新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育ボランティアとは。活動内容や役割、参加における手順など

保育学生さんの中には、大学生や専門学生の間に保育ボランティアに参加してみたいと考えている方もいるのではないでしょうか。この活動は多くの保育園や幼稚園、認定こども園や学童クラブで募集が行われているようです。今回は、保育ボランティアの活動内容や役割、今後のキャリア形成に役立つのかなどについて紹介します。


保育ボランティアとは。活動内容や役割、参加における手順など

ucchie79/shutterstock.com



保育ボランティアとは

ボランティア活動にはさまざまなものがありますが、その中の一つに保育ボランティアがあります。


保育ボランティアとは、保育園や幼稚園などで、子どもたちと関わったり保育士さんのお手伝いを行う活動をいいます。具体的に見ていきましょう。



役割


保育ボランティアの役割は、大まかに以下の2つと言えるでしょう。


  • 保育士さんの業務をサポートすること
  • 施設の運営をサポートすること

では、保育ボランティアの役割について一つずつくわしく紹介します。


保育士さんの業務のサポート

人手不足に悩んでいる保育施設にとって、子どもたちの遊び相手をしたり、食事のサポートをしたりと、保育士さんの通常の業務をサポートしてくれる保育ボランティアの存在は大きいと言えるでしょう。


また、保育ボランティアに参加する方がいることで子どもたちを見る大人の目が増えるので、園内の安全性が高まるとともに、保育士さんの負担を軽減させることもできるかもしれません。


このように、子どもたちに絵本を読み聞かせたり歌を歌ったり寝かしつけたりと、保育士さんが通常行っていることをボランティアとして手伝うことで、保育士さんをサポートをする役割を担っていると言えそうです。


施設運営のサポート

保育士さんは子どもたちの相手をしながら、快適かつ安全に過ごせるように施設の運営も行っています。


園庭の手入れや園内の掃除などは、子どもたちと保育士さんが安全に過ごしやすい環境を整えるために必要なことです。そのなかで、保育ボランティアの方は子どもたちの面倒を見るだけでなく、施設全体に関わるお手伝いも行うようです。


掃除など施設の運営に関わる雑務を行うことで、施設全体をサポートする役割も担っていると言えそうです。



保育ボランティアを募集している施設


人手不足に悩まされている保育施設では保育ボランティアの需要があり、保育に興味のあるボランティアの方を積極的に受け入れているところも多くあるようです。


保育ボランティアを募集している保育施設には、


  • 保育園
  • 幼稚園
  • 認定こども園

などがあります。


また、小学生を預かる学童クラブも学童保育ボランティアを募集していることがあります。
自身がどの年齢の子どもたちと関わりたいのかによって、ボランティア先を自由に選ぶことができます。



対象者


保育ボランティアの対象者に特に決まりはなく、「子どもたちと関わりたい」「保育について学びたい」「保育の面から社会の役に立ちたい」などと思っている人であれば、保育士資格や幼稚園教諭免許を持っていなくても、誰でも参加することができます。


実際、かつて保育士として働いていた人や、子育てを経験した人などが保育の経験を生かしてボランティアに参加することも多いようです。


また、保育の勉強をしていて将来保育士や幼稚園教諭になりたいと思っている大学生や専門学生の参加も多いそうです。



保育ボランティアに参加するメリット


保育学生が保育ボランティアに参加することで、実際の保育現場を知ることができます。


そのため、大学や専門学校で学んでいるだけでは得られない実践的な知識や子どもとの関わり方を学ぶことができるでしょう。また、ボランティアの参加を通して園とのご縁ができることで、就職につながることもあるかもしれません。


さらに、ボランティア活動はさまざまな人と関わる機会を得ることができるので社会勉強にもなるでしょう。


大学生や専門学生のうちから保育ボランティアを経験しておくことで、保育士としての今後のキャリア形成に役立つこともあるかもしれませんね。


保育ボランティアの概要や役割などがわかったところで具体的な活動内容について紹介します。



保育ボランティアの活動内容

一般的に、保育士さんの指示に従って保育士さんの業務の補助を行うことが主な活動内容となります。


具体的な内容には以下のようなものがあるようです。


  • 子どもと遊ぶ(お散歩や外遊び、室内遊び)
  • お昼ごはんやおやつの用意
  • お昼寝の手伝い
  • 掃除などの雑務

多くの保育園や幼稚園、認定こども園では子どもと関わる保育補助がメインの活動内容となっています。


学童クラブで保育ボランティアを行う場合には、子どもたちといっしょに遊んだり、子どもたちの話し相手になったりすることが主な活動内容のようです。
学童クラブに通う子どもは保育園や幼稚園の子どもよりも年齢が高いため、面倒をみるというよりも同じ遊びを楽しむという側面が強いかもしれません。


中には、園での行事やイベントの準備手伝いなどがボランティアの活動内容に含まれていることもあるようです。行事前の保育士さんが忙しい時期などに、準備をお手伝いしてもらうために保育ボランティアを募集している保育施設もあります。


保育ボランティアは自身の興味に合った活動内容を選んで参加することができるので、保育学生さんは施設ごとの活動内容を確認して、自身がやってみたい内容を選んで申し込むとよさそうです。



保育ボランティアの参加費用

保育ボランティアをするための活動費用は無料の場合がほとんどです。


しかし、通っている大学や専門学校が用意したボランティアのプログラムを利用する場合には、学校が定めたボランティア活動保険に加入する必要がある場合が多いようです。


また、自治体のボランティアセンターや社会福祉協議会を利用する場合にも、ボランティア登録をしたり、同じようにボランティア活動保険に加入する必要があるので事前に確認が必要です。


ボランティアは無償で社会に奉仕する活動であるため、園からお金が出ることはありません。そのため、参加場所までの交通費や当日の持ち物などはすべて自己負担となることは頭に入れておきましょう。


参加費用について分かったところで、次は保育ボランティアを募集している施設の探し方を紹介します。



保育ボランティアの募集先の探し方

保育ボランティアを受け入れている施設を探すのにはさまざまな方法があるようです。
ここでは、保育学生さんが保育ボランティアを募集している施設を調べる方法を紹介します。



大学や専門学校がボランティアを募集している施設を紹介していないか調べる


保育学生さんの場合、通っている大学や専門学校がボランティア先として保育施設を紹介しているかもしれません。


ボランティアのプログラムが用意されていれば、それを利用して保育ボランティアに参加することができるかもしれないので確認してみましょう。



自治体のボランティアセンターや社会福祉協議会のホームページを利用する


地域の保育園や幼稚園、認定こども園などで保育ボランティアをしたい場合には、自治体のボランティアセンターや社会福祉協議会のホームページでボランティアを募集している施設がないか調べてみるのもよさそうです。



全国の保育ボランティアを紹介しているサイトを利用する


夏休みや春休みなどの長期の休暇を利用してボランティアに参加したいという保育学生さんの場合、ボランティア紹介サイトを利用してみるのもいいかもしれません。


自分が住んでいる地域だけでなく全国の施設が紹介されているので、ボランティアをしながらリフレッシュしたい場合などにもよさそうです。



保育実習で訪ねた園や自身が卒園したところに問い合わせる


保育実習でお世話になった園や、自身が卒園した園などに問い合わせてみるのも一案です。自身がなじみのある園であれば、ボランティアに参加しやすいこともあるでしょう。


お手伝いしたいという旨を伝えれば、募集していなかった場合でも受け入れてくれるかもしれません。



ただし、すべての保育園や幼稚園、認定こども園がボランティアを受け入れているわけではありません。そのため、行きたい園が見つかった場合には、電話で問い合わせたり園のホームページを見たりして事前にボランティアの受け入れをしているかを調べる必要があるでしょう。


施設の探し方がわかったところで、次は保育ボランティアへの参加手順について紹介します。



保育ボランティアへの参加を決めたあとの流れ

保育ボランティアに参加を決めたあとの流れを簡単に紹介します。
多くの保育ボランティアでは、以下のような手順を踏むようです。


1.ボランティアをする保育施設に申込みをする

2.ボランティア活動保険に加入する

3.事前オリエンテーションを行う

4.参加する


ボランティア先への申込みは施設を探す方法によって異なるので、サイトを利用したり園に直接申し込んだりと、最適な方法で申込みをします。


ボランティア活動保険は、万が一活動中にケガをしてしまったり、相手にケガをさせてしまったりした場合にかかる費用を補償してくれるものです。
自治体のボランティアセンターや社会福祉協議会で申し込むことができるので、参加前に加入しておくといいでしょう。


保険への加入が済んだら、前日までに園に直接訪問するか、電話またはメールによって当日の時間、場所、服装、持ち物、注意事項などのオリエンテーションが行われるようです。前日までに園からの連絡がない場合には、こちらから連絡をして当日の確認をするようにしましょう。


施設によってはボランティアに申込む際に、一度園を訪問して面談を行う場合もあるようなので、申し込む前に参加までの手順や流れを確認しておくことが必要となります。



保育ボランティアに参加する時の注意点

保育ボランティアに参加する上で、以下のことに気を付けましょう。


  • 園の規定やルールを守る
  • 身だしなみを整える
  • 子どもの安全を最優先に考える
  • 分からないことは保育士さんに相談する

では、一つずつくわしく紹介します。



園の規定やルールを守る


ボランティア参加前に園から指示されたことや、園全体の決まりやルールは必ず守りましょう。


園のルールは子どもたちが安全に過ごせるように設定されていることがほとんどです。禁止されている持ち物は持ってこないようにするなど、園での規則を守ることが大切になります。



身だしなみを整える


保育ボランティアは子どもたちと遊んだり身体を動かしたりすることが多いですよね。そのため、参加当日の身だしなみが適切であるかきちんと確認しましょう。


具体的には、ズボンなどの動きやすい服を着用し、スニーカーなどの運動靴を履くとよさそうです。また、爪が伸びていると子どもと遊ぶ際に爪が引っかかってしまう恐れがあるので、短く切ることも大切です。


保育ボランティアに参加する際には、清潔感がありボランティア活動がしやすいような、適切な身だしなみを意識しましょう。



子どもの安全を最優先に考える


保育園や幼稚園、認定こども園などの保育施設は大切な子どもを預かっている場所です。
そのため、保育士さんは日々子どもたちに事故が起きないように、またケガをさせることがないように細心の注意を払って保育を行っています。


子どもたちは元気に動き回りますが、まだ成長途中であるため大人よりもケガをしやすいでしょう。また、できることとできないことの区別を上手くつけられない子どももいるかもしれません。


色々なことにチャレンジすることは大事ですが、子どもたちがケガをしないように注意深く見守る必要があります。


保育ボランティアに参加する保育学生さんは、子どもたちが安全に楽しく園生活が送れることを第一に考えましょう。



分からないことは保育士さんに相談する


子どもたちと関わる中で、どのように対応すればいいのか分からないことや、困ってしまうこともあるかもしれません。
そのような場合は、自己判断をせずに保育士さんに相談したり、指示を仰ぎましょう。


自己判断をして対処した場合でも、保育の観点から見て正しくない場合もあるかもしれません。

保育士さんは保育のプロですので、相談すれば的確なアドバイスをもらうことができるでしょう。



積極的に保育ボランティアに参加して、保育士の仕事を身近に感じてみよう

今回は、保育ボランティアについて、活動内容や募集している施設、参加費用や参加までの手順などをくわしく紹介しました。


大学生や専門学生の間に保育について理解を深めたい、保育現場を経験してみたいという保育学生さんにとって、ボランティア活動を通して得られるものがたくさんあるでしょう。


ボランティアは学生のうちから社会と接点を持つことができる活動です。保育ボランティアを通して社会勉強をすることができるので、今後のキャリア形成にも役立つかもしれません。


保育ボランティアは保育園や幼稚園、認定こども園や学童クラブなどでも募集がされているので、自分が興味のある施設を選んで積極的に参加してみましょう。