新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト

保育士資格を活かせる就職先とは。保育園以外の選び方や施設ごとの特徴

保育士資格を活かせる就職先として、保育園以外にどのような施設があるのか知りたい保育学生さんもいるのではないでしょうか。 施設ごとの役割や仕事内容を知ることで、就活において役立つかもしれません。 今回は、保育士資格が活かせる保育園など児童福祉施設の役割と仕事内容、就職先の選び方について紹介します。

先生と子どもたち maroke/shutterstock.com

保育士資格を活かせる就職先とは

保育士資格の取得を目指す学生さんの中には、卒業後保育士としてどのような施設で働こうか考えている、またどこで働けるのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。
保育士さんの仕事というと、保育園で働くイメージが強いかもしれません。


しかし、近年は待機児童問題や共働き家庭の増加、子どもへの教育の多様化にともない、保育園以外にも保育士資格を活かせる就職先が増えてきているようです。


その例として、以下のような就職先が挙げられます。


  • 認定こども園
  • 託児所
  • 乳児院などの児童福祉施設
  • 放課後児童クラブ
  • ベビーシッター など

このようにさまざまな施設やサービスがあるようです。
それぞれの施設や業種の特徴・ 仕事内容については、後ほどくわしく紹介します。


まずは、保育園や認定こども園など、一般的な保育施設についての特徴や仕事内容を見ていきましょう。



保育士の就職先として一般的な保育施設

多くの保育施設は、国が認可の受けている認可保育施設と認可を受けていない認可外保育施設の大きく2つにわかれます。


それぞれどういった役割や特徴があるのか紹介します。



認可保育施設


認可保育施設とは、国が定めた施設の広さや職員数、設備などの条件をクリアして、都道府県の認可を受けた施設のことをいいます。
基本的にはその地域に住む、または通勤通学などで通う保護者が利用します。


保育所(公立保育園、私立保育園)

保育所とは、就学前の0歳児から5歳児を対象とし、就労などのため家庭で保育のできない保護者に代わって保育する施設のことです。就職には保育士資格が必要となります。


利用できる保護者は自治体によって「保育の必要性の認定」を受けた世帯で、共働き世帯、親族の介護などの事情で、家庭での保育が困難な保護者に限ります。


開園時間は一般的に8時頃から17時頃までとなっているようですが、園により早朝や夜間、休日などに延長・預かり保育を実施しているところもあるでしょう。


認定こども園

認定こども園とは、幼稚園と保育所の機能や特長をあわせ持ち、地域の子育て支援も行う施設です。
就職するには、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方の取得を求められる場合が多いようです。


保育自体は同時に行いますが、内部では3歳児から5歳児の幼稚園コースと0歳児から2歳児の保育園コースにわかれている園もあります。
「保育」という観点以外にも「教育」という観点で子どもたちを指導することもあるでしょう。


開園時間は園によって異なりますが、一般的な幼稚園と同じく8時~14時頃までを教育標準時間とし、それ以外の早朝や夕方の時間には預かり保育を実施しているところもあるようです。


地域型保育事業

地域型保育事業とは、保育所(原則定員20人以上)より少人数の定員で、0歳児から2歳児を対象とする保育事業です。この施設に就職するには多くの場合、保育士資格が必要となります。


地域型保育事業は、保育ママや小規模保育園など、少人数で家庭的な雰囲気のもとで保育を行なうことが多いことが特徴といえるでしょう。

利用時間は事業形態によってさまざまで、「保育の必要性の認定」を受けた保護者の子どもが利用しています。



幼稚園


幼稚園とは、文部科学省が管轄する、小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児教育施設です。就労するには幼稚園教諭免許が必要になります。


幼稚園を利用できる保護者に制限や条件はなく、入園を希望すれば誰もが利用できます。
対象は3歳児から5歳児となり、預かり時間は昼過ぎごろまでの教育時間に加え、園により午後や土曜日、夏休みなどの長期休業中の預かり保育などを実施しているところもあるでしょう。


保育学生さんの中には、保育士資格とともに幼稚園教諭免許を取得する予定の方もいるかもしれません。
近年、幼保一体型の園も増えてきているので、それぞれの取得を目指して学んだスキルを活かせそうです。



認可外保育施設


認可外保育施設とは、施設の広さなどさまざまな設置基準の関係で、国の認可を受けていない保育施設です。
施設ごとにサービスに特色があったり、入園の申し込みを自治体ではなく園に直接行ったりするなどの特徴があります。


認証・認定保育園

認証・認定保育園とは、国の基準は満たしていないものの、自治体が定めた独自の基準は満たしている保育施設のことです。


その地域の保育ニーズに応じて開設された認可外保育施設となり、園によって利用できる児童の年齢や利用時間などは異なるでしょう。
就職には保育士資格または幼稚園教諭免許のいずれかが求められます。


企業内保育所や院内保育所

企業内保育所とは、企業が従業員のために、企業敷地内や近隣に設置する保育施設のことをいいます。
一方院内保育所とは、病院内(またはその近隣)にあり医療従事者の子どもを預かる保育施設です。


企業内保育所は2016年度に新設された企業主導型保育制度によって、運営する際、国から補助が受けられるようになったため、企業や病院などで働く人たちの子どもを対象とした保育施設が増加しつつあるようです。就職には保育士資格が必要とされています。


託児所

託児所は、主に商業施設や医療機関などで、一時的に子どもを預かる保育施設です。


託児所の利用中、保護者は買い物やレジャーを楽しむことができたり、治療中に子どもを見てもらえたりするなどのメリットがあります。
そのため、利用者獲得のために設置する企業などが増えてきているようです。


国や自治体の基準に満たない保育施設

国や自治体の基準を満たしていないものの、保護者のさまざまな保育ニーズを満たすサービスを提供する保育施設が増えてきています。


たとえば、次のような施設が挙げられます。


  • ベビーホテル:夜間の保育や宿泊を伴う保育、一時預かりの子どもが利用児童の半数以上、のいずれかを常時運営している保育施設
  • プリスクールやインターナショナルスクール:海外の文化で育ってきた子どもたちのための教育・保育の施設や英語教育に力を入れている保育施設など、認可保育園にはない特色を持った保育施設

  • このほか、駅型保育施設や高齢者施設に併設された保育施設などもあります。 時代とともに変わりつつある多様なニーズに応えるため、保育やサービス内容も施設によって多岐にわたるようです。


    出典:よくわかる「子ども・子育て支援新制度」/内閣府

    出典:企業主導型保育事業等/内閣府



    保育士の就職先となる保育園以外の児童福祉施設

    食事している子ども

    milatas/shutterstock.com


    保育士資格を活かして、保育園以外のさまざまな児童福祉施設の職員としても働くことができます。


    児童福祉施設とは、児童福祉法第7条によって定められた、保育所を含む以下の施設を指します。


    • 助産施設
    • 乳児院
    • 母子生活支援施設
    • 保育所
    • 児童厚生施設
    • 児童養護施設
    • 知的障害児施設
    • 知的障害児通園施設
    • 盲ろうあ児施設
    • 肢体不自由児施設
    • 重症心身障害児施設
    • 情緒障害児短期治療施設
    • 児童自立支援施設及び児童家庭支援センター

    このように、家庭環境や心身発達などにさまざまな事情のある子どもや保護者を支援・保護・養護する施設となります。
    これらの施設は国家資格である保育士資格を持っていることで、職員として働くこと可能とされています。


    児童福祉施設の中には24時間体制で子どもたちを保護し、支援する必要があるところもあるため、それぞれの施設の役割や仕事内容をしっかりと理解して、就職先として検討するとよいでしょう。


    保育所以外の主要な児童福祉施設の役割や仕事内容について、一つずつ紹介します。



    乳児院


    乳児院は原則として0~2歳の乳児を対象に、何らかの理由で保護者と生活ができない状況に置かれた子どもを預かり養育する施設です。2歳以上の子どもでも保護や援助が必要と判断された場合は入所しています。


    仕事内容としては、医師看護師・栄養士・家庭支援専門相談員などさまざまな有資格者の職員と協力しながら、24時間体制で子どもの保育や心のケアなどを行なうようです。



    児童養護施設


    児童養護施設は、乳児から20歳までの子どもたちを対象として、両親の病気や経済的理由、家庭環境などの何らかの理由で、保護者と生活することのできない場合に入所する施設です。


    最近は地域小規模児童養護施設など、より小規模(入所人数が少ない)な施設が増えている傾向にあるといわれています。


    仕事内容は児童指導員や管理栄養士、家庭支援専門相談員などの有資格者である職員と協力し、子どもの24時間体制で子どもの保育や心のケア、自立のための支援などを行っています。



    助産施設


    助産施設は、経済的な理由などさまざまな事情で病院での出産ができない妊産婦が入院し、出産するための施設です。「助産施設」という施設そのものがあるわけではなく、産科病院や助産所などが助産施設としての指定を受けています。


    保育士としての仕事内容は、医療行為以外の雑用や新生児のおむつ交換、ミルクの世話などを担当したり、施設の取り組みによっては妊婦健診の時など子どもを一時的に預かったりする仕事もあるようです。



    母子生活支援施設


    母子生活支援施設は、18歳未満の児童を養育している母子家庭あるいはそれに準じる環境の親子を保護し、生活の支援を行う施設です。生活に困窮している母子家庭の自立支援を、入所や一時入所・相談という形で行っています。


    保育士の仕事内容は、入所している児童の保育や学習、生活の指導を行います。母親が働いているなど不在の間の児童の保育や学校への送り迎え、学校が終わった児童たちの生活指導や学習指導を行うようです。


    また、育児に関する相談などを行ったり、就労支援を行うなどの母親に対する支援を行ったりする場合もあります。



    児童厚生施設


    児童に健全な遊び場を提供し、健康増進と情操教育を図る目的で設置された施設のことで、いわゆる児童遊園、児童館などのことです。


    児童厚生施設には職員として「児童の遊びを指導する者」を置かなければならないと決まっており、その役割を保育士などが仕事として担当します。



    障害児入所施設


    障害児入所施設は、障害のある児童を受け入れて保護し、日常生活が送れるように指導したり、自立に必要な知識や技能を教えたりするための施設です。


    入所施設は家庭での生活が困難な障害を持つ子どもが入所しているため、保育士など職員は24時間体制で保護や支援をします。
    原則18歳未満の子どもが利用していますが、自立が難しく他の施設に移ることも難しいなどの場合は引き続き預かることもあるようです。



    児童発達支援センター


    児童発達支援センターは、その地域に住む障害のある児童が通所して、日常生活で必要な基本的動作の指導を受ける施設です。


    保育士の仕事としては、子どもが自立するために必要な知識や技能を指導したり、訓練の援助をしたりすることになるでしょう。



    児童心理治療施設(情緒障害短期治療施設)


    児童心理治療施設は、軽度の情緒障害がある児童を、短期間入所もしくは通所にて情緒障害を治療し、自立のための支援を行う施設です。


    保育士の仕事は、子どもの生活習慣の改善や教育を行い、社会適応できるようにサポートすることとなります。



    児童自立支援施設


    保護者に監護させることが不適当である場合や、家庭環境など環境上の理由から生活指導が必要な子どもを入所または保護者の下から通わせて、必要な指導を行い、自立を支援する施設です。


    保育士の仕事の役割は、子どもの日常の生活を支えるとともに、学校に代わって勉強の指導、職業指導などが行われています。また、退所後の児童に対しても必要な相談や援助を行います。


    出典:児童福祉法第7条/厚生労働省

    出典:児童福祉施設の設備及び運営に関する基準/厚生労働省

    出典:児童養護施設運営ハンドブック/厚生労働省

    出典:児童自立支援施設運営ハンドブック/厚生労働省



    児童福祉施設以外で保育士資格を活かせる就職先

    上記の児童福祉施設以外に、保育士資格を活かせる就職先となる保育事業の例を紹介します。



    学童保育(放課後児童クラブ)


    学童保育は、保護者の就労状況により、放課後の時間に家庭で保育ができない小学生の子どもを対象としています。学校終了後に適切な遊びや生活の場を提供して、健全な育成を図る保育事業のことです。


    小学校の空き教室や児童館などを利用する公立の学童保育施設のほか、民間会社や学校法人が、さまざまなサービスを展開する民間の学童保育施設があります。



    ベビーシッター


    ベビーシッターは、依頼主である保護者に代わって子どもの世話をする保育サービス事業です。


    保護者が仕事で忙しいなど何らかの事情があって子どもの面倒を十分に見られないときに、一時的に子どもを預かります。

    仕事場は保護者の自宅のほか、結婚式場・イベント会場・病院などに設置されている託児施設もあるようです。



    チャイルドマインダー


    チャイルドマインダーは民間資格となり、少人数の子どもを保育するサービスです。
    自宅や出張先で最大4人までの子どもを預かる「少人数保育」に特化しています。


    少人数のため、子ども一人ひとりの年齢や性格、保護者の方針に合わせたきめ細かい保育を行えるかもしれません。
    保育士や幼稚園教諭免許のほかにチャイルドマインダー資格が必要な場合もあるでしょう。



    その他異業種


    その他異業種として、子ども用衣類の販売や子ども用品を扱うメーカー・出版社、幼児教室のインストラクター、テーマパークのスタッフなども就職先の例として挙げられるでしょう。


    「保育士」としてではなくとも、保育士養成校で学んだことやスキルを活かしたり、子どもとふれあったりできる業種も就職先の候補として考えてみるのもよいかもしれませんね。



    保育士資格を活かした就職先の選び方や決め方

    子どもを寝かしつけている女性

    milatas/shutterstock.com


    新卒で就職する際、保育園や認定こども園、民間企業などさまざまな施設や事業がある中で、どのように就職先を選べばよいのでしょうか。
    保育士資格を活かした就職先の選び方や決め方においてのポイントを紹介します。



    施設の理念や方針を知る


    保育園や児童福祉施設など、施設の役割によって教育・保育方針は異なるでしょう。


    自分の考えや「やってみたい保育観」と園や施設の方針が違っていると、日々のさまざまな場面で、やりづらさや納得できないこともあり、長く働くことが難しくなることもあるかもしれません。


    就職先の候補はそれぞれの保育・ 教育の方針に共感でき、自分自身や子どもたちにとってよりよい成長が望めるような施設を選ぶことが大切なポイントとなります。



    理想のイメージを意識して選ぶ


    数年後にはどのような先生や職員になっていたいのか、自分のどのような能力をより活かして働きたいのかを、しっかりとイメージしてみましょう。


    たとえば、得意なピアノのスキルを活かして働きたい場合は、遊戯会や音楽会など行事が多く、理想のイメージに近い形で働けそうな就職先を探してみるのも一つの方法といえそうです。


    施設においてもプラスとなる存在になることによって、キャリアアップも目指せるかもしれません。



    園見学や就職フェアなどには積極的に参加する


    新卒保育士のための就職フェアなどを積極的に利用してみるのもよさそうです。


    会場には多くの保育施設を経営している運営法人がブースを出展しており、仕事内容や働き方、給与面、福利厚生などについて詳しく説明してくれるため、一日で複数の保育施設の情報を得ることができるでしょう。


    また、ブーススタッフとして参加している園長先生や先輩保育士さんと話ができるため、疑問に思っていることや実際に働いてみての感想などを直接聞くことで、就職への不安を解消できるかもしれません。



    先生や先輩に相談する


    就職先選びや将来について思い悩んでしまった場合の対処法として、「自分の将来のことだから」と一人で抱え込むのではなく、身近な周りの人に相談をしてみましょう。


    在籍している学校の就職課の職員や先生、既に社会に出ている先輩など、社会人としての経験がある方の意見はとても貴重です。


    そういった方からのアドバイスや客観的に見た学生さん自身の性格や個性、長所を発見することにより、就職先の選び方や決め方の参考になるかもしれません。



    保育士の就職先は仕事内容をよく理解してから選ぼう

    今回は、保育士資格を活かせる就職先である保育園や児童福祉施設、その他の業種などの役割や特徴、就職先の選び方や決め方のポイントを紹介しました。


    保育にかかわる仕事の場は、共働きなどで保育を必要とする家庭の拡大や、国の新制度によるさまざまな企業の参入によって、保護者のニーズにあわせたサービスや施設が増加しつつあります。


    さまざまな職業や施設の役割、仕事内容を理解して、「自分が何を望んでいるのか」をしっかり見極めたうえで保育士資格を活かせる就職先が選べるとよいですね。