新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

【例文あり】保育実習の感想の書き方は?日誌や反省会で使える学んだことの例文

保育実習の最終日には、学んだことや振り返りを感想としてまとめる必要があります。実習を終えて、最後に自分の気づきを総括することで、より学びが身になりそうですね。今回は、保育実習の感想の書き方とケース別の例文を紹介します。また、最後の日誌や反省会などでわかりやすく伝えるためのポイントもまとめました。

保育実習の感想を書く学生

Mangostar/shutterstock.com



保育実習後の「感想」とは

保育実習後には、学んだことや反省をまとめた「感想」と「レポート」の提出が求められることが多いもの。


そもそも、保育実習の「感想」にはどのようなことを書くのでしょうか。



実習日誌に記述する「感想・反省」


保育実習の最終日には、保育日誌とあわせて感想文を書く場合があります。


感想文には保育実習で学んだことや感じたことを素直に記し、保育学生さんの主観に基づいた振り返りを記述するとよいでしょう。


感想文をもとに保育園で行う反省会では、実習の指導担当者から総括コメントや評価をもらえるかもしれません。今後の勉強や、就職活動などに役立てることができそうですね。




レポートを作成するケースも


保育実習を終えてから、学んだことをまとめてレポートを作成し、大学側へ提出するのが課題となっていることもあるでしょう。


レポートには率直な感想を書くだけでなく、目標に対する到達度をはかったり、保育実習を終えて感じた今後の課題などを客観的に分析したりする必要があります。


レポートは養成校の必修単位を取得するためにも必要ですが、自身で入職後に見返したり、後輩が実習へ行く際の参考資料として使われたりするようです。




保育実習の感想の書き方

保育実習の感想を書く学生

miya227/shutterstock.com


先述したように、保育実習終了後には、最終日分の日誌とともに振り返りとなる感想を記入して実習先の園や施設に提出します。そして、実習中の態度や実習日誌、そして感想をもとに実習生さんの最終評価が下されるようです。


次のような構成で感想を書けば、日誌・反省会でも園長先生や担任指導者に学んだことや伝えたいことをわかりやすく表現できるでしょう。


①書き出し:保育実習前の目標や課題

②成果・反省:保育実習後の感じ方の変化や課題への達成度

③学んだこと:保育実習や担任指導者の指導内容から学んだことや感じたこと

④今後の目標:自分の目指す保育について


この例をもとに事前に構成を立てておくと、感想をスムーズに書けるようになるかもしれません。保育学生さんの学んだことや振り返りをふまえて、それぞれの項目を考えてみましょう。



保育実習の期間中に学んだことをピックアップしておく


保育実習後は速やかに日誌を提出する必要があります。しかし、実習を終えてから学んだことを整理したり、感想を考え始めたりすると、時間がかかってしまうでしょう。


そのため、考察・学んだこと・反省点は初日からメモに残して少しずつピックアップしておくと、振り返りや感想をまとめやすくなりますよ。



誤字脱字に注意し、字を丁寧に書く


保育実習の感想では、誤字・脱字に注意したうえで、丁寧に記入しましょう。


長い保育実習を終えて最終日には気が緩みがちですが、担当指導者や園長先生は、最後まで学生さんの様子を見守っています。


特に字の雑さや誤字・脱字は、「日誌や感想を義務として提出している」といった評価につながる可能性もあるため、丁寧に書くことを心がけましょう。



【ケース別】保育実習などの感想の例文

保育実習の感想を書く学生

GARAGE38/shutterstock.com


保育実習には、保育所や幼稚園に行くものと、保育所以外の児童福祉施設に行くものがあります。実際に保育実習を経験した元保育士さんのお話を参考に、ケース別に感想の例文をまとめました。



感想の例文:保育実習


1回目の例文

実習前までは、保育所はきっちりとしたスケジュールのもとで一日が流れている印象を持っていました。
しかし実際に実習をすると、天候や子どもの様子、個々の興味を鑑みて、一人ひとりが満足して過ごせるように配慮されていることを実感しました。


子どもたち一人ひとりの状況に合った保育の大切さは学校で勉強してきたものの、実際に子どもたちに接してみないと理解できない部分であったと感じています。


実習中、最も悩んだのは援助のタイミングです。
発達の違いによってできることが異なり、どこまで見守り、どこから手を差し伸べるべきかわかりませんでした。


しかし実習を通して、子どもたちの挑戦する気持ちを受け止め、それぞれの考えを尊重することで、援助するべきポイントが見えてくると理解しました。


今度の実習では、保育者同士の連携や環境構成についても注目して学んでいきたいです。今回の保育実習で学んだことを宝物にして、初心を忘れずにこれからも励んでいきたいと思います。


まず、実習前に感じていたことと実習後の感想の変化を書くことで、その後に続く学んだことや反省により統一感が出て、伝えたいポイントが明確になります。


最後にお世話になった園の方々への感謝の気持ちを伝える形式は、感想を上手にまとめられる書き方の一例なので覚えておくとよいですね。


2回目の例文

2回目となる今回の保育実習では、一斉活動でのかかわり方や言葉かけを学ぶことを目標にしていました。


実習期間を通して、読み聞かせ、パネルシアター・ペープサートの実演、3回の部分実習、責任実習を経験させていただきましたが、改めて大勢の子どもの前に立つ難しさを痛感しました。


当初、失敗が続いて○○先生に相談したところ、「子どもたちをまとめようと大きな声を出しているため、かえってざわざわとした雰囲気になってしまう」と教えていただきました。


○○先生のアドバイスをもとに、責任実習では手遊びや指人形を使い、子どもの興味を惹きつけてから話を始めるようにしました。すると、落ち着いて聞いてくれたり、面白がって真似してくれたりする子が増えてとてもうれしかったです。


この保育実習での経験を活かして、子どもが楽しい気持ちで話を聞けるように、手遊びや導入のアイデアをたくさん身につけたいと思います。


具体的なエピソードをもとに、学んだことをまとめている感想の例文です。


失敗をもとに工夫した点を振り返り今後の目標につなげると、保育学生さんの考えがよく伝わる感想に仕上がるでしょう。



感想の例文:幼稚園実習


担当となる5歳児クラスに初めて入室したときに驚いたのが、環境構成の充実ぶりです。


子どもたちが熱中しているというお店屋さんごっこの屋台や工作の道具、パズルゲームなどがコーナーごとに整理されており、実習生である自分もわくわくした気持ちになりました。そこで、今回の実習では環境構成を重点的に学ぼうと考えました。


特に印象に残っているのが、新しいお店作りをしたことです。プリンカップを使って工作をしていた子どもが「お菓子屋さんをやりたい」と言い出し、数人でお店の準備が始まりました。


そこで、○○先生はお花紙やプラスチックスプーンなど、お菓子を作るのに必要な材料を準備してくれたのです。
さらに、店員さんの帽子を用意したことでより遊びが盛り上がり、子どもたちも楽しそうに役になりきったり食べる真似をしたりしていました。


この経験から、環境が充実すれば子どもたちのイメージがより膨らむことを理解できました。今後は、遊びを広げていくための環境作りについて、さらに学んだことを深めていきたいと考えています。


上記のように、保育実習で印象に残った部分をメインに感想を書けば、最後の考察や振り返りをスムーズに書けるでしょう。


また、保育園と幼稚園の過ごし方や遊びの違いについて感想を書くのもよいかもしれませんね。



感想の例文:児童福祉施設実習


私は乳児院への就職を考えているため、乳児院で保育士として働いている方々はどのような思いを抱いて保育をしているのか気になっていました。たくさんの保育士の方々に質問をするなかで、その考えをお聞きすることができました。


実習のなかでは、子どもの気持ちが大きく揺らいでいるとき、保育者の方々があきらめず正面から向き合おうとしていた姿がとても心に残っています。


○○先生からは、「子どもたちがすこやかに成長して、将来自立できるように、いつも真摯に接するようにしている」と聞き、私もこのように向き合いたいと決意を新たにするきっかけとなりました。


自分なりの向き合い方が見つけられるよう、残りの学生生活、実習、そして保育士なったあとも、子どもとの向き合い方を考え続けていこうと思います。


書き出しで参加する前に立てた目標を明確にすれば、実習を通して将来の目標に対する気持ちが強まったことへの説得力が出ます。


指導者の様子から学んだことをしっかりと書くことで、教えがきちんと伝わっていることが読み手にも伝わりやすくなるでしょう。



保育実習後の感想は、学んだことの振り返りとして今後も役立つ

今回は、保育実習の感想の書き方や例文、振り返りのポイントを紹介しました。


次回の保育実習や保育士として働き始めてからなど、実習を終えても反省や感想を読み返す機会は必ずあります。


その際、自分がどのようなことを感じ、どんな目標や夢を描いていたかをまとめて振り返るうえで、感想はとても重要でしょう。自分の成長過程を知ることで、新たな意欲も湧いてくるかもしれません。


感想の例文や書き方を参考に、保育実習最終日にはしっかりと学んだことをまとめましょう。


これから就活をはじめる方はこちら 就活ガイド 保育士就活バンク!に就職相談してみる