保育士の自己PRや長所の書き方。履歴書、職務経歴書、面接に使える例文 | 新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト【保育士就活バンク!】

保育士の自己PRや長所の書き方。履歴書、職務経歴書、面接に使える例文

保育士の就職活動に必要な自己PRの書き方や長所短所の内容についてどう考えればよいか、悩んでいる人が多いようです。履歴書や職務経歴書、または面接での質問では、今までの職歴や保育スキルが重視される転職活動と違い、新卒や未経験の場合は仕事に対する意欲や性格について重視される傾向です。自己PRや長所短所の書き方やポイント、参考になる例文をまとめました。

保育士の自己PRや長所の書き方履歴書職務経歴書面接例文 laymul/iStock.com

保育士の履歴書で重要な自己PRや長所

転職には前職で働いた園の職歴や保育経験のスキルがありますが、新卒や未経験にはアピールできる保育経験やスキルがないことが多いでしょう。
では、採用担当者が新卒や未経験者のどこを見るかというと、志望者の性格や仕事に対する意欲、モチベーションの高さを注目しています。自己PRと長所は、採用担当者がどんなことを知りたいか、その意図を知って対策をたいることが大切です。自己PRと長所短所の欄は、内容がかぶりやすいため、履歴書では書く欄が1つになっている場合もります。


自己PRとは

自己PRとは、履歴書や職務経歴書などの応募書類に記載するもので、自分がどんな人物であるのか、どういった魅力のある人物なのかを採用者側にアピールするための文章のことを言います。
書類選考は採用試験の最初のステップになるため、この段階で提出する自己PRを含めた情報で採用担当者から会ってみたいと思われなければ、次のステップに進むことはできません。そのため、ここで仕事での実績をアピールしたり、志望する園で働く場合にどのように活躍できるかなどをしっかりとイメージさせることが重要になります。


長所(短所)とは

自分の長所・短所を理解していることは、仕事をしていくうえで大切です。長所を理解していれば仕事の中で自分の能力を生かして活躍のフィールドを広げることができ、短所を理解していれば克服に向け努力し、場合によってはほかの人とカバーし合うなど対策を立てることができるからです。
長所・短所を聞くことで、保育士の仕事や園の保育理念などに合っているかを判断します。応募者が自社の求める人材と合っていないと、入社後に思うように活躍できなかったり、周りの人とうまくいかなかったりして、早期退職につながってしまう恐れもあるからです。


保育士の就活で自己PRや長所について用意が必要な場面

自己PRや長所短所の記入が求められる応募書類には、履歴書や職務経歴書(エントリーシート)があります。履歴書欄と職務経歴書にそれぞれ重複して自己PR欄が設けられていることも多く、その記入内容をもとに、面接でも同様の質問がされることが想定されるため、面接用により深い内容を考えておく必要があります。


履歴書

履歴書の自己PR欄に書ける文字数はそこまで多くありません。そのため、自己分析を行った上で、アピールしたい部分を簡潔に書き記す必要があります。


職務経歴書やエントリーシート

履歴書に比べ、記入欄は大きくとってあることが多いため、自己PRや長所についてより詳しく書きこむことができます。履歴書では簡潔に書いた自分のアピールポイントや長所について、仕事でどのように役立てていきたいかなどについて、より具体的に書きこむ必要があります。


面接での質問

面接では、採用担当者が事前に記入した応募書類(履歴書・職務経歴書)に目を通した上での質問になります。事前に書いた内容をそのままなぞって答えるのではなく、よりアピールしたい部分に絞った内容や、採用担当者の心に残るように、具体的なエピソードを交えた内容にする対策が求められるでしょう。


保育士の自己PRや長所の書き方

自己PRや長所を伝える際の書き方は、次のような構成で書くと採用担当者に伝わりやすくなります。


【自己PRや長所の構成例】

(1)結論、自己アピールのポイント
(2)結論を補強する具体的なエピソード
(3)今後や仕事にどう生かすか



(1)結論、自己アピールのポイント

【例文】
「私の長所は〇〇です」
「私は〇〇することが得意です」
「私は〇〇に取り組んできました」

まずはアピールしたいポイントを端的に、結論として冒頭に伝えましょう。結論から伝えることで、テーマや内容が相手に明確に伝わります。


(2)結論を補強する具体的なエピソード

【例文】
「〇〇を生かして、(具体的な活動内容など)に取り組んでこのような実績(数値や客観的な評価など)を挙げました」

自己アピールはただ述べるだけでは、自分の中だけでの私的な評価で終わってしまい、説得力がありません。結論に説得力をもたせるために、具体的なエピソードや他の人の客観的な評価、数値などを挙げてみましょう。


(3)今後や仕事にどう生かすか

【例文】
「〇〇を生かして、貴社(貴園)ではこのような内容について取り組みたい(働きたい)と思っています」

自己PRでは、あくまで自分のスキルや経験、長所を生かして、どのように仕事に生かすかや取り組みたい仕事が見えているかが大切です。採用担当者は仕事に対する適性や意欲を見ていますので、前向きに取り組んでいく姿勢が表現できるとよいでしょう。


保育士の自己PRや長所に盛り込む内容

保育士未経験での就職活動や新卒での就活に際して、魅力的な自己PR文を書くときには、盛り込む内容についていくつか気をつけたいポイントがあります。


志望する企業や園の保育方針や理念に関する内容

入職したい園の種類や教育理念、特徴などを把握しましょう。
園によって方針や取り組んでいるものもまさに十人十色です。採用情報や園のHPをじっくり読んで、その園だけが持っているものを捉えましょう。
採用面接を行う際に、園の保育方針や保育理念に合うかどうかを気にすることは多いようです。園の方針や雰囲気は、後々、自分自身が長くその園に勤めることを想像し、自分に居心地のよい園を選ぶことも大切です。本格的な就活に入る前に、各保育施設の特徴や、園の雰囲気などについて調べてみましょう。自分に合う園を見つけるのは大変な作業になると思いますが、その研究自体が上手な自己PR作成へとつながります。


園にあった自分自身の能力、経験、長所を

園の方針に合った自分の長所を考えましょう。
園の特徴を掴んだうえで、その方針や雰囲気に自分の長所や性格のどんな部分があっているのかをピックアップします。
子どもを多く遊ばせる園であればとことん遊びに付き合える体力やアイデア力、地域とのかかわりや行事などを重視する園であれば、製作物への取り組みや大学時代のサークルなどで培った企画力など。
その園の方針や理念に合いそうな経験や能力、長所などを書き出してみましょう。


仕事への意欲や学ぶ姿勢

仕事を通じてどんな成長を目標にしているか伝えましょう。
園側が新卒の学生や未経験者に求めるスキルは、決して完璧なものではありません。また、転職者に求めるような経験やスキルではない部分を重視しています。
園が学生に求めるのは伸びしろです。就職後、知らないことをしっかりと学び取り、成長できる人材であるかどうかを重視しています。つまり、学生側は、自己PRで学ぶ姿勢があるということを印象づけなければなりません。失敗談を語り、そこからどういうことを学び取ったのか、その後の行動などを話すと良いでしょう。


事前にできる体験や保育経験も自己アピールポイントに

志望前に保育について体験や実務経験を積んでおくと自己アピールに生かせます。
志望する園との接点を作ることで、自己PRにオリジナル性が増し、志望度の高さが採用側に伝わりやすいでしょう。


園見学、保育実習

園見学や採用説明会に参加して、そこで働いている職員の話を聞いたり、地域のイベントに保育園の出し物がある場合は観覧して子どもたちの様子を見たりなど、園のHPや求人情報だけではわからない部分を知ることができるほか、「この園に入りたい!」という気持ちのアピールにもつながります。また、大学や専門学校で行う保育実習先の園を志望園にすることも、学んだことをより深く実践したいという自己PRにつながります。


アルバイト、ボランティア

保育補助のアルバイトやボランティア活動に参加した経験をアピールポイントとして書くことができます。実体験で学んだことや、そこで得た知識、感動などは、志望動機や仕事への意欲についての理由付けにもつながります。


保育士の自己PRに生かせる長所や短所

保育士の自己PRとして使える、性格上の長所の例をまとめました。また、短所について書く際に、短所をいかに前向きな方向に伝えるかも併せてご覧ください。


責任感がある

責任感の強さをアピールすることで、多少のつらいことがあっても簡単には辞めない人だ、責任の大きな仕事を任せても大丈夫だ、と判断される材料になりそうです。例えば、サークルの企画や進行を任されたり、実習で担任のクラスを持ったりしたときのエピソードや気持ちを書くことで責任感のアピールにつながります。子どもや保護者にとって、仕事に責任感があり安心できる人材の確保は、園側にとって大きなメリットと言えますね。


コミュニケーション能力

子どもに対してはもちろんのこと、保護者・職員同士の関わりについてもコミュニケーション能力の高さは大いに活かせるポイントです。


協調性がある

保育士の仕事では、相手の気持ちに「寄り添う」ということがとても大切になります。この「寄り添う」とは、子どもへの共感を示すということです。


明るい

保育の現場だけでなく、保護者対応や園で働く職員同士のコミュニケーションを円滑にし、前向きに仕事に取り組む環境作りのために、明るさや常に笑顔でいられることは、大きな長所としてアピールポイントになります。学生時代の友人や先生からの評価や、接客業のバイトで笑顔を大切にしてきたなどといったエピソードを交えることで、より長所としての説得力を増して伝えましょう。


体力がある

体力があることも、保育士にとっては大きなアピールポイントになります。園庭で走り回ったりできる年齢になると、大人の体力ではついていけないほど、子どもたちはとにかく元気いっぱいです。そこで子どもたちといっしょになって遊べたりすると、子どもたちの人気も高まりますよね。体力がある保育士さんは園にとっても大きな魅力です。 また体調管理という観点での体力も、保育士には重要なポイントです。免疫力が弱く風邪を引きやすい子どもが多い保育園では、子どもから風邪やインフルエンザをもらってしまう保育士さんもしばしば見受けられます。もともと体調を崩しにくいタイプであったり、健康管理に気を遣う方であれば、その点も自己PRとして書いてもよいでしょう。アピールする場合は「短大時代の2年間で病欠は0日でした」など具体的に。


趣味や特技がある

スポーツ、絵画、ピアノや楽器、工作、手芸...など、何かしらの趣味や特技がある場合は、大きなアピール材料になるでしょう。
ピアノを代表する楽器演奏や絵画、スポーツなどは、子どもとの遊びやコミュニケーションをとることに役立ちそうですし、手芸や工作のスキルは壁面工作やてづくりおもちゃ製作などにも役立ちます。保育とは一見つながりのなさそうな趣味や特技も、「1つのことに真摯に打ち込んできた」という面をアピールすることができるでしょう。


短所や失敗談も自己PRや長所に

失敗した経験から原因を探り、その後の成長に活かしたというエピソードにできるかもしれません。失敗したことから、何か学んだことはありませんか?失敗から学んだことによって、今まで継続してきた習慣などはありませんか?また、自分の性格の短所を克服したエピソードはないてしょうか。
企業や園は、成長できる学べる人材を求めています。保育の仕事をする上で、新卒や未経験で保育士になる場合、さまざまな失敗や困難も考えられるでしょう。就職する時点では未完成であっても、学ぶ姿勢と意欲があり、失敗してもそれを自分で考え、克服したり乗り越えたエピソードは、採用担当者にとってはプラスの印象になる可能性が高いでしょう。


保育士の自己PRや長所の例文 itakayuki/iStock.com

保育士の自己PRや長所の例文

【例文1】得意なスキルについての自己PR

「私は手芸や工作など、ものづくり全般が得意で、中学生のころから大学生の現在までコツコツ作り続けてきました。
保育実習で担当したクラスには工作を苦手とする子が多く、そういった子たちに対しては、つまづいたところからでも完成まで作れるように、少し自分なりにアレンジした作り方を提案することでサポートしました。その工夫により、私が担当する以前と比較して完成まで作れる子が増えたと担当保育者の方から評価をいただき、このスキルをより保育の仕事に役立てたいと考えています。
貴園の教育方針にある、『子どもたちが自分ので考える力を伸ばすこと』を実現するにあたり、私は製作を通して園児のサポートをしていきたいと思います。」

【例文2】短所を克服したことを自己PR

私の短所は、頑固なことです。
自分の中で「これが正しい」ということに関しては決して曲げないことで、友人たちと口論になったこともありました。しかし、大学生活やサークル活動の中で、こだわるべきは自分の基準だけでなく、友人たちや先輩たちのさまざまな視点から物事を見る、先輩にこまめに意見を聞くなど、じっくり話し合ってより視野を広げていくことの大切さに気づきました。 それ以降、コミュニケーションをとる際にはまず他の人の意見を聞くことから始め、お互いに意見の交換ができる場を設けるように注意しています。

【例文3】経験や体験を自己PR

私は福祉活動の一環で、児童養護施設のボランティア活動に取り組んできました。
高校3年生から現在まで4年間、夏休みのたびに活動に参加しており、子どもに愛情を注ぐ保育者の方々や児童指導員の方々の背中に、深い感銘を受けました。自分もさまざまな子どもたちと接することで、保育実習だけでは学べない援助について多く体験することができました。
貴園の子ども一人ひとりにしっかりと愛情をそそぐ保育理念を実現するために、ボランティアで学んだことを生かし子どもに愛情がしっかり伝わり、自立する力を援助する保育を行いたいと考えています。

保育士の自己PRや長所は志望企業や園に合わせて書く

保育士という仕事に合わせた自己PR・長所をアピールするためのポイントを例文を交えて説明してきましたが、採用担当者に響く自己PRとは、企業や園によっても、志望者の性格や経験によっても異なります。 採用担当者は、保育士としての適性だけでなく、自園の保育理念や方針に合うかなど、さまざまな角度や側面で選考しています。自己PRは志望動機と同様に、志望園ごとにすべて変えて作成しましょう。