新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

公立保育園と、「私立」「民間」保育園の違い

これから保育士を目指すみなさんは、保育園でも公立、私立、民間があることをご存知でしょうか。
ご存知という方でも、何がどのように違うのかは分からないという方も多いと思います。

公立保育園と、「私立」「民間」保育園の違い
これらの違いを理解しておくと、どの保育園で保育士をしたいのかが明確になるはずです。
そこで今回は、公立保育園と私立、民間の違いについてご紹介します。
保育園以外の施設に就職希望の方も理解しておきましょう。


◆公立保育園と私立保育園の違い

◯公立保育園=地方自治体が運営している保育園
公立保育園は市区町村の自治体、つまり行政が運営している保育園です。
それに対して、私立保育園は、社会福祉法人・NPO法人・学校法人・企業などの民間団体が運営している保育園です。
保育内容は公立も私立も大きく変わりはなく、以前は公立保育園で延長保育を行うことは少なかったものの、ニーズの高まりから延長保育を行う園も増えています。
大きな違いは運営形態と、保育士の補充方法と待遇です。
公立保育園の保育士は地方公務員として働くので、その扱いも公務員と同等のもの。
私立保育園は民間が運営しており、団体職員や会社員になります。
ですので、かなり待遇が変わります。

◯転勤がある
公立保育園は公務員扱いなので、転勤があります。
採用された自治体内で、保育園や児童福祉施設を3~6年ごとに異動、というのが日常で、癒着を防いだり、風通しを良くするため、一人の職員が同じ職場に居続けるということはまずありません。
同自治体内での転勤なので、遠方に飛ばされる、ということはないのでご安心ください。
さらに、自治体内の公立保育園での交流もあったりするので、メリットの方が大きいと考える方の方が多いようです。
ただし、働く保育園に強い希望がある場合は、公立保育園では働きづらいこともあるのかもしれません。

◯給与面の違い
公立保育園と私立保育園の給与は、初任給はさして違いがありません。
地方公務員の給与は民間と差がつかないよう調整されるためです。
ですが、地方公務員は昇給があり、年々給料は上がっていきます。
そのため、私立保育園で昇給などがない場合は、経験年数によって年収に差が生まれることもあるようです。
もちろん、私立保育園で昇給があり、手当等が充実している場合は公務員よりも高給ということも十分考えられます。
より安定を求めるなら、地方公務員扱いの公立保育園を目指すのが良いのかもしれません。
年々お給料が上がるので、離職率が低いのも公立保育園の特徴です。

◯就業時間の違い
公立保育園の場合、担当するクラス(年齢)によって異なるものの、定時で上がれることも多いようです。
それに対し、私立保育園の場合は、園にもよりますが、残業が多く長時間労働になる園も多いようです。

◯仕事内容の違い
仕事内容は基本的には同じです。
ただし、運営する自治体や団体によっても異なりますが、私立保育園の場合は公立保育園と比べて行事が大規模なことも多いです。
また、延長保育や休日保育などの保育サービスも私立保育園のほうが充実していることが多く、それに伴う仕事を要求されることもあります。

■待遇の違い
公立保育園で勤務する保育士は公務員なので、産休や育休などの待遇面での心配はないと思われます。
私立保育園で勤務する場合は、運営する団体によって待遇面が様々なので、優遇されている園もあれば、そうでない園もあり、確実に待遇面で心配がないとは言い切れません。

■職場環境の違い
園によって違いはあるものの、公立保育園に比べると私立保育園は施設・設備(冷暖房含む)が充実していることも園が多いようです。
また、私立保育園で働く保育士には基本的に転勤がないため、長く同じ職場で勤められますが、公立保育園で働く保育士は転勤があり、長く同じ職場にいられません。

■保育士の年齢層の違い
公立保育園で働く保育士は産休・育休などの待遇面の良さから長く勤めることが多く、ベテランが多いです。
それに対し、私立保育園では職員の入れ替わりが多い園もあり、保育士は比較的若い人が多いようです。

◯公立保育園で働くには、保育士採用試験に合格すること
公立保育園で、地方公務員として働きたい!と思った方は、まず保育士試験に合格し、資格を取得した後に各自治体が行っている保育士採用試験に合格することが必要です。
保育士採用試験は各自治体ごとに行われるので、詳細は希望の自治体のHP等の募集を確認いただければと思います。
例年6月~9月に募集・選考が行われますが、欠員がない場合は実施されないこともあります。
試験内容は専門知識、一般教養、作文等。
二次試験では面接、実技、適正試験等が行われることが多いようです。
試験の内容も自治体や応募状況によりますので、応募の際は募集要項をよくチェックすることが大切です。
また、採用試験に合格しても、合格後1年間採用希望の園が現れない場合は、もう一度採用試験を受けることになります。
保育士採用試験に受かっても、公立保育園で仕事が出来るとは限らないのです。

◯民営化により競争率が高くなっている実情
最近よく聞くのが、「運営委託」という言葉。
公立保育園の運営を続けることが難しくなり、民間に委託するのがこの運営委託です。
保育園の運営委託により、子どもたちはそのまま保育園へ通うことが出来ますが、保育士は他の自治体運営園へと異動することになり、その保育園では、新しく民間の保育士が働くことになります。
運営委託が増えることにより、公立保育士の働く場所が減っているのが現状で、保育士採用試験の倍率も年々上がっています。


◆民間保育園と公立保育園の違い

◯運営団体からみる違い
運営団体の違い、それが民間保育園と公立保育園の根本的な違いです。
公立保育園は市区町村の自治体、つまり行政が運営している保育園です。
それに対して、民間保育園は、行政以外の団体である、社会福祉法人・NPO法人・学校法人・企業などが運営している保育園です。
(詳しく分けると、民間保育園の中には、国の認定基準をクリアして運営費を受取っている認可保育園と、そうでない認可外保育園もあり、認可保育園の場合は保育料が公立保育園と変わりません。また、最近では、公立保育園が民営化され、公設民営となった園もあります。公設民営の場合は、経営は民間団体になるので、民間保育園だと言えるでしょう。)

◯特色からみる違い
まず、民間保育園は運営する団体によって方針が様々です。
運動会やお遊戯会などの行事に力を入れている園も多く、保育内容にも特色がある園が多いです。
また、朝・夕の延長保育や休日保育などのサービスがあるなど、保護者向けの保育サービスが充実しています。
対して、公立保育園は自治体の基準があるため、公立保育園であれば、どこもほぼ保育の質が統一されています。
そのため、民間保育園とは違い、どの園でも同じ品質の保育を受けることが出来ます。
しかし、公立保育園の場合、民間保育園とは違い、園ごとの特別なサービスが出来ないことも多いようです。

◯保育士の勤務状況からみる違い
民間保育園は運営する団体でも大きく変わってきますが、保育サービスが充実した園が多いです。
そのため、保育士は行事や特別教育などで、子どもたちと努力して達成できる喜びも多いかもしれません。
ですが、その反面、行事などに追われる可能性もあります。
また、朝・夕の延長保育や休日保育などのサービスが充実しているため、運営団体の方針によっては保育士の実働時間が長い場合もあるようです。
なお、民間保育園の保育士の勤務年数は、公立保育園と比べると短く、若い保育士が多いです。
公立保育園の場合は自治体が運営しているので、保育士は公務員になります。
民営化の可能性が全くない訳ではありませんが、経営破綻の可能性が低いのがメリットでしょう。
研修や福利厚生も充実しているので、保育士の勤続年数が長く、ベテランが多いです。
しかし、数年ごとに転勤があるので、1つの園に長く在籍することはないようです。
また、民間保育園とは違い、園ごとの特別なサービスが出来ないので、保護者や園児からの要望を受け入れられないことが多いようです。


◆メリット、デメリットを知っておこう

いかがでしたか?公立保育園の待遇面での安心や安定が人気となっており、競争率が高くなっています。
しかし、転勤がある点がデメリットと感じる人が多いようです。
私立保育園では、基本的に転勤がないため、長く同じ職場で勤められ、冷暖房が完備されている保育園が多いですが、行事が多いために残業が多い園が多いです。
民間保育園では、保育サービスが充実した園が多いので子どもたちと努力して達成できる喜びが多く味わえますが、その反面、行事などに追われる可能性があったり、運営団体の方針によっては保育士の実働時間長くなることがあります。
それぞれ、メリットもあればデメリットもあるので、それらを知った上で就職を考えましょう。