新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

学校で「仲間はずれ」にされてしまった保育学生さんの為の、お悩み解決法

悲しいことですが、小学生や中学生だけでなく、専門学校生や大学生になっても「仲間はずれ」という行為は発生してしまうようです。
せっかく「保育士になりたい」という強い意欲をもって学修に臨んだとしても、仲間はずれにされてしまったら、学ぶ意欲も失せてしまいますよね。

学校で「仲間はずれ」にされてしまった保育学生さんの為の、お悩み解決法
そこで今回は仲間はずれを生み出す現状と、仲間はずれにされてしまった場合の対処法について考えてみたいと思います。


◆女子が多い「保育科」の宿命!?「スクールカースト」とは

最近日本の学校(とりわけ女子の間)で「スクールカースト」が蔓延しつつあります。
そしてこのカースト制度こそが、仲間はずれを生み出す土壌になりつつあります。

◯スクールカーストとは一体何!?
スクールカーストとはインドのカースト制度という身分制度をなぞらえたもので、教室内における身分の序列のことを指します。
もとはアメリカの学校で顕著にみられたスクールカーストですが、日本でも2006年ごろからスクールカーストという言葉が聞かれるようになりました。
日本の学校内におけるスクールカーストでは、序列をそれぞれ「一軍・二軍・三軍」「A・B・C」などとラベリングし、その序列化の基準は主に、恋愛経験・容姿・ファッションセンス・コミュニケーション能力(リーダーシップ力)などが重視され、勉強ができるか否か、スポーツができるか否かは重視されません。

◯スクールカーストが発生しやすい学校の特徴
スクールカーストは過剰な平等主義に影響を受けて発生したと言われています。
生徒間での評価の基準が、学力や運動能力以外のところに移行したことによって、スクールカーストは生まれたという考えです。
つまり、スクールカーストが発生しやすい学校の特徴を挙げるなら、あまり勉強にも運動にも熱を入れていない生徒が集まる学校ということになります。
また、男性よりも女性のほうが相手のことを順位付けしたがるという傾向は強いようです。
昨今はマウンティング女子などという流行語まで生み出していますね。
そのため、女子の多い保育科でスクールカーストが発生することは必然なのかもしれません。


◆「仲間はずれ」にされてしまった場合の対処法

カーストの最下層に勝手に位置付けられ、仲間はずれにされたり、不当な扱いを受けてしまう...保育士を目指すか否かに関わらず、人間としてやって良い行為のはずがありません。
しかし、現実には仲間はずれという現象が起きてしまいます。
もし自分がターゲットになった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

◯突然、仲間はずれにされた!? 初動の基本はこれ!
昨日まで楽しく学校で雑談を交わしていた仲間たちが突然よそよそしくなると、頭が真っ白になってうろたえてしまうことでしょう。
しかし、そういう時こそドッシリと構えて冷静にことに当たらなければなりません。
一番よくないのは、混乱に乗じて、不平不満や暴言を仲間たちに吐いてしまう行動です。
これでは余計に相手の不信感を買ってしまいます。
また、強気な相手に対して、オドオドと言いたいことも言えなくなってしまうのも良くありません。
これも相手の思うツボとなってしまいますし、自分の成長も妨げてしまいます。
まずは、冷静に自分の味方になってくれそうな人物をそのグループ内で探すことです。
一人でもそういう友が見つかれば、その子に自分が何か原因を作ったのかを尋ねてみましょう。
グループ内に味方が一人もいない場合は、直接対決するしかありません。

◯仲間はずれの原因が分かった場合の対処法
仲の良い子に原因を尋ねて、仲間はずれの理由が分かり、その内容に納得できたなら、真摯に謝りましょう。
自分勝手な行動がなかったか、自らの行動を振り返ることも大切です。
グループ内に味方が見つからない場合、グループ内の中心人物に直接原因を聞くという手もあります。
それで仲間はずれの原因が分かり、納得できたなら話し合いに持ち込みましょう。

◯仲間はずれの原因が分からない場合の対処法
グループの誰に聞いても仲間はずれの原因がはっきりとしない場合があります。
その場合、おそらくあなたに非はありません。
単に、グループに合わないと判断されただけなのです。
この場合は、あなたがグループに戻る方法はもうないと言っても過言ではありません。
しかし、悲観しないで下さい。
あなたの居場所は必ずどこか他の場所にあります。
少しの間、一人で過ごして、ゆっくりと学校内を見渡してみて下さい。
今まで仲間たちに引っ張られて過ごしていた時間を、全て自分のために使ってみましょう。


◆自分を信じ、周りに振り回されない!

希望をもって入った学校で、仲間はずれになるのは辛いことだと思います。
しかし、それは自らを大人へと成長させるチャンスだと思って下さい。
一人で自分自身をしっかり見つめ、確立していく大切な時間を神様がくれたと思いましょう。
自分を信じ、自分の夢を信じ、仲間はずれにするような人々に振り回されず、夢に向かって邁進して下さい。