられるため、椅子には背筋をしっかり伸ばした状態で座ります。 面接官が話しているときや集団面接で別の人が話しているときも、視線を下に落とさずにしっかり話し手のほうに顔を向けて、聞いている姿勢が相手に伝わるように心がけましょう。


自分が話すときは、明るい表情づくりだけでなく、面接官の目を見て話すことが大切です。視線をそらしながら話したり、下を向いて話したりすると、暗い印象を与えてしまう可能性があるため気を付けてくださいね。



ハキハキとした口調


面接で受け答えするときは、面接官に聞こえやすい声の大きさでハキハキと答えられるよう意識します。


人は緊張すると声が上ずってしまったり、早口になってしまったりする傾向があるようです。そのため話すのが苦手という方は、聞こえやすい声の大きさや、落ち着いて聞こえる声のトーンで話せるように、事前にしっかりと練習しておくといいかもしれません。



保育士の面接をする前に行っておくとよいこと

保育士さんの採用面接を受ける前に、園の情報を確認することが大切になります。
質問対策としてどのように情報収集をすればいいのか説明します。



資料請求や公式ホームページの情報を確認


志望する園の情報収集する際は、資料請求や運営する法人のホームページを見るといいでしょう。


資料請求を行うと、パンフレットなどが郵送されてきます。園のパンフレットには、ホームページにはない情報が掲載されていることもあるようです。しっかり読み込みこんで、気になったことは逆質問の際に質問してもいいかもしれません。


運営する法人や園の公式ホームページがあれば、1年間の主なスケジュールや日常保育の様子などを確認できるでしょう。指導方法や保育士さんの役割分担など、実際に働いてみないと分からないこともありますが、どのような保育理念を持っているか、保育方針に沿った保育活動などを把握することができそうです。


保育理念や保育指針について知ることで、自分が行いたい理想の保育や、自分のスキルや特技がどのようなことで保育に役立ちそうか見えてきそうですね。



就職フェアや合同説明会に参加する


就職フェアや合同説明会に参加して情報を得るという方法もあるでしょう。


就職フェアや合同説明会では、採用募集している園の採用担当者や園の職員などが参加し、直接話すことができる機会を設けているところもあるようです。
実際に園で働いている方と話すことができれば、園のリアルな情報を聞けますし、保育士さんとして働く自分をイメージしやすくなるかもしれません。



園見学に行く


志望する法人や志望する園で園見学を行っている場合は、参加することで園の情報を自分の目で確認できるでしょう。


園見学は施設の規模や設備、保育の内容、職員同士の雰囲気など、実際に確認できるまたとない機会です。それにより、保育士さんとして働き続けられそうかの判断もできるでしょう。


園見学と同じように、保育実習での経験も採用面接で役立ちそうです。実際の保育内容を見たり、学んだりしたことを面接で伝えることは、志望動機や入園したいという熱意を伝える際に、説得力を待たせることができるかもしれません。



OB、OGが勤める園を訪問する


保育施設で働くOBやOGの方を訪ねることは、情報収集をする際の方法の一つといえそうです。


志望する園に同じ学校を卒業した先輩がいる場合は、学校などを通じてアポを取り、話を聞いてみるのもいいでしょう。現役で働いている保育士さんが、今どのように働いているのかを聞くことは、実際にどのように働きたいかを具体的に見極めることができるかもしれません。



時事ニュースのチェック


時事ニュースのチェックで情報を集めることも大切といえるでしょう。


保育士さんの採用面接では、時事問題についてどう考えているのか、自分の意識を問われるような質問をされることがあるようです。特に近年では、保育制度の移り変わりや待機児童に関する問題などに、世間の注目が集まっています。


ニュースサイトや新聞などをチェックし、その問題に対しての自分なりの答えを考えておきましょう。



保育士の面接は質問例を参考にして受け答え方の内容を考えよう

今回は、保育士さんとして働くために受ける面接での受け答え方や質問例について紹介しました。


採用試験の面接では、自己紹介や志望動機、長所、短所などさまざまな質問をされますが、それぞれ意図があります。そのため、面接官に何について聞かれているのか考えて、質問に対してずれないように答えることが大切です。


また面接では短い時間の中で、自分の強みや入園したいという思いを伝えることになります。面接官によって質問のしかたは異なりますが、新卒保育士さんとして働きたいという思いが伝わるような内容を考えてみてくださいね。