新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

【例文あり】保育実習の感想の書き方。日誌や反省会で使える学んだことの例

保育実習の最終日には、学んだことや経験したことを感想としてまとめる必要があります。保育日誌や反省会などでわかりやすく伝えることで、自分で振り返りができるとともに、指導担当の先生からさらなるアドバイスをいただくことができるでしょう。今回は、保育実習の感想の書き方とケース別の例文をまとめました。

保育実習日誌の感想を記入する写真

Mangostar/shutterstock.com



保育実習後の「感想」とは

保育実習後には、学んだことや反省をまとめた「感想」と「レポート」の提出が求められるようです。


そもそも、保育実習の「感想」にはどのようなことを書くのでしょうか。



感想・反省


保育実習の最終日には、保育日誌とともに感想文を書く場合があります。


感想文には保育実習で学んだことや感じたことを素直に記し、成果や反省点などを保育学生さんの主観に基づいて記述するとよいでしょう。


その感想文をもとに行う反省会では、実習の担任指導者から総括コメントや評価をいただけるため、今後の勉強や、就職活動などに役立てることができますよ。


関連記事:保育実習の反省や感想の書き方。反省会のため自己評価と振り返り/保育士就活バンク!



レポート


保育実習後には、学んだことをまとめてレポートを作成し、大学側へ提出するのが課題となっていることもあるでしょう。


レポートには、率直な感想だけでなく、目標に対する到達度や、保育実習のなかで印象に残ったこと、今後の課題などを客観的に分析する必要があります。


このレポートは、養成校の必修単位を取得するためにも必要ですが、自身で入職後に見返したり、後輩が実習へ行く際の参考資料として使われたりするようです。


関連:保育実習のレポートの書き方。感想や学んだことなど書くときのポイントや例/保育士就活バンク!



保育実習の感想の書き方

保育実習終了後には、最終日分の日誌とともに、総括となる感想を記入して実習先の園や施設に送ります。


実習先の園では、実習中の勤務態度、実習日誌、そしてこの感想をもとに、最終評価をします。


次のような構成で感想を書くと、保育学生さんの考えが時系列で明確になり、反省会でも園長先生や担任指導者に学んだことや伝えたいことをわかりやすく表現できるでしょう。


  • ①書き出し:保育実習前の目標や課題
  • ②成果・反省:保育実習後の感じ方の変化や課題への達成度
  • ③学んだこと:保育実習や担任指導者の指導内容から学んだことや感じたこと
  • ④今後の目標:自分の目指す保育について

この例をもとに事前に構成を立てておくと、感想をスムーズに書けるようになるかもしれません。


保育学生さんの学んだことや思いをふまえて、それぞれの項目を考えてみましょう。



保育実習の感想を書くときの注意点

保育実習の感想の書き方がわかったところで、作成時に注意しておきたいポイントをいくつかまとめました。



保育実習中に心に残ったことをピックアップしておく


保育実習後、すぐに日誌を提出する必要がありますが、実習を終えてから学んだことを整理したり、感想を考え始めたりすると、非常に多くの時間がかかってしまいます。


保育実習はだいたい2週間から1カ月程度の期間を要するため、考察や学んだこと、感想や反省すべきことも膨大にあるでしょう。


そのため、感想に入れたい出来事や内容は、初日からメモに残して少しずつピックアップしておくと、学んだことをまとめやすくなりますよ。



誤字脱字に注意して字を丁寧に書く


保育実習の感想では、誤字脱字に注意して、最後まで丁寧に記入しましょう。


長い実習期間の最終日を終えて気が緩みがちですが、担当指導者や園長先生は、最後まで学生さんの様子を見守っています。


特に字の雑さや誤字・脱字は、「日誌や感想が提出するだけの義務になっている」という評価につながる可能性もあります。


気持ちよく保育実習を終えるためにも、丁寧に書くことを心がけましょう。



保育実習の感想の例文

保育実習日誌の感想に悩む女性の写真

GARAGE38/shutterstock.com


保育実習には、保育所や幼稚園に行くものと、保育所以外の児童福祉施設に行くものがあります。


実際に保育実習を経験した保育士さんのお話を参考に、構成例に沿ってそれぞれの感想の例文を考えてみました。



保育実習での感想の例文


まずは、保育園や幼稚園で行われる保育実習の感想の例文を紹介します。


書き出し

実習前は、保育所はスケジュールや時間配分がはっきりと決まっていて、それに合わせて一日が流れているという印象を持っていました。
しかしそれだけではなく、天候、気温、子どもたちの様子などに配慮して、子どもたちが快適に過ごせるように、満足できるように合わせて、スケジュールが動いていることを実感しました。


成果・反省

実習の前半は、1つ1つの目標があいまいでしたが、〇〇先生のアドバイスをもとに、目標をより具体的にすることで一日のやるべきことがわかり、より充実した毎日を送ることができました。


学んだこと感じたこと

今まで学校で学んできたことは参考になる部分もたくさんあり、生かせた部分もありましたが、1人ひとりの子どもたちの状況に合った保育は、実際に接してみないと理解できない部分たったと思いました。

実際、一番悩んだのは援助のタイミングです。
発達の違いによってできることが異なり、どこまで見守り、どこから手を差し伸べるのかわかりませんでした。

しかし実習を経て、子どもたちの挑戦する気持ちを受け止め、自分で考えることを尊重することで見えてくることだと感じました。
その上で危険には敏感になり、子どもが安全に力を発揮し、成長できるように援助するべきだとわかることができました。


今後の目標

次回の実習では、保育者同士の連携や環境構成についても注目して学んでいきたいです。
特に保育者同士の連携で、保護者への支援の面について深めていきたいと考えています。
実習生を受け入れることで先生方も学ぶことがあると言っていただいて、とても嬉しく思いました。

おかげさまで、全力で学ぶことができました。学んだことを宝物にして、初心を忘れずにこれからも励んでいきたいと思います。



まず、実習前にどのようなことを考えていたかと、実習後の感想の変化を書くことで、その後に続く反省や感想により統一感が出て、伝えたいポイントが明確になります。


最後にお世話になった担当保育者はじめ、園の方々への感謝の気持ちを伝える書き方は、感想を上手にまとめられる一例です。



児童福祉施設実習での感想の例文


次に、乳児院や養護施設などでの保育実習の感想例文を見てみましょう。


書き出し

私は乳児院で働くことを考えていることもあり、〇〇乳児院について事前学習をしてきました。実習をしてみて、事前学習の際に抱いていた疑問やわからなかったことを、細かな部分まで学ぶことができました。


成果・反省

実習前から、乳児院の保育士として働いている方々はどのような思いを抱き、日々どのようなことを感じて保育をしているのか気になっていました。

たくさんの保育士の方々に質問をするなかで、その思いをお聞きすることができ、乳児院への就職を目指す意欲につながりました。


学んだこと感じたこと

子どもの気持ちが大きく揺らいでいるとき、保育者の方々があきらめず正面から向き合っている姿が、とても心に残りました。

子どもたちがすこやかに成長していけるよう、そして自立できるように、どのような姿勢と気持ちで向き合っているかを知ることができました。


今後の目標

私もこのように向き合うことができるのか、実習中に考えていました。

自分なりの向き合い方が見つけられるよう、残りの学生生活、実習、そして保育士になることができたその後も、考え続け見つけていこうと思います。


書き出しで保育実習前に自分が抱いていた目標を明確にすれば、まとめで将来の目標に対する気持ちが強まったことへの説得力が出ます。


指導者の方から感銘を受けた部分をしっかりと書くことで、その経験から学んだことや、指導者の教えがきちんと伝わっていることが、読み手にも伝わりやすくなるでしょう。



保育実習後の感想は振り返りとして今後も役立つ

今回は、保育実習の感想の書き方や例文を紹介しました。


次の実習の指導案作成や、保育士として働き始めた際など、保育実習のあとにも実習日誌を読み返す機会は必ずあります。


その際、自分がどのようなことを感じて、次はどんな目標や夢を描いていたか、まとめて振り返るのに感想はとても重要です。自分の成長の課程を知ることで、新たな意欲もきっと湧いてくるでしょう。


感想の例文や書き方を参考に、保育実習最終日には学びをしっかりとまとめましょう。