保育士の就活はいつから開始?時期・流れ・スケジュール・仕方【保育士の就活ガイド】 | 新卒向け保育士求人・就職・就活情報サイト【保育士就活バンク!】

保育士の就活はいつから開始?時期・流れ・スケジュール・仕方【保育士の就活ガイド】

「保育士養成所を卒業したあと、保育士として働くにはどうすればよいんだろう?」初めて就職活動をする方に向けて、 いつから就職活動を始めればよいのかや事前の準備から内定をいただくまでのスケジュール、就活の仕方をまとめました。


保育士の就活ガイド 就職までの流れ・スケジュール解説 toeytoey/shutterstock.com

保育士の就職活動はいつから動き始める?

保育士養成所を卒業して新卒で保育士を目指す学生さんの場合は、一般的に卒業年度の6~9月から就職活動が始まります。


保育業界の新卒就活の開始時期は少し遅めのスケジュール

一般企業の新卒は、だいたい卒業の前年度(大学3年時)の冬頃から企業の説明会が始まり、卒業年の4月から選考を始めます。 ですが、保育業界の募集は卒業年度の6月~9月から始まることが多いです。一般の企業なら内定が決まった人もいる頃でしょう。 一般企業と比べて募集が遅い理由は、現職員に意向を聞いて、次の年度の職員体制を考える時期が8月~10月頃だからだそうです。


就活開始前にやっておくこと

募集が始まる6月~9月までに準備しておいた方がよいことをまとめました。


【卒業学年の1年前~】保育業界について知ろう!

自分が就こうとしている「保育士」という仕事がそもそもどういう職業なのか、改めて掘り下げて考えてみましょう。 ひと口に保育士と言っても、近年の就職先は保育園だけではなくなりました。子どもと福祉に関する社会制度は刻々と進化しています。 ニュースや新聞で見る話題は面接で聞かれることも多いので、なるべく目を通しておきましょう。


【卒業学年の1年前~】自己分析で、自分がどうなりたいのかを知ろう!

自分自身を深く分析して、面接でPRできるポイントを見つけましょう。 自己PRというと難しく感じるかもしれませんが、「保育についてどんな考えを持っているか?」「それを踏まえて、日頃、子どもとどう接しているか?」など身近なエピソードを思い返すことで、本来の自分が見えてくるかと思います。 「なぜ保育士になりたいのか?」「どんな保育士になりたいのか?」まずは等身大の自分を見つめ、理想を実現できる職場を見つけていきましょう。


【卒業学年の4月~】選考の準備

「求人を見るのは情報が掲載される6月からでいいや」と思いがちですが、たくさんの園を比較検討し、自分に合った園を探すためには、 なるべく早くから情報を集めておく必要があります。

・業界研究ができそうなイベントには積極的に参加する。
・実習先や学校の先輩、就活イベントで現場の保育士さんの声を聞く。
・気になる園があれば、この時点で見学を申し込む。


など自分から行動して事前の調査を始めましょう。
特に私立保育園の場合、募集時期が園によってバラバラなことが多いです。 早めに対策しておけば、「行きたい園の募集が終わっていた」という失敗を避けられます。


保育士の具体的な就活スケジュール

保育士の就職活動について、具体的なスケジュールと就職活動の内容についてまとめました。スケジュールはあくまで一般的な目安で、年々私立の保育園や幼稚園に関しては選考開始の受付期間が早まっている園や法人が増えている傾向です。就活のための情報収集は早めに開始しましょう。


就活スケジュールの流れと早見表

<就活スケジュールの目安>

就活スケジュールの流れと早見表

※保育実習期間は短大や専門学校に関しては、この限りではありません。


求人選び 【卒業学年の4月~】

卒業年度の4月から始めていた求人選びを、本格的に進めていきます。
まずは求人サイトで情報を集め、説明会に参加したり、園の見学をしていきましょう。 希望する園の目星がついたら、その園が前年度にどのような選考をしていたかが確認できるとよいですね。 園によって面接の回数や筆記試験の有無、実技試験の内容は異なります。大きな事業所だと、エントリシートの提出や小論文、グループディスカッションが課される場合もあるので、しっかりと確認し対策をしていきましょう。


エントリー 【卒業学年の6月~】

これまでに準備した内容をもとに、実際に働いてみたい園の求人へエントリーしていきます。 履歴書や応募書類は、あなたから採用担当者への「手紙」です。 「この園で働きたい」という熱意が伝わるよう、丁寧で読みやすい文章を心がけましょう。


面接・選考 【卒業学年の8月~】

これまでに準備した内容をもとに、実際に働いてみたい園の求人へエントリーしていきます。 履歴書や応募書類は、あなたから採用担当者への「手紙」です。 「この園で働きたい」という熱意が伝わるよう、丁寧で読みやすい文章を心がけましょう。


内定 【卒業学年の9月~2月】

選考に合格すると、多くの場合、晴れて内定獲得となります。 これからお世話になる園なので、内定のお話をいただいた際にはしっかりと感謝を伝えましょう。 働く前にお礼状を出す方も多いようです。新卒だと実際に働く前に懇談会や事前研修が設けられることもあります。 就職後に充実した毎日が送れるよう、気を引き締めて臨んでください。


保育士の就活の仕方とコツ

保育の就活の流れの中で重要になる3つのコツをご紹介します。


【保育士の就活1】園見学や説明会

系列園を持っている法人や来年度開園の新設園を計画している法人では、早いところでは3月から4月に説明会や園見学を開始する法人があります。運営のこと、保育方針、働き方や待遇面など、園を運営する法人から説明を受け、実際に施設を見学し、疑問に思ったことについては質問などができる時間が設けられています。
説明会にはWEBサイトから、園見学予約は電話で、など事前予約が必要です。

園見学についての詳しい説明はこちらから

就職フェアや合同説明会についての詳しい説明はこちらから


【保育士の就活2】履歴書の自己分析・志望動機・自己PR

保育士の自己分析とは

自己分析とは、"自分が大切にしている価値観"を知ることです。 保育士の場合は
「どうして保育士として働きたいのか?どうして人と接したいのか?自分自身が思う保育士の理想像は?」
「生活の中で仕事とプライベートどちらを大切にするのか?」
といったようなことです。
自己分析が就職活動で重要な理由として
・あなた自身がどういった価値観を持っているか、自分自身を知ることで、就職先の希望条件を絞り込むことができる
・就職で自分のアピールポイントを知るには、今までの経験やスキルの振り返りが必要
・職務経歴書や志望動機の作成に活用できる
・就職後の保育理念や方針とのミスマッチを防ぐため
などが挙げられます。

保育士の自己分析についての詳しい説明はこちらから

自己分析をもとに履歴書やエントリーシートを作成

・志望動機
・自己PR
・長所短所
・得意科目や趣味特技


応募書類にある、上記の記入欄は、一度じっくり自己分析を行った上で執筆しないと、客観性や説得力のない内容になってしまい、書類選考に不利になってしまうことも。
自己分析を行った上で、応募書類作成にとりかかりましょう。

保育士の志望動機の書き方についての詳しい説明はこちらから

保育士の自己PRの書き方についての詳しい説明はこちらから


【保育士の就活3】面接・採用試験

応募書類の選考が通過した後はいよいよ面接や採用試験に挑みます。以下の2点に注意しましょう。


スーツと身だしなみ用意

面接での服装はリクルートスーツが一般的です。また、髪色が明るい場合は落ち着いた自然な髪色と清潔感のある髪型を心がけましょう。


面接の質問対策

面接では採用担当者からさまざまな質問をされるでしょう。新卒や未経験で面接に挑むには、自分の性格や長所、経験から、保育の仕事への意欲や適性を分かりやすく伝える必要があります。そのため、前述の「自己分析」をしっかり行った上で、面接の質問を予想した対策を行いましょう。明るく印象のよい受け答えを練習するためにも、「模擬面接」を受けることもレベルアップにつながります。

保育士の面接対策についての詳しい説明はこちらから


保育士の就活は開始時期とスケジュール管理が大事

保育士の就活は、最終学年に大切な保育実習等もあるため、実習と並行して就職活動を行わなければならず、情報収集にかける開始時期やスケジュール管理などが非常に重要になってきます。先輩方の意見をまとめると、やはり早めの行動が肝心なようです。保育士として長く楽しく働くために、後悔のない就職活動をしましょう。 あなたが生き生きと働ける職場は、必ずどこかにあるはずです。